TOSHIBA お問い合わせ
dynabook AXシリーズ <サービス&サポート> dynabook.comトップページへ
製品トップページ おすすめポイント ソフトウェア 仕様 ラクラクAV活用ガイド 個人・家庭向けPCラインアップ
前のページへ オプション サービス&サポート

Microsoft(R) タグライン

サポート・サービス
2006年1月17日より、従来の「東芝PCダイヤル」と「東芝PC集中修理センタ」の窓口(電話番号)が1つになり、「東芝PCあんしんサポート」としてスタート。
そのほか、新しいサポート・サービスも続々登場。「あんしん」がどんどん広がります。
東芝PCあんしんサポート
東芝PCあんしんサポート
東芝PCあんしんサポート
このページのトップへ
@電話サポート
A修理受付
Bさらに便利な気配りサービス
東芝PC電話サポート予約サービス
お仕事や学校などで、日中「東芝PCあんしんサポート」をご利用できないお客様のための無料サービスです。あらかじめインターネットでご予約をいただければ、19:00〜24:00のご都合のよい時間帯にサポートスタッフから電話をさしあげます。 予約申込画面例
予約はこちらから
このページのトップへ
遠隔支援サービス あなたのパソコン画面をプロが遠隔操作してご説明。
「電話だけではききたいことがなかなかうまく伝わらない」。そんな心配はもういりません。インターネット経由であなたのPC画面をサポートスタッフのPC画面にそのまま表示。スタッフからの電話による説明に加え、パソコン画面に操作の指示がマーカで表示されるので、むずかしい操作なども的確に理解できます。
遠隔支援サービス イメージ
遠隔支援サービス イメージ
●本サービスは、セキュリティ対策をおこなっております。情報は暗号化されて送られ、個人情報の漏洩などの危険はありません。
●本サービスの使用により、サポートスタッフがお客様の個人情報を閲覧する場合がありますが、本サービス以外にその情報を利用することはございません。同様に外部に情報を漏洩することはございません。
●本サービスをご利用になる場合、ブロードバンド回線が必要です。
●お客様のご使用環境によっては、本サービスをご利用できない場合があります。
●詳細は「サポート情報−遠隔支援サービス」をご覧ください。
遠隔支援サービス イメージ
このページのトップへ
東芝PC i-repairサービス
インターネットで修理のお申し込みや修理状況の確認、見積り、修理料金のクレジット決済などができます。メールアドレスを登録していただければ、修理の状況や見積もりをメールでお知らせします。携帯サイトからもご利用*可能です。 修理申込後も携帯サイトや電話申込でサービスのご利用が可能です。
PCサイト 携帯サイト
このページのトップへ
サポート・サービス インターネットサポートから海外サポートまで幅広く対応します。
 
あなたのdynabook.com ネットにつなぐだけで、あなたがお使いのパソコン情報をパッと表示。
ランチャー
インターネットにつないで、「あなたのdynabook.com」のアイコンをクリックするだけで、あなたがお使いのパソコン情報が一覧で表示されます。あなたのパソコンのマニュアルやお問い合わせの多いQ&A、各種モジュール、ドライバソフトなどをわざわざ検索する手間がいりません。お客様登録されていない方でもすぐにご利用いただけます。
あなたのdynabook.comメニュー画面
あなたのdynabook.comメニュー画面
あなたのdynabook.comメニュー画面
あなたのdynabook.comメニュー画面
※対象機種は2005年5月発売以降の機種になります。対象機種につきましては順次拡大していきます。
このページのトップへ
東芝PC訪問サポート 電話一本で訪問スタッフが訪問いたします!
訪問スタッフがお客様先までおうかがいして、パソコンの接続設定やアプリケーションの設定をおこないます。
※本サービスは、横河キューアンドエー株式会社が提供する有料の訪問サービスサポート「パソコンサービス・ステーション」スタッフがうかがいます。
※詳しくは製品同梱の「東芝PCサポートのご案内」をご覧ください。
 
東芝PC工房
東芝PC工房
 
このページのトップへ
海外保守サポート(制限付き):ILW 海外36地域をサポート。
日本語での相談窓口
日本国内で購入された対象PCを海外でご使用になる場合、保証期間中に所定の地域で、日本への引き取り修理サービス、または一部地域での現地修理サービスをご利用いただけます。
◆保証期間が切れても安心!「有料修理サポート」 *一部地域を除く ◆ホームページから修理のお申し込みをすることもできます。
海外保証対象地域
(世界36地域)
2005年12月現在
カナダ、米国、アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェ−デン、スペイン、チェコ、デンマ−ク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、南アフリカ、オ−ストラリア、ニュージーランド、インドネシア、韓国、シンガポ−ル、タイ、フィリピン、マレ−シア、中国、台湾、香港 ※準州などを除く
※サービスの制限事項・確認事項やILW対象地域の詳細などにつきましては製品に同梱されている冊子やWebサイトでご確認ください。
このページのトップへ
[同梱のマニュアルで] 専門マニュアルですぐに解決。
ジャンルごとに編集されているので、知りたいことがすぐに探せます。
マニュアルイメージ
※ 機種により、マニュアルが異なります。
 
[PCソフトで] 「できるdynabook」で解決。
使用しているソフトとマニュアルを画面で見比べながら学べます。ランチャーのボタンをクリックすると、「できるdynabook」をすぐに起動させることができます。
画面イメージ
 
ご不要になったPCを回収・リサイクル
東芝dynabook リサイクルセンタ
資源循環型社会のために、使用済み
PCの回収・資源化を行っています。
ネットで http://dynabook.com/pc/eco/recycle.htm 24時間受付
Telで 043-303-0200 受付時間/ 10:00〜17:00(土・日・祝日・当社指定の休日を除く)
Faxで 043-303-0202 24時間受付
 
お客様登録をおすすめいたします。
ご購入後「お客様登録」を「Room1048(トウシバ)」http://room1048.jp/または、製品に同封のハガキでお申し込みいただきますと、最新のサポート情報などをメールにてお届けいたします。
このページのトップへ
 
[東芝ノートPCの環境対策] 東芝は、環境にも人にもやさしいノートPCづくりを進めています。
 
有害物質の使用禁止を定めた「RoHS*1指令」施行に先駆け対応。
東芝では、これまでも地球環境に配慮したノートPCの開発に努め、2005年1月からはプリント基板と筐体についてEU(欧州連合)RoHS指令に対応したノートPCを発売してきました。Qosmio、 dynabook*2では、さらに製品全体がRoHS指令に対応しています。これは2006年7月のRoHS指令の施行に先駆ける取り組みです。
*1 RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances
EU(欧州連合)25カ国では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質群)の使用禁止を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されます。
*2 dynabook SS MX、LX、librettoを除く。
環境調和型PCイメージ
〔対象となる特定有害物質〕
●鉛(Pb) ●六価クロム(Cr6+) ●水銀(Hg) ●カドミウム(Cd)
●ポリ臭化ビフェニル類(PBBs) ●ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDEs)
 
 
環境ラベル
PCグリーンラベルロゴ PCグリーンラベルの基準に対応
本製品はPC3R「PCグリーンラベル制度」の審査基準(2005年度版)を満たしています。
詳細はWebサイト http://www.pc3r.jp/greenlabel.html をご覧ください。
省電力
国際エネルギースターロゴ 国際エネルギースタープログラムの基準に適合
国際エネルギースタープログラムの参加事業者として、積極的に製品の基準適合を推進しています。
詳細はWebサイト http://www.eccj.or.jp/ene-star/index_esj.html をご覧ください。
省エネトップランナーロゴ 省エネ法(2005年度達成目標値)の基準をクリア
省エネルギー法改正により導入された省エネ基準である「省エネトップランナー」。
その基準値をクリアした製品づくりをしています。
環境負荷低減
鉛フリーはんだ採用
東芝は、環境にとって有害な鉛を用いない新しいはんだ材料の開発を進める一方で、基板材料・部品の耐熱性や温度変化による伸び縮み、はんだの接合安定性など、さまざまな角度から検討を重ねて当社PC全機種での「鉛フリーはんだ」化をめざしています。
紙資源の節約
電子マニュアル(PDF)/再生紙使用
マニュアルを電子化し、紙資源の節約を実現。添付の取扱説明書については再生紙を使用しています。
製品パッケージの「発泡スチロールレス化」を実現
パッケージには、リサイクル率の高いダンボールを主に利用し、衝撃が吸収できる構造を工夫することで、可能な限り発泡スチロールの使用をなくしました。 
リサイクル
PCリサイクルマーク 使用済み製品の回収
PCリサイクルマークがついた東芝製PCは、排出時に新たな回収再資源化料金のご負担なく引き取ります。
詳細はWebサイト http://dynabook.com/pc/eco/recycle.htm をご覧ください。
バッテリのリサイクル
東芝は資源有効利用促進法に基づき小形二次電池(充電式電池)の回収・再資源化の促進をおこなっております。使用済みの取り外し可能な充電式電池は電器店などに設置している「充電式電池リサイクルBOX」に入れてください。無料回収いたします。
詳細はWebサイト http://www.jbrc.net./hp/contents/index.html をご覧ください。
このページのトップへ
 
(省電力)低消費電力のノートPCこそ、CO2排出量減少に役立ちます。
地球温暖化を抑止するため世界188カ国が同意して温室効果ガス(CO2等)の削減目標を定めた「京都議定書」が2005年2月16日に発効しました。ノートPCは、デスクトップPCに比べて平均消費電力が格段に少ないというメリットがあります。これによりオフィスの消費電力の削減が可能となり、電気料金の削減はもとよりCO2排出量の減少にも役立ちます。誰もが日常的に実践できる取り組みであり、企業の社会的なイメージ向上にも貢献します。
みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%
京都議定書で定められた日本の目標は、2008年〜2012年の5年間で温室効果ガスを6%削減するというもの。目標達成のために日本政府が推進するプロジェクトが「チーム・マイナス6%」です。東芝は、その趣旨に賛同しチーム・マイナス6%に参加しています。
 
こんなに違う、 デスクトップPCとノートPCの消費電力
CO2 排出量の比較 システム消費電力の比較
 
※PC利用時に排出されるCO2の削減効果をデスクトップPCとノートPCのそれぞれの場合において自社調査し、比較したものです。なおCO2は、実際にはPC生産時・利用時・廃棄時とそれぞれの時点で発生するものですが、利用時の発生量が圧倒的に多いという自社分析結果により、利用時に発生するCO2に限定して比較し説明しています。
※年間240日、1日8時間使用する場合。デスクトップPCのシステム消費電力を102W、ノートPC〔Celeron®Mプロセッサ360J(1.40GHz)、2次キャッシュ1MB〕のシステム消費電力を31Wとして算出。  
●デスクトップPC(102W)とノートPC(31W)との消費電力の差…71W(102ー31)×8h(1日)×240日(年間)=136,320W
●上記消費電力の差をCO2排出量に換算………………………136,320W×0.357(温室効果ガス排出量算定に関する検討結果による排出係数)×0.001=48.66624kg
●デスクトップPC(102W)の消費電力を電気料金に換算………102W×0.001×8h(1日)×240日(年間)×22円(/kWh)=4,308.48円
●ノートPC(31W)の消費電力を電気料金に換算………………31W×0.001×8h(1日)×240日(年間)×22円(/kWh)=1,309.44円
このページのトップへ
モデム 海外でもインターネット。グローバルに対応した内蔵モデム
内蔵モデムはアジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界61地域に対応。旅行や出張時にも現地対応のモデムを探す手間なく、インターネットでの情報検索や電子メールでのコミュニケーションが手軽におこなえます。
※地域別の設定は「Internal Modem Region Select Utility」で切り替えられます。
 
◆内蔵モデム対応地域(世界61地域) -2006年1月現在-
アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、インド、インドネシア、エジプト、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、クウェート、サウジアラビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スリランカ、スロバキア、スロベニア、タイ、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニュージーランド、ノルウェー、パキスタン、ハンガリー、バングラデシュ、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、レバノン、ロシア、中国、台湾、香港
このページのトップへ
無線LANに関するご注意
この製品の使用周波数帯は2.4GHz帯です。この周波数では電子レンジ等の産業・科学・医療機器のほか、他の同種無線局、工場の製造ライン等で使用されている免許を要する移動体識別用の構内無線局、免許を要しない特定小電力無線局、アマチュア無線局など(以下「他の無線局」と略す)が運用されています。
1. この製品を使用する前に、近くで「他の無線局」が運用されていないことを確認してください。
2. 万一、この製品と「他の無線局」との間に電波干渉が発生した場合には、速やかにこの製品の使用チャンネルを変更するか、使用場所を変えるか、または製品の運用を停止(電波の発射を停止)してください。
3. その他、電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、東芝PCあんしんサポートへお問い合わせください。
<IEEE802.11b/g準拠 無線LAN対応地域> 2006年1月現在
アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国、イギリス、イタリア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、キプロス、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、日本、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク
無線LANに関するご注意
※本製品は、上記にあげる国/地域の無線規格を取得しております。これらの国/地域以外では使用できません。対応国/地域以外では無線通信機能をOFFにしてください。
※無線の電波の通信距離は、壁の材質・見通し、また環境などの条件により異なります。隣接する部屋でも通信できないことがあります。通信距離についての保証はできませんのでご了承ください。
無線LAN 2.4DSOF4
このページのトップへ
◆使用上のご注意
[動画編集に関するご注意]
●本製品はビデオ編集専用機ではありません。Windows®OSによる汎用的なPCです。●本製品は個人用・家庭用の機器です。本製品のビデオ編集機能は、趣味としてのビデオ編集を目的としたものです。●すべてのデジタルビデオ(DV)機器の動作を保証するものではありません。対応するDV機器については、各社のホームページなどでご確認ください。●DVの取り込み/書き出しを正常におこなうには、事前に使用していないアプリケーションを終了させてください。また、ハードディスク上の空き領域が不連続な状態で、DVの取り込み/書き出しをおこなうと、ハードディスクへの書き込み/読み出しが間にあわない場合があります。ハードディスクの空き領域を整理するために、定期的にデフラグを実行することをおすすめいたします。●外部記憶装置(外付けハードディスク、各種ディスク他)にデータを保存する場合はフレーム落ちなどが生じる可能性があります。●DV編集中にスタンバイ/ハイバネーション機能を使用しないでください。●DV使用中はIEEE1394機器のホットプラグ/アンプラグをしないでください。●ハードディスクやフロッピーディスクなどに保存した内容の変化・消失について当社はその責任を一切負いませんので、あらかじめご了承ください。
[著作権に関するご注意]
●音楽、映像、コンピュータ・プログラム、データベースなどは著作権法により、その著作権および著作権者の権利が保護されています。こうした著作物を複製することは、個人的にまたは家庭内で使用する目的でのみおこなうことができます。前記の目的を超えて、著作者の了解なくこれを複製(データ形式の変換を含む)、改変、複製物の譲渡、ネットワーク上での配信などをおこなうと、「著作権侵害」「著作者人格権侵害」として損害賠償の請求や刑事処罰を受けることがあります。本製品を使用して複製などなされる場合には、著作権法を遵守の上、適切なご使用を心がけていただきますよう、お願いいたします。●著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは視聴したり録画したりできません。また録画1回のみ可能なものも、PCでの視聴や録画はできません。
DVDスーパーマルチドライブに関するご注意
MPEG映像にはさまざまなフォーマットがあり、場合によっては、再生やDVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DLへの保存ができないことがあります。
作成したDVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DLのすべての動作を保証するものではありません。一部の機器では再生/編集できない場合があります。各メディアに対応した機器をご使用ください。
2.6GB、5.2GBのDVD-RAMメディアへの書き込みはできません。
カートリッジから取り出せないメディアは使用できません。
DVD-RW、DVD+RWはデータの書き換えが可能です。使用済みのDVD-RW、DVD+RWに書き込みをおこなうときにはDVD-RW、DVD+RWの消去をおこなってください。消去をおこなうと、DVD-RW、DVD+RWに保存されていた情報はすべて消去されますので、内容を充分に確認してから消去をおこなうように注意してください。
DVD-RAM、DVD-RW、DVD-R、DVD-R DL、DVD+RW、DVD+R、DVD+R DLへの書き込みでは、ファイルの管理領域なども必要になるため、メディアに記載された容量分のデータを書き込めない場合があります。
市販のDVD-Rには業務用メディア(for Authoring)と一般用メディア(for General)があります。業務用メディアはPCのドライブでは書き込みすることができません。一般用メディア(for General)を使用してください。
市販のDVD-RAM、DVD-RW、DVD-R、DVD-R DL、DVD+RW、DVD+R、DVD+R DLには「for Data」「for Video」の2種類があります。映像を保存する場合や家庭用DVDレコーダとの互換性を重視する場合は、「for Video」を使用してください。
バッテリ駆動中に書き込みをおこなうと、バッテリの消耗などによって、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプタを接続してください。
CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DLに書き込みをおこなうとき、電源切断、ドライブへのショック、記憶メディアの状態などによっては処理が正常におこなえずエラーとなる場合があります。
DVDの記録は半永久的な保証をするものではありません。
製品に搭載されている書き込み用ソフトウェア以外は動作保証しません。
作成したDVD-R DL、DVD+R DLメディアは、一部の家庭用DVDビデオレコーダやPCでは再生できないことがあります。また、作成したDVD-R DL、DVD+R DLメディアを再生するときは、各メディアの読み取りに対応している機器を使用してください。
※その他、商標・使用上のご注意については、こちらでご確認ください。
 
PCの再セットアップについて
ハードディスクに保存されているリカバリ用データは、市販のCDディスク/DVDディスクに保存して、リカバリCD/DVDを作成することができますが、万が一データ破損および誤って消去した際は、リカバリ用CD/DVDを「東芝PC工房」で販売しておりますのでお問い合わせください。
このページのトップへ
前のページへ 製品トップページ おすすめポイント ソフトウェア 仕様 ラクラクAV活用ガイド
オプション サービス&サポート
  
  
*別窓で開きますをクリックすると別ウインドウが開きます。
 
東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright(C) TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.
詳しくは「サポート情報」をご覧ください。 www.dynabook.com/assistpc/index_j.htm http://dynabook.com/assistpc/repaircenter/i_repair.htm http://dynabook.com/assistpc/ilw/index_j.htm