Microsoft(R) タグライン
dynacloud オフィスの節電、ノートPCでできること。
  • 「いつでもどこでも、安心・安全」をめざして。
  • ユーザビリティ
  • 環境調和
  • 設計品質・堅牢性
  • セキュリティ
  • サポート
  • Windows(R) 7
  • 閉じる

[セキュリティ]情報流出、不正アクセスなどを防止できる、さまざまなセキュリティ対策を実施。東芝ノートPCは、日常のさまざまな状況を考慮した、きめ細かい安全対策を実現しています。

PCを使っていないとき

深夜やオフィスに人けのない時間帯には、物理的にPCを固定しておく必要があります。

【セキュリティロック・スロット】

ワイヤーによる物理的なロックでPCを固定し盗難を抑止。


HDD/SSDのデータに他人がアクセスできないようにする必要があります。

【TPMセキュリティチップ】

※B371を除く。

データ暗号化の「鍵」を専用チップで厳重管理。

従来のPCとセキュリティチップ搭載のPC通常のPCでは、暗号化されたデータと暗号化の「鍵」の両方をHDD/SSDに保存しています。TPMセキュリティチップを搭載するPCでは、暗号化されたデータがHDD/SSD上の仮想ドライブに保存され、一方、暗号化の「鍵」は専用チップで厳重に保管されます。万が一、HDD/SSDを抜かれ別のPCでアクセスしても「鍵」が取り出せないため解読は困難です。

●Windows(R) 7 のファイル暗号化機能(EFS)をサポート。

ファイル暗号化機能(EFS)とTPMを組み合わせ、さらにセキュリティを強化できます。

※TPMではセキュリティ機能を提供しますが、データやハードウェアの完璧な保護を保証していません。本機能を利用したことによるいかなる障害、損害についても、当社はいっさいその責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

●TCG(Trusted Computing Group)準拠。

セキュリティチップは、業界団体であるTCG(Trusted Computing Group)で定義された仕様(Ver 1.2)に準拠しております。

【HDDパスワード*】

内蔵HDDにロックをかけ、HDDのデータを保護。第三者による情報漏えいや改ざんを防止します。

*SSD搭載モデルでは、SSDをHDDとして認識します。

PCを起動させるとき

PCの持ち主以外には起動できないように、個人認証によるセキュリティが不可欠です。

【BIOSパスワード・HDDパスワード*・ログインパスワード】 トリプルパスワードによる個人認証でPCを不正アクセスから守ります。

PCの起動時、HDDへのアクセス時、起動したWindows® へのログイン時のそれぞれにパスワードを設定。第三者がPCに不正アクセスするのを未然に防ぎます。しかも、BIOSパスワード、HDDパスワードでは最大50文字の英数字と記号・スペースで構成されているパスフレーズに対応。セキュリティ強度をさらに向上させます。

*SSD搭載モデルでは、SSDをHDDとして認識します。

PCの起動時【BIOSパスワード】
BIOSパスワード画面イメージ

ユーザー本人以外はPCが起動できない
パスワードをBIOSレベルで設定します。
OSを入れ替えてもBIOSパスワードは維持されます。

ログインパスワード画面イメージHDDアクセス時【HDDパスワード*】

内蔵HDDにロックをかけ、HDDのデータを保護。
第三者による情報漏えいや改ざんを防止します。

*SSD搭載モデルでは、SSDをHDDとして認識します。

Windows(R)起動時【ログインパスワード】

起動したWindows® システムへの
ログイン時に必要となるパスワードです。


他人によるPCユーザー本人のなりすましを防ぐには、より高度な生体認証技術を活用する必要があります。

【指紋センサー】 [R631][R731]

指紋センサーイメージパスワード盗難による不正アクセスや、パスワード忘却などのリスクを軽減する、利便性に優れたセキュリティ機能を実現。
※この機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。
別途パスワード入力が必要となります。

