東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
前画面へ戻る

情報番号:007434

 【更新日:2008.03.25】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

Wake-up on LAN機能を使用する方法<dynabook Satellite K20>

対応機種
対象OS Windows Vista(R), Windows(R)XP Professional
カテゴリ ネットワーク, メモリ/BIOS,BIOS, LAN
A

回答・対処方法

はじめに

Satellite K20シリーズで Wake up on LAN 機能を使用する方法を説明します。
Wake up on LAN 機能を有効にすると、ネットワークで接続された管理者のパソコンからの呼び出しにより、自動的に電源を入れることができます。

【注意】
Wake up on LAN 機能を使用する場合は、必ずACアダプタを接続してください。電源を切っている状態でも、バッテリを使っていないときの充電保持時間が通常より短くなります。

操作手順

<手順1:BIOSのアップデート>
BIOSをV1.70以上にアップデートします。
以下のリンクを参照し、モジュールのダウンロード、インストールを行なってください。

■dynabook Satellite K20、K21シリーズ BIOSのアップデート
http://dynabook.com/assistpc/download/modify/sate/k20/bios/index_j.htm



<手順2:BIOSセットアップの設定>

  1. キーボードの[ESC]キーを押しながら電源を入れます。
  2. ”Check System. Then Press [F1] Key.”と表示されましたら、[F1]キーを押します。
  3. BIOSセットアップ画面が表示されます。”Auto Power On”項目の[Wake-up On LAN]の設定値を[Enabled]に設定します。
  4. [FN]キー+[→]を押します。
  5. ”Are you sure ? (Y/N)”と表示されましたら、[Y]キーを押して設定を保存します。

    BIOSセットアップ画面が終了し、Windowsが起動します。
    続いて、手順3の設定を行なってください。



<手順3:デバイスマネージャの設定>

  1. 以下のリンクを参照し、「デバイスマネージャ」画面を起動します。
    [001408:デバイスマネージャを表示する方法<Windows(R)XP>]
    [005936:デバイスマネージャを表示する方法<Windows Vista(R)>]

  2. 「デバイスマネージャ」画面が表示されましたら、[ネットワークアダプタ]→[Intel(R) xxxxx Gigabit Network Connection]をダブルクリックします。
    (図1)

  3. Intel(R) xxxxx Gigabit Network Connectionのプロパティ」画面が表示されます。「電源の管理」タブをクリックします。
  4. [□ このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする]および[□ 管理ステーションでのみ、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする]にチェックを付け、[OK]ボタンをクリックします。
    (図2)

  5. 「デバイスマネージャ」画面を右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

    以上で設定は終了です。


以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
東芝トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件 Copyright(C)1995-2008 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.