東芝トップページ > 東芝クライアントソリューション株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > ダウンロード > 更新モジュール > dynabook AX/5*F、TX/6*Fシリーズ 内蔵ハードディスクドライブからのリカバリが出来ない場合

dynabook AX/5*F、TX/6*Fシリーズ 内蔵ハードディスクドライブからのリカバリが出来ない場合

更新モジュールの情報
更新日: 2008.07.30
対応機種:
対象OS: Windows Vista(R)SP1
カテゴリ: ソフトウェア/ハードディスク
バージョン: -
ファイルサイズ: 約120KB
※対応機種を必ずご確認ください。

内容

取扱説明書「準備しよう」の「第5章 2 リカバリ-再セットアップをする」に記載されている手順、
「キーボードの”0”(ゼロ)キーを押しながら電源スイッチを押し、[dynabook]画面が表示されてから指をはなす」
を行なっても内蔵ハードディスクドライブからのリカバリが出来ない場合があります。
その場合は下記モジュールを実行してからハードディスクリカバリを行なってください。

 

ダウンロードモジュール

モジュールのダウンロードと展開

  1. 下記にありますモジュール(ファイル)をクリックします。
    対応機種以外にはご使用になれませんのでくれぐれもご注意ください。

  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。

  3. モジュールをハードディスクのデスクトップ上に保存します。

  4. ダウンロードしたモジュールをエクスプローラ等からダブルクリックして実行します。
    解凍先が「c:\temp\hddmbrup」と表示されるので、そのまま[解凍]ボタンをクリックします。

  5. 「c:\temp\hddmbrup」フォルダが作成され、その中にモジュールが解凍されます。
    以降の「アップデート手順」では、モジュールを「c:\temp\hddmbrup」フォルダに解凍したとして説明いたします。

     

対象機種

対象OS

モジュール

  

dynabook AX/53F (PAAX53FLP)
dynabook AX/53FBL (PAAX53FLPBL)
dynabook AX/53FBLS (PAAX53FLPBLS3)
dynabook AX/53FPK (PAAX53FLPPK)
dynabook AX/53FPKS (PAAX53FLPPKS3)
dynabook AX/53FS (PAAX53FLPS3)
dynabook AX/55F (PAAX55FLP)
dynabook TX/66F (PATX66FLP)
dynabook TX/66FB (PATX66FLPB)
dynabook TX/66FBL (PATX66FLPBL)
dynabook TX/66FPK (PATX66FLPPK)
dynabook TX/66FS (PATX66FLPS3)
dynabook TX/68F (PATX68FLP)
dynabook TX/68FK (PATX68FLPK)

Windows
Vista
SP1
hddmbrup.exe
( 約120KB )
(2008.07.30現在)


注意事項

  • モジュールの適用は有線/無線を問わず、インターネット接続がされていない状態で行なってください。
  • モジュール適用の終了後は速やかに内蔵ハードディスクからのリカバリを行なってください。
  • モジュールの適用には、工場出荷時に設定されているハードディスクリカバリ領域が必要です。
  • 必ずACアダプタと電源コードを接続した状態で行ってください。
  • すべてのアプリケーションを終了させてから行ってください。
  • 不要な周辺機器は取り外した状態で行ってください。
  • モジュール実行中にプログラムを強制終了しないでください。
  • 管理者権限のアカウントでログインして行ってください。
  • モジュールの適用作業終了後、ダウンロードしたファイルならびに作成したフォルダは、削除しても問題ありません。
  • 対象機種以外にはご使用になれません。

この情報は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。
 

モジュール適用手順

※対応機種以外にはご使用になれませんので、くれぐれもお間違えないようご注意ください。
※モジュール適用は有線/無線を問わず、インターネット接続がされていない状態で行なってください。
※モジュール適用後は速やかに内蔵ハードディスクからのリカバリを行なってください。

■モジュール適用

  1. [スタート]ボタンをクリックします。
  2. [検索の開始]の枠に c:\temp\hddmbrup\CPUpdateT.exe を入力して[Enter]キーを押します。
  3. 「ユーザーアカウント制御」画面では[続行(C)]または[許可(A)]ボタンをクリックします。
  4. 黒い画面が一瞬表示されすぐに表示が終了します。

    以上でアップデートは完了です。
    Windowsを終了し、速やかにハードディスクリカバリを行なってください。
    内蔵ハードディスクからのリカバリ実施にあたり、取扱説明書「準備しよう」の「第5章 買ったときの状態に戻すには-リカバリ-」に記載されている事前の確認事項をよくご確認ください。

 

別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright