東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
前画面へ戻る

情報番号:008341

 【更新日:2009.01.27】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

「東芝PC診断ツール」パソコンを診断する方法<Windows Vista(R)>

対応機種
対象OS Windows Vista(R)
カテゴリ 使用中のトラブル, その他のプレインストールソフト
A

回答・対処方法

はじめに

使用中のパソコンの調子が悪い場合は、どこに問題があるのかを「東芝PC診断ツール」で調べることができます。
調べ方は以下の操作手順を参照してください。


【注意】

  • 「東芝PC診断ツール」を実行中にハードウェアを抜き差しする場合は、一旦「東芝PC診断ツール」を終了させ、再度「東芝PC診断ツール」を起動してから診断を行なってください。
  • すでに何度もスタンバイ/リジュームやハイバネーション/リジュームを繰り返している場合は、一旦コンピュータを再起動してから「東芝PC診断ツール」を起動してください。
    また、診断中はスタンバイやハイバネーションはしないでください。
  • 診断についてはあくまでも目安とお考えください。「東芝PC診断ツール」は”主なコンポーネントの診断方法と結果”に基づいて診断します。したがって本製品で正常と診断されたものであっても、実際には使用できない場合もあります。


※「東芝PC診断ツール」については、[008339:「東芝PC診断ツール」について<Windows Vista(R)>]を参照してください。

操作手順

  1. [スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[TOSHIBA]→[ユーティリティ]→[PC診断ツール]をクリックします。
  2. 「東芝PC診断ツール」画面が表示されます。「診断ツール」タブをクリックします。
  3. ”診断項目”一覧から診断したい項目のチェックボックスにチェックを付けます。
    ※[すべて選択]ボタンをクリックすると、すべての項目にチェックが付きます。
    ※[すべて解除]ボタンをクリックすると、すべての項目のチェックをはずします。
    (図1)

  4. [診断開始]ボタンをクリックします。
    (図2)

  5. ”診断を開始します。よろしいですか?”メッセージ画面が表示されます。[はい(Y)]ボタンをクリックすると、手順3でチェックした項目を上から順番に診断します。
    (図3)

    ※チェックを付けた項目によっては、診断中にメッセージが表示されます。メッセージを確認して[OK]、[キャンセル]、[はい]、[いいえ]ボタンをクリックしてください。
    (下図は例として「ディスプレイのチェック」画面です。)
    (図4)

  6. 診断が終了すると、”診断を終了しました。”メッセージ画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    (図5)

    以上で診断は終了です。”結果”を確認してください。
    (図6)

    ※”結果”に”問題あり”と表示された場合は、[008339:「東芝PC診断ツール」について<Windows Vista(R)>]の<診断結果について>を参照してください。

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
東芝トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件 Copyright(C)1995-2009 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.