東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
前画面へ戻る

情報番号:006395

 【更新日:2007.12.11】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

「東芝DVD-RAMユーティリティ」DVD-RAMディスクへの書き込みを禁止または許可に設定する方法<Windows Vista(R)> 【動画手順付き】

対応機種
対象OS Windows Vista(R)
カテゴリ CD/DVD,CD/DVDの書き込み方法
A

回答・対処方法

はじめに

「東芝DVD-RAMユーティリティ」を使用して、DVD-RAMディスクに対して書き込みを禁止にしたり、書き込みを許可(禁止状態を解除)する方法を説明します。
書き込みを禁止にすることで、保存したデータを間違えて削除したり、上書きしたりすることを防止できます。

操作手順

  1. ドライブにDVD-RAMディスクをセットします。
    ※「自動再生」画面が表示された場合は、[×]ボタンをクリックして閉じてください。
    (図1)

  2. [スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[TOSHIBA]→[CD&DVDアプリケーション]→[DVD-RAMユーティリティ]の順にクリックします。
  3. 「東芝DVD-RAMユーティリティ」が起動します。「ライトプロテクト」タブをクリックします。
    (図2)

  4. ”ライトプロテクト”画面が表示されます。
    ◆書き込みを禁止に設定する場合
    1. ”ライトプロテクト”項目で[◎ ON]をクリックして選択し、[設定]ボタンをクリックします。
      (図3)

    2. ”ライトプロテクトを有効にします。”メッセージ画面が表示されます。[はい(Y)]ボタンをクリックします。
      (図4)

    ◆書き込みを許可に設定する場合
    1. ”ライトプロテクト”項目で[◎ OFF]をクリックして選択し、[設定]ボタンをクリックします。
      (図5)

    2. ”ライトプロテクトを無効にします。”メッセージ画面が表示されます。[はい(Y)]ボタンをクリックします。
      (図6)

  5. 完了しましたら、DVD-RAMが自動的に出てきます。
  6. ”ライトプロテクトの処理は正常終了しました。”メッセージ画面が表示されましたら、[OK]ボタンをクリックします。
    (図7)

  7. 「東芝DVD-RAMユーティリティ」画面に戻りましら、[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。

    以上で終了です。

関連情報

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
東芝トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件 Copyright(C)1995-2008 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.