東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
dynabook.comトップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ) > Q&A

情報番号:000311

 【更新日:1999.10.22】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

起動時にInvalid system diskと表示され、Windows(R)95またはWindows(R)98が起動しない場合

対応機種
対象OS Windows(R)95,Windows(R)98
カテゴリ 起動時のトラブル
A

回答・対処方法

はじめに

フロッピーディスクが挿入されていないにも関わらず、Windows(R)起動時に以下のメッセージが表示されてしまう場合の確認/対処方法について記載します。

Invalid System disk
Replace the disk, and then press any key

注意

以下の作業を行うにはWindows起動ディスクが必要になります。

起動ディスクは必ず作業するコンピュータで作成した起動ディスクを使用し、以下の手順でMS-DOSを起動してから作業を行ってください。

※ Windows(R)95 起動ディスクからのMS-DOS起動方法
  1. 起動ディスクを挿入しコンピュータの電源を入れます。
  2. キーボードのタイプを判定します。と表示されましたら、キーボードの半角/全角または半/全キーを押して106 日本語キーボードを選択します。
    画面にA:\>と表示されましたら起動作業は終了です。
※ Windows(R)98 起動ディスクからのMS-DOS起動方法
  1. 起動ディスク1を挿入しコンピュータの電源を入れます。
  2. Microsoft Windows 98 Startup Menuが表示されましたら、2. Start Conputer Without CD-ROM support.を選択してEnterキーを押します。
  3. キーボードのタイプを判定します。と表示されましたら、キーボードの半角/全角または半/全キーを押して106 日本語キーボードを選択します。
  4. Windows 98 起動ディスク2を挿入してください。と表示されましたら、起動ディスク2を挿入してEnterキーを押してください。
    画面にA:\>と表示されましたら起動作業は終了です。

1. Windowsがインストールされているハードディスク内のデータが消去している場合

確認方法

  1. 起動ディスクを挿入しコンピュータを起動します。
  2. A:\>と表示されましたら以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    ※Windows98の場合は起動ディスク1をフロッピーディスクドライブに入れ替えてから作業を実行してください。

A:\>DIR C:

以下の様なメッセージが表示されます。該当するメッセージの内容を参照してください。

ファイルが見つかりません。と表示される場合
Product Recovery CD-ROM(プロダクトリカバリーCD-ROM)またはCreate System Disks(クリエイトシステムディスク)を使用してWindowsを再インストールしてください。

無効なドライブの指定です。と表示される場合
ハードディスクが正常に認識していない可能性があります。

2. ハードディスク内のデータ(Windowsフォルダなど)があるにも関わらず起動できない場合

作業する機種で作成したWindows起動ディスクからハードディスクへシステム転送を実行します。
  1. 起動ディスクを挿入しコンピュータを起動します。
  2. A:\>と表示されましたら以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    ※Windows98の場合は起動ディスク1をフロッピーディスクドライブに入れ替えてから作業を実行してください。

A:\>SYS C:

  1. システムが転送されました。と表示されましたら、フロッピーディスクドライブから起動ディスクを取り出し、コンピュータを再起動してください。

※ 上記手順を実行し再起動後にC:\>またはC:\>の表示で止まってしまう場合は引き続き以下の作業を実行してください。
C:\Windows\MSDOS.SYSをC:\MSDOS.SYSに上書きコピーします。

  1. 再度起動ディスクを挿入しコンピュータを起動します。
  2. A:\>と表示されましたら以下の赤字の文字列(コマンド)を入力してEnterキーを押します。(C:\MSDOS.SYSの属性を解除します。)
    ※Windows98の場合は起動ディスク1をフロッピーディスクドライブに入れ替えてから以下の作業を実行してください。

A:\>ATTRIB -S -H -R C:\MSDOS.SYS

※ 入力に間違いが無いのにファイルが見つかりませんと表示された場合も引き続き以下の手順に進んでください。

  1. A:\>の後に以下のように赤字の文字列(コマンド)を入力しEnterキーを押します。(C:\WINDOWS\MSDOS.SYSの属性を解除します。)

A:\>ATTRIB -S -H -R C:\WINDOWS\MSDOS.SYS

  1. A:\>の後に以下のように赤字の文字列(コマンド)を入力しEnterキーを押します。(C\WINDOWS\MSDOS.SYSをC:\MSDOS.SYSに上書きコピーします。)

A:\>COPY C:\WINDOWS\MSDOS.SYS C:\

  1. C:\MSDOS.SYSを上書きしますか (Yes/No/All)?と表示されましたらYキーを押しEnterキーを押します。
    ※ C:\MSDOS.SYSが存在しない場合はメッセージは表示されません。
  2. A:\>の後に以下のように赤字の文字列(コマンド)を入力しEnterキーを押します。(C:\MSDOS.SYSの属性を元に戻します。)

A:\>ATTRIB +S +H +R C:\MSDOS.SYS

  1. A:\>の後に以下のように赤字の文字列(コマンド)を入力しEnterキーを押します。(C:\WINDOWS\MSDOS.SYSの属性を元に戻します。)

A:\>ATTRIB +S +H +R C:\WINDOWS\MSDOS.SYS

  1. フロッピーディスクドライブから起動ディスクを取り出し、コンピュータを再起動してください。

    以上で作業は終了です。正常に起動することができるかご確認ください。

補足

不測の事態に備えて起動ディスクを作成しておくことをおすすめします。
※ 起動ディスク作成方法(Windows95/Windows98共通手順)
●起動ディスクを作成するために、フォーマット(初期化)済みのフロッピーディスクが必要になります。

フロッピーディスク必要枚数

(Windows95) → 1枚
(Windows98) → 2枚

  1. スタートボタン→設定(S)コントロールパネル(C)の順に起動してアプリケーションの追加と削除アイコンを起動します。
  2. 起動ディスクタブを開き、新しいフロッピーディスク(フォーマット(初期化)されても良いディスク)を挿入してディスク作成(C)ボタンをクリックします。

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。