東芝トップページ > 東芝クライアントソリューション株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「仮想デスクトップ」複数のデスクトップを使い分ける方法<Windows 10> 【動画手順付き】

情報番号:016805  【更新日:2015.09.15文末にあるアンケートにご協力ください

「仮想デスクトップ」複数のデスクトップを使い分ける方法<Windows 10> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた

回答・対処方法

動画で手順を確認する

[動画で手順を確認する]ボタンをクリックすると、本情報を実際のPC操作に近い動画でご説明いたします。
※動画は、お使いのPC上で関連付けられているアプリまたはブラウザーで再生されます。詳しくは、<動画コンテンツのヘルプ>を参照してください。

動画で手順を確認する(再生時間 04:00)

はじめに

並行して複数の作業を行なうためにいろいろなアプリを起動し、アプリを切り替えながら進めていると混乱して効率が悪かったり、間違えてしまったりすることがあります。また、割り込みでほかの作業をしなければいけなくなったが、今やっている作業を後でそのまま続行したいから開いているファイルやアプリを閉じたくないといったこともあると思います。

そういった場合は、「仮想デスクトップ」を利用すると便利です。

「仮想デスクトップ」とは、1つのPCで複数のデスクトップを作成し、デスクトップごとに目的のアプリを起動して切り替えて使うことができる機能です。

図1(図1)

ここでは、複数のデスクトップを使い分ける方法について説明します。

タッチ操作について
※本操作は、マウスまたはタッチパッドを使っての操作手順となります。タッチパネル搭載モデルでタッチ操作を行ないたい場合は、[016766:タッチパネルの使いかた<Windows 10>]を参考にし、クリックを”タップ”、ダブルクリックを”ダブルタップ”、右クリックを”長押し(ロングタップ)”に読み替えて操作してください。

操作手順

  1. タスクバーの[タスクビュー]ボタンをクリックします。
    図2(図2)

  2. 現在開いているアプリの一覧(タスクビュー)が表示されます。画面右下の[新しいデスクトップ]をクリックします。
    図3(図3)

  3. [デスクトップ2]が作成されます。クリックします。
    ※いままで使用していたデスクトップは[デスクトップ1]になります。
    図4(図4)

  4. 「デスクトップ2」に切り替わります。ここでいままで使っていたデスクトップと違うアプリを起動して使用することができます。
    図5(図5)

「仮想デスクトップ」を利用して複数のデスクトップを使い分ける操作は以上です。

元のデスクトップに戻りたい場合は、再度タスクバーの[タスクビュー]ボタンをクリックして[デスクトップ1]を選択してください。また、さらに複数のデスクトップを作成したい場合は上記と同様の操作を繰り返してください。

※「仮想デスクトップ」は再起動やシャットダウンをすると自動的に削除されます。翌日に同じ作業をしたいので作成した複数のデスクトップ環境を残したままにしたい場合は、スリープで終了させてください。

※スリープで終了する方法については、[016709 スリープ状態でパソコンの使用を中断する方法<Windows 10>]を参照してください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright