dynabook.com
dynabook.comTOP個人・家庭向け情報企業向け情報サポート情報ショッピングサイトマップ
サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > Q&A

サポートトップ東芝に聞く(お問い合わせ)自分で調べるよくある質問(FAQ)ダウンロード
キーワード検索カテゴリ(かんたん)検索情報番号で検索動画コンテンツについて

情報番号:001311

 【更新日:2006.11.07】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

作成した外字のバックアップと復元方法<Windows(R)XP> 【動画手順付き】

対応機種
対象OS Windows(R)XP, Windows(R)XP TabletPC Edition, Windows(R)XP Media Center Edition 2004
カテゴリ データのバックアップ,Windowsソフトウェア,Windowsデータバックアップ,アクセサリ,,
A

回答・対処方法

はじめに

Windows XPの「外字エディタ」で作成した外字をバックアップ/復元する方法について説明します。
通常、外字ファイルは[C:\WINDOWS\Fonts]フォルダ内に[EUDC.TTE]と[EUDC.EUF]という2つのファイルで保存されています。

バックアップ

■準備:記憶媒体の用意
バックアップを行なうには、バックアップしたデータを保存する記憶媒体が必要です。
記憶媒体には、フロッピーディスク(FD)、CD-R、USBフラッシュメモリなどさまざまな媒体が存在しておりますがそれぞれ容量や用途が異なります。
またご使用のパソコンによっては、フロッピーディスクドライブやCD-Rドライブが装備されていない場合があります。事前にご使用のパソコンの仕様についてご確認ください。

以下は、記憶媒体の一例です。その他にSDカードなど様々な記憶媒体がございます。ご使用の環境に合わせた媒体をご準備ください。

記憶媒体の種類 容量について
フロッピーディスク(FD) 容量が1.44MBしか保存できないため、大きなデータの保存には適しません。
CD-R 容量が640MB〜700MBの大きなデータを保存することができます。
USBフラッシュメモリ 32MBや512MBなど種類によって容量が異なります。


■操作手順
※以下作業は、コンピュータ管理者アカウントでログオンしてください。
※フォント別に任意の外字ファイルを作成している場合は、その外字ファイルをコピーしてください。
※以下は例としてEドライブとして認識しているUSBフラッシュメモリ(リムーバブルディスク)に外字ファイルをバックアップする方法について説明します。

  1. [スタート]ボタン→[検索(S)]をクリックします。
  2. 「検索結果」画面が表示されましたら、”何を検索しますか?”から[ファイルとフォルダすべて(L)]をクリックします。
    (図1)

  3. ”ファイル名のすべてまたは一部(O)”欄に eudc.* と入力し、”探す場所(L)”から[ローカルハードドライブ(C:)]を選択して[検索(R)]ボタンをクリックします。
    ※アスタリスク(*)は、キーボードの[Shift]キーを押しながら[け]のキーを押します。
    (図2)

  4. 検索された[EUDC.EUF]ファイルと[EUDC.TTE]ファイルを選択し、マウスの右ボタンでクリックします。
    表示されるメニューから[送る(N)]→[リムーバブルディスク(E:)]をクリックします。
    ※2つのファイルを選択するには、キーボードの[Ctrl]キーを押しながらクリックします。
    ※そのほかの記憶媒体に保存する場合は、同様に操作をして記憶媒体のドライブを指定してください。
    例:フロッピーディスクの場合は、[3.5インチFD(A:)]をクリックします。
    (図3)

  5. コピーが完了しましたらバックアップ作業は終了です。
    バックアップした記憶媒体にアクセスし、[EUDC.TTE]と[EUDC.EUF]ファイルが保存されていることを確認してください。
    (図4)

■CD-Rなどのメディアにバックアップする方法
使用しているパソコンによってインストールされているCD-Rなどのメディアに書き込む専用ソフトが異なります。
以下のリンクを参照し、バックアップを行なってください。
[001258:「Roxio Easy CD Creator5」を使用してデータをバックアップする方法]
[001264:「Drag'n Drop CD」を使用してデータをバックアップする方法]
[002841:「RecordNow! for TOSHIBA」を使用して、CDやDVDにデータを保存する]
[005196:「TOSHIBA Disc Creator」を使用して、CDやDVDにデータを保存する]

復元

※以下作業は、コンピュータ管理者アカウントでログオンしてください。
※外字ファイルを上書きコピーすると、コピーする前に作成した外字データは消えてしまいます。
※外字ファイルを上書き/削除しようとしたときに、作業を行なう前に一度でも「外字エディタ」を起動したことがあるとエラーメッセージが表示され作業が実行できません。その場合は、コンピュータを再起動してから再度作業を行なってください。

  1. 外字ファイルのバックアップデータを保存している記憶媒体を接続、または挿入します。
  2. [スタート]ボタン→[すべてのプログラム(P)]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]の順にクリックします。
  3. 「コマンドプロンプト」画面が表示されましたら、以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
    ren c:\windows\fonts\eudc.tte eudc.bak 
    (図5)

  4. メッセージは何も表示されずプロンプトの状態で止まります。以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
    ※ここでは、Eドライブとして認識しているUSBフラッシュメモリ(リムーバブルディスク)に外字のバックアップファイルが保存されていることを前提としています。
    そのほかの記憶媒体にバックアップファイルを保存している場合は、記憶媒体が認識しているドライブを指定してください。
    例:Aドライブとして認識しているフロッピーディスクにデータをバックアップしている場合は、以下コマンドの e:\eudc.* 部分を a:\eudc.* に置き換えて入力します。
    copy e:\eudc.* c:\windows\fonts

  5. ”c:\windows\fonts\EUDC.EUFを上書きしますか?(Yes/No/All):”とメッセージが表示されましたら、[Y]キーを押して[Enter]キーを押します。
  6. ”2個のファイルをコピーしました。”と表示され、プロンプトの状態で止まりましたら[×]ボタンをクリックして閉じます。
    (図6)

以上で復元作業は終了です。
[スタート]ボタン→[すべてのプログラム(P)]→[アクセサリ]→[外字エディタ]の順にクリックし外字が復元できていることをご確認ください。

■CD-Rなどのメディアにバックアップしたデータを復元する方法
CD-Rなどのメディアにデータをバックアップした場合、読み取り専用属性に変更されるため直接メディアを指定してもエラーがでて復元できない場合があります。
いったん[マイドキュメント]などのハードディスク上にバックアップデータをコピーしてから復元を行なってください。

  1. [スタート]ボタン→[マイコンピュータ]をクリックし、バックアップデータを保存しているCD-Rなどのメディアを開きます。
  2. [スタート]ボタン→[マイドキュメント]をクリックします。
  3. バックアップファイルを「マイドキュメント」画面上にドラッグ・アンド・ドロップします。
    (図7)

  4. [マイドキュメント]にバックアップファイルがコピーされます。
  5. コピーした[EUDC.TTE]ファイルをマウスの右ボタンでクリックし、表示されるメニューから[プロパティ(R)]をクリックします。
  6. プロパティ画面が表示されます。「全般」タブをクリックし、”属性”項目の[□ 読み取り専用(R)]にチェックが付いている場合はクリックしてチェックをはずします。
    (図8)

  7. [OK]ボタンをクリックして閉じます。
  8. 同様に[EUDC.EUF]ファイルも読み取り専用属性に設定されていないかご確認ください。
  9. [スタート]ボタン→[すべてのプログラム(P)]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]の順にクリックします。
  10. 「コマンドプロンプト」画面が表示されます。
    ”C:\Documents and Settings\(ログオンユーザ名)>”のディレクトリで止まります。以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
    ren c:\windows\fonts\eudc.tte eudc.bak 
    (図9)

  11. メッセージは何も表示されません。”C:\Documents and Settings\(ログオンユーザ名)>”の後に以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
    ※ここでは、[マイドキュメント]にコピーした外字のバックアップファイルから復元を行ないます。まず、ディレクトリを[マイドキュメント]に移します。
    cd my documents

  12. ディレクトリが”C:\Documents and Settings\(ログオンユーザ名)\My Documents>”に変わります。以下のコマンドを入力して[Enter]キーを押します。
    copy eudc.* c:\windows\fonts

  13. ”c:\windows\fonts\EUDC.EUFを上書きしますか?(Yes/No/All):”とメッセージが表示されましたら、[Y]キーを押して[Enter]キーを押します。
  14. ”2個のファイルをコピーしました。”と表示され、プロンプトの状態で止まりましたら[×]ボタンをクリックして閉じます。
    (図10)

以上で復元作業は終了です。
[スタート]ボタン→[すべてのプログラム(P)]→[アクセサリ]→[外字エディタ]の順にクリックし外字が復元できていることをご確認ください。

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

東芝トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright