よくあるご質問 気になるランキング

更新日:2017年12月15日

お問い合わせの多いランキング

「東芝PCあんしんサポート」に電話お問い合わせが多い内容についてランキングします。

「TOSHIBA Blu-ray Disc(TM)Player」起動時に“AACSキーの有効期限切れです。・・・”メッセージ画面が表示される

「TOSHIBA Blu-ray Disc(TM)Player」ブルーレイディスク/DVDの再生が乱れる

シャットダウン時に「1つのアプリを閉じて、シャットダウンします・・・TOSHIBA Flash Cards・・・」画面が表示される

Windows 10 Fall Creators Updateへのアップデートができない

更新モジュールをインストールしたい

各お問い合わせの詳細は、以下を参照してください。

1. 「TOSHIBA Blu-ray Disc(TM)Player」起動時に“AACSキーの有効期限切れです。・・・”メッセージ画面が表示される

「TOSHIBA Blu-ray Disc Player」搭載モデルをお使いのお客様から起動時に“AACSキーの有効期限切れです。・・・”メッセージ画面が表示されるというお問い合わせが多くよせられています。

AACSキーの有効期限切れですメッセージ画面イメージ

本製品のブルーレイディスク再生機能は著作権保護技術AACS(Advanced Access Content System)に対応しています。ブルーレイディスクを継続的にお楽しみいただくためには、定期的に本機能に含まれているAACSキーの更新が必要となります。本メッセージ画面が表示された場合は、AACSキーのアップデートを行なってください。

2. 「TOSHIBA Blu-ray Disc(TM)Player」ブルーレイディスク/DVDの再生が乱れる

「TOSHIBA Blu-ray Disc Player」搭載モデルをお使いのお客様からブルーレイディスク/DVDを再生すると音は鳴るが画面が乱れて観ることができないというお問い合わせが多くよせられています。

2017年9月頃から「Windows Update」にて配信されているディスプレイドライバーにアップデートすると一部のモデルで本現象が発生することがわかりました。

11/24追記:対処方法が判明いたしました。
本現象が発生している場合は、[インテル(R)グラフィックス・ドライバー]を削除し、ディスプレイドライバーを再インストールしてください。

12/15追記:2017年12月中旬より、修正版のディスプレイドライバー(バージョン:23.20.16.4849)の提供が「Windows Update」にて開始されました。修正版のディスプレイドライバーをインストールして改善されるか確認してください。

3. シャットダウン時に「1つのアプリを閉じて、シャットダウンします・・・TOSHIBA Flash Cards・・・」画面が表示される

Windows 8.1(プレインストールモデル)をWindows 10にアップグレードし、Windows 10 Fall Creators Updateにアップデートした環境で使用するとシャットダウン時に「1つのアプリを閉じて、シャットダウンします」とエラー画面が表示されるといったお問い合わせが多くよせられています。

TOSHIBA Flash Cards

対処方法については、以下のFAQを参照してください。

4. Windows 10 Fall Creators Updateへのアップデートができない

Windows 10 Fall Creators Updateへアップデートする時、ウイルスバスタークラウドがインストールされているとブルースクリーンが発生して動作を停止するなどの現象が起きる場合があります。 ウイルスバスタークラウドがインストールされている場合は、ウイルスバスタークラウドの対応策を確認してから、Windows 10 Fall Creators Updateへのアップデートを行なうようにしてください。 ウイルスバスタークラウドの対応策については、以下のトレンドマイクロ社のホームページでご確認ください。

5. 更新モジュールをインストールしたい

「PCが正常に動作しない、このエラーを修正するモジュールは提供されていますか?最新にアップデートするにはどうしたらいいですか?」といったお問い合わせが多くよせられています。

PCを常に最新の状態にすると、トラブルを未然に防ぐことができます。

※更新モジュールによってインストール方法は異なります。(いずれもインターネットに接続できる環境が必要です。)

◆「Windows Update」を使用してマイクロソフト社が提供する更新モジュールをインストールする

「Windows Update」は、マイクロソフト社から提供される機能更新プログラム(新機能や大幅な変更を実装する更新)と品質更新プログラム(バグを修正したり、セキュリティ問題を解決したりすることで、既存の機能を改善する更新)をインストールする機能です。

Windows Update

手動でインストールすることもできますが、更新モジュールを自動的にインストールする設定にすると自動更新され、常に最新のWindows環境で使用することができます。

※Windows 10は標準で自動更新されます。Windows 8.1またはWindows 7をお使いの場合は、設定を変更してください。

「Windows Update」については、以下も合わせて参照してください。

◆「東芝サービスステーション」を使用して当社が提供する更新モジュールをインストールする

「東芝サービスステーション」は、当社によってプレインストールされたソフトウェア(BIOS、ドライバー、ユーティリティなど)の重要または推奨する更新モジュールを自動的に検索する機能を提供するアプリです。

サービスステーション

お使いのPCが対象となる更新モジュールを検出すると、自動的にダウンロードし、該当モジュールが一覧表示されます。内容を確認し、インストールを行なってください。

「東芝サービスステーション」については、以下も合わせて参照してください。

※一部の更新モジュールは、「dynabook.com サポート情報」の「ダウンロード」ページから提供されています。必要に応じて手動でインストールを行なってください。



アンケートにご協力ください。この情報はお客様のお役に立ちましたか?
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright