東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
dynabook.comトップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ) > Q&A

情報番号:000555

 【更新日:2000.12.07】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

タッチパッド(マウス機能)搭載機種で文字入力時にマウスカーソルが飛んでしまう場合の回避方法

対応機種
対象OS Windows(R)98
カテゴリ マウス/タッチパッド/アキュポイント
A

回答・対処方法

はじめに

上記タッチパッド(マウス機能)搭載機種で、ワードパッドやメモ帳などキーボードから文字を入力している時に、タッチパッドに無意識に触れてしまいマウスカーソルが飛んでしまう(移動やクリックをしてしまう)場合があります。
このように触れてしまう事でカーソルが飛んでしまったり、自分ではクリックしてないのにクリックされてしまったりする場合は、タッチパッドのタッピング機能の設定を変更するか、PS/2マウス(外付け)を接続してタッチパッドを無効にしてください。

図1(図1)

手順1:タッチパッドのタッピングを無効にする

タッピングとはタッチパッドを軽くたたくことをいいます。タッピング機能を使うと、左ボタン/右ボタンを使用しなくてもクリック、ダブルクリック、ドラッグアンドドロップなどの基本操作が行えます。このタッピング機能を文字入力時のみ無効に設定するには下記手順を実行してください。
  1. スタートボタン→設定(S)コントロールパネル(C)の順にクリックします。
  2. コントロールパネル内のマウスアイコンをダブルクリックします。
  3. マウスのプロパティ画面が表示されましたら、タッピングタブをクリックします。
  4. タイピング(Y)項目のキー入力時タップしない(O)にチェックを入れると、文字入力時に一時的にタッピング機能が無効になります。

    図2(図2)
    有効になるまでの時間(H)の目盛りを移動することで時間を変更する事が出来ます。

手順2:外付けマウスを接続してタッチパッドを無効にする

外付けにPS/2マウスを接続して、タッチパッドを使用していない場合は、以下の設定を行う事でタッチパッドを無効にする事が出来ます。
(下記手順を実行すると、PS/2マウスを接続している場合はタッチパッドは動作しません。タッチパッドを動作させるには設定を元に戻すか、PS/2マウスを接続しないでください。)

  1. コンピュータの電源を入れ、白い背景に赤い文字でTOSHIBAと表示されたらキーボードのF2キーを押します。(しばらくするとBIOS画面が表示されます。)
  2. BIOS画面が表示されましたら、キーボードの右矢印(→)キーを1回押してSystem Devicesに移動します。
  3. Internal Pointing Device:にカーソルを合わせキーボードのスペース(無印)キーを押し、Auto Disabledに設定します。(初期設定は、Always Enabledに設定されています。)

    図4(図3)

    Always Enabled・・・タッチパッドとPS/2マウスを同時に使用することができます。
    Auto Disabled・・・・タッチパッドとPS/2マウスのどちらか1つ使用することができます。PS/2マウスを接続している場合は、PS/2マウスのみ使用可能。PS/2マウスを接続していない場合は、タッチパッドを使用することができます。
  4. 設定を変更しましたら、キーボードのF10キーを押します。
  5. Setup Confirmation画面にSave configuration changes and exit now?のメッセージが表示されましたら、Yesにカーソルを合わせてEnterキーを押します。

コンピュータが起動しましたら、作業は終了です。

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。