• dynabook.com TOP個人・家庭向け情報
  • 企業向け情報
  • サポート情報
  • ショッピング
サイトマップ

サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > 隠しファイルやシステムファイルを表示させる方法<Windows(R)XP>

情報番号:001090  【更新日:2006.11.28文末にあるアンケートにご協力ください

隠しファイルやシステムファイルを表示させる方法<Windows(R)XP>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)XP, Windows(R)XP TabletPC Edition, Windows(R)XP Media Center Edition 2004
カテゴリ 操作方法,Windowsの操作方法,

回答・対処方法

はじめに

Windows(R)XPで、隠しファイルやシステムファイルを表示させるには、以下の手順を行って下さい。

操作手順

■すべてのファイルやフォルダを表示する方法

  1. [スタート]ボタン→[コントロールパネル(C)]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されましたら、「デスクトップの表示とテーマ」をクリックします。
  3. 「デスクトップの表示とテーマ」画面内の”コントロールパネルを選んで実行します”の項目で、「フォルダオプション」をクリックします。
  4. 「フォルダオプション」画面が表示されますので、「表示」タブをクリックします。
  5. ”詳細設定”の”ファイルとフォルダの表示”のセクションで[◎すべてのファイルとフォルダを表示する]をクリックし、[適用(A)]ボタン→[OK]ボタンの順にクリックします。
    図1(図1)

以上で完了です。

すべてのファイルやフォルダの表示が必要なくなった場合は、手順5で[◎ 隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない]にチェックを入れます。
また、上記手順を行っても表示されない場合は、以下の設定を確認して下さい。

■保護されたオペレーティングシステムファイルを表示する方法

  1. [スタート]ボタン→[コントロールパネル(C)]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されましたら、「デスクトップの表示とテーマ」をクリックします。
  3. 「デスクトップの表示とテーマ」画面内の”コントロールパネルを選んで実行します”の項目で、「フォルダオプション」をクリックします。
  4. 「フォルダオプション」画面が表示されますので、「表示」タブをクリックします。
  5. ”詳細設定”の”ファイルとフォルダの表示”のセクションで[□保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)]のチェックを外すと「警告」画面が表示されますので[はい(Y)]ボタンをクリックします。
    図2(図2)

    図3(図3)

以上で完了です。

保護されたオペレーティングシステムファイルの表示が必要なくなった場合は、手順5でチェックを入れて[適用(A)]ボタン→[OK]ボタンの順にクリックします。

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「dynabook オンライン」で承ります。