• dynabook.com TOP個人・家庭向け情報
  • 企業向け情報
  • サポート情報
  • ショッピング
サイトマップ

サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > ケーブルを使わないLAN接続(無線LAN)

情報番号:003025  【更新日:2004.11.05文末にあるアンケートにご協力ください

ケーブルを使わないLAN接続(無線LAN)

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)XP, Windows(R)XP TabletPC Edition, Windows(R)XP Media Center Edition 2004
カテゴリ ネットワーク,無線LAN,

回答・対処方法

内容と対応

本製品には、無線LAN機能が内蔵されています。

無線LANとは、パソコンにLANケーブルを接続しない状態で使用できる、ワイヤレスのLAN機能のことです。モデムやルータの位置とは関係なく、無線通信のエリア内であればあらゆる場所からコンピュータをLANシステムに接続できます。

無線LANアクセスポイント(別売り)を使用することによって、複数のパソコンからワイヤレスでブロードバンド環境を実現できます。

※パソコンをインターネットに接続する場合は、接続の前にコンピュータウイルスへの対策を行なってください。コンピュータウイルスとは、パソコンにトラブルを発生させるプログラムのことで、ハードディスクやデータの一部を破壊するものもあります。

【内蔵されている無線LANモジュールの確認】

IEEE802.11a/IEEE802.11b/IEEE802.11gに準拠したモジュールがありますが、機種によって異なります。同梱されている取扱説明書を参照し、お使いの機種がどのモジュールに対応されているかご確認ください。

【無線LANを使用するにあたって】

  • 無線LANの無線アンテナは、できるかぎり障害物が少なく見通しのきく場所で使用してください。無線通信のレンジを最大限有効にするには、ディスプレイを開き、本や分厚い紙の束などの障害物でディスプレイを覆わないようにしてください。
  • 無線LANは、無線製品です。各国で適用される無線規制については、同梱されている取扱説明書を参照してください。

基本設定

無線LANネットワークに接続するには、接続するネットワークに応じた設定が必要です。Windows XPは、標準で無線LANネットワークに対応しています。
無線LANは、ほとんどのネットワーク環境において基本的な設定だけで動作します。

  1. [スタート]ボタン→[コントロールパネル(C)]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されましたら、”作業する分野を選びます”から[ネットワークとインターネット接続]をクリックします。
  3. 「ネットワークとインターネット接続」画面が表示されましたら、”作業を選びます”から[ホームネットワークまたは小規模オフィスのネットワークをセットアップまたは変更する]をクリックします。
    図1(図1)

     
  4. 「ネットワークセットアップウィザード」画面が表示されます。画面の指示にしたがって操作してください。
    図1(図2)

無線LANを使う

ここでは、ネットワークに接続している他のパソコンの確認について説明します。

【お願い】

Bluetoothと無線LANは、同じ無線周波数帯を使用するため、同時に使用すると電波が干渉し合い、通信速度の低下やネットワークが切断される場合があります。接続に支障がある場合は、今お使いのBluetooth、無線LANのいずれかの使用を中止してください。

【警告】

パソコン本体を航空機に持ち込む場合は、ワイヤレスコミュニケーションスイッチをオフにし、必ずパソコン本体の電源を切ってください。ワイヤレスコミュニケーションスイッチをオンにしたまま持ち込むと、パソコンの電波により、計器に影響を与える場合があります。また、航空機内でのパソコンのご使用は、必ず航空会社の指示にしたがってください。

  1. ワイヤレスコミュニケーションスイッチをOn側にスライドします。ワイヤレスコミュニケーションLEDが点灯します。
    ※ワイヤレスコミュニケーションスイッチとワイヤレスコミュニケーションLEDの位置は、機種によって異なります。同梱されている取扱説明書を参照し、位置をご確認ください。
    ・ワイヤレスコミュニケーションスイッチが左側面にあり、ワイヤレスコミュニケーションLEDがスイッチ付近ある例
    図3(図3)

    ・ワイヤレスコミュニケーションスイッチが前面にあり、システムインジケータLEDとしてワイヤレスコミュニケーションLEDがある例
    図4(図4)

    図5(図5)

    ・ワイヤレスコミュニケーションスイッチが左側面にあり、システムインジケータとしてワイヤレスコミュニケーションLEDがある例
    図6(図6)

    図7(図7)

    図8(図8)

     
  2. 無線LAN機能が起動すると、パソコンは自動的に利用できるネットワークを検出します。
    利用できるネットワークが検出された場合は、通知領域にメッセージが表示されます。
  3. [ワイヤレスネットワーク接続]アイコンをマウスの右ボタンでクリックし、表示されるメニューから[利用できるワイヤレスネットワークの表示]をクリックします。
    図9(図9)

     
  4. 「ワイヤレスネットワーク接続」画面が表示されます。”利用できるワイヤレスネットワーク(N)”項目から使いたいネットワークを選択し、[接続(C)]ボタンをクリックします。
    ※WEP機能を設定しているネットワークに接続するときは、”ネットワークキー(K)”欄にネットワークキーを入力し、[接続(C)]ボタンをクリックしてください。
    図10(図10)

     
  5. 接続できると、通知領域に”ワイヤレスネットワーク接続に接続しました”メッセージが表示されます。
    図11(図11)

     
  6. [スタート]ボタン→[マイコンピュータ]をクリックし、「マイコンピュータ」画面が表示されましたら「その他」タスク内の[マイネットワーク]をクリックします。
    図12(図12)

     
  7. 「マイネットワーク」画面が表示されましたら、「ネットワークタスク」内の[ワークグループのコンピュータを表示する]をクリックします。
    無線LANでつながれた他のパソコンなどのデバイスが表示されます。
    図13(図13)

補足:通信状態を確認する

[ワイヤレスネットワーク接続]アイコンをクリックすると、「ワイヤレスネットワーク接続の状態」画面が表示され、接続の状態、接続継続時間、通信速度、シグナルの強さなど動作状況がわかります。

図14(図14)

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。