dynabook.com
dynabook.comTOP個人・家庭向け情報企業向け情報サポート情報ショッピングサイトマップ
サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > Q&A

サポートトップお問い合わせ窓口自分で調べるよくある質問(FAQ)ダウンロード
キーワード検索カテゴリ(かんたん)検索情報番号で検索動画コンテンツについて

情報番号:004424

 【更新日:2005.09.20】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

キーボードの文字キーに印刷されている複数の文字や記号を使い分ける方法

対応機種
対象OS Windows(R)7,Windows Vista(R), Windows(R)95, Windows(R)98, Windows(R)98 Second Edition, Windows(R)Me, Windows(R)2000, Windows(R)XP HomeEdition, Windows(R)XP Professional, Windows(R)XP TabletPC Edition, Windows(R)XP Media Center Edition 2004
カテゴリ 便利な使い方,キーボード操作, 文字入力
A

回答・対処方法

内容と対応

文字や記号を入力するときに、キーボードの文字キーを使用しますが、1つの文字キーには2 〜 6種類の文字や記号が印刷されています。
これらの文字や記号は、制御キーで使い分けることができます。

(図1)


●左上
[Shift]キーを押しながら押すと、記号やアルファベットの大文字が入力できます。

●右上
かな入力ができる状態で、[Shift]キーを押しながら押すと、記号、ひらがなの促音(小さい「っ」)、拗音(小さい「ゃ、ゅ、ょ」)が入力できます。

●左下
他のキーは使わず、そのまま押すと、数字やアルファベットの小文字が入力できます。
大文字ロック状態にすると、大文字も入力できます。

●右下
かな入力ができる状態で押すと、ひらがなや記号が入力できます。

●前面左
アロー状態のときに押すと、カーソル制御キーとして使えます。
詳細は[000972:キーボードのオーバーレイ機能について]をご参照ください。

●前面右
数字ロック状態のときに押すと、テンキーとして使えます。
詳細は[000972:キーボードのオーバーレイ機能について]をご参照ください。

関連情報

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「dynabook オンライン」で承ります。

個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright