東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
前画面へ戻る

情報番号:006354

 【更新日:2008.05.27】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

「Windows(R)Update」で、コンピュータの動作が遅くなりCPU使用率が高い状態になる

対応機種
対象OS Windows(R)2000, Windows(R)XP HomeEdition, Windows(R)XP Professional, Windows(R)XP TabletPC Edition, Windows(R)XP Media Center Edition 2004
カテゴリ 使用中のトラブル
A

回答・対処方法

内容と対応

Microsoft(R)Windows(R)XP、Microsoft(R)Windows(R)2003およびMicrosoft(R)Windows(R)2000で
Microsoft Update、Windows Updateまたは自動更新を実行すると以下のような現象が発生する場合があります。

  • エラーコード0x8DDD0009 が表示され、Microsoft Updateに失敗する。
  • コンピュータの負荷が高くなり、コンピュータの動作が遅くなる。
  • [Ctrl]+[Shift]+[Esc]キーを同時に押して、タスクマネージャを起動し、「パフォーマンス」タブを選択して確認するとCPU使用率が高い状態になっている。

この現象を回避するためには、Microsoft社より提供されている修正プログラムを適用する必要があります。
詳しい内容に関してはMicrosoft社のホームページをご参照の上、修正プログラムを適用してください。

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
東芝トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件 Copyright(C)1995-2008 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.