PCを使用しているとき

重大なパスワード流出を防ぐには、高度な生体認証技術や物理的な認証手段の併用が効果的です。

【指紋センサー】[R631][R731]パスワード盗難や忘却のリスクを軽減する、簡単・便利なセキュリティ機能。

指紋センサーイメージパスワード盗難による不正アクセスや、パスワード忘却などのリスクを軽減する、利便性に優れたセキュリティ機能を実現。パームレストに搭載されたセンサーで指紋認証を1回行うだけで、BIOSパスワード、HDDパスワード、Windows® ログオンパスワードの認証をまとめて済ませることができます。
※この機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。
別途パスワード入力が必要となります。

●Windows(R) ログオン認証。

登録した指紋でアカウントユーザーを判別しログインします。

●スタンバイ/スリープからの復帰時、スクリーンセーバー解除。

スタンバイ/スリープの復帰時などにパスワード入力を指紋認証により代行できます。

●ファイルやフォルダの暗号化/復号化。

ファイルやフォルダをHDD上の暗号化された専用フォルダ内に保存すると、それらが自動的に暗号化されます。フォルダを開く際には指紋認証が必要となります。
※暗号化フォルダをご使用いただくにはセットアップが必要となります。 
※Windows® 7では、任意のファイルやフォルダを指定して、暗号化できます。


離席中には画面表示を見られないように、隠す必要があります。

【インスタントセキュリティ】画面表示をロックして画面の盗み見を防止します。

FN キーとF1 キーで瞬時に画面表示をロックできるので、作業途中で離席するときも安心。ログインパスワードで解除できます。

【ログインパスワード】

起動したWindows® システムへのログイン時に必要となるパスワードです。


PCトラブルの原因となるウイルス侵入を監視、検知、駆除する必要があります。

【ウイルスバスター2012 クラウド(TM) 90日版】メールやインターネット経由でのウイルス侵入を監視、検知、駆除。

メールの添付ファイルやWebを通じて感染を広げるコンピューターウイルス。その手口は、パスワード盗聴、不正アクセスプログラムのインストールなど悪質化しています。アンチウイルスソフトは、最新のウイルス定義ファイルを用いて、こうしたリスクを低減させます。

※B371は「ウイルスバスター2011 クラウドTM 90日版」を搭載しています。


PCデータの不正コピーを防ぐには、デバイス接続の制限、データの暗号化などが必要です。

【東芝デバイスアクセスコントロール】

※B371を除く。

インターフェースやデバイスの使用を制限し、トラブル発生を回避。

PCカードをはじめとする各種インターフェースやデバイスの使用をBIOSとユーティリティで管理します。周辺機器接続やPCカードスロットなどの使用を制限(管理者が許可したものを除く)し、情報流出や不正プログラムインストールなどのトラブル発生を未然に回避します。例えば、光学ドライブへの書き込みを禁止したり、USB接続のマウス使用は許可、USBメモリの接続は禁止という設定も可能です。さらに、USBメモリごとに有効/無効の設定ができます。

※スーパーバイザーパスワードの設定が必要です。 ※モデルによっては機能が異なります。

東芝デバイスアクセスコントロール

●使用制限できるデバイス(例)

USBデバイス ブリッジメディアスロット
eSATAデバイス ワイヤレスWAN
光学ドライブ 無線LAN
PCカードスロット 有線LAN
ExpressCardスロット  

※モデルによって制限できるデバイスは異なります。

PCを廃棄するとき

データを完全に消去し誰も復元できないようにするには専用のソフトウェアが必要です。

【ハードディスクデータ消去機能】HDDの全データを上書き消去。PCの廃棄や譲渡の際も安心。

PCでファイル削除やリカバリー操作を行うと、HDDのデータが消去されたように見えますが、実は管理データが消去されただけで実際のデータは残っています。市販のデータ復旧ソフトなどを実行すると、こうしたデータを復元して読み取ることが可能です。東芝では全機種で、米国国防総省方式(DoD 5220.22-M)によるハードディスクデータ消去機能(リカバリーメニュー)を提供しています。この方式では、固定値2回、乱数1回の計3回データを上書きすることにより元のデータを塗りつぶし、HDDからのデータ復元を困難にします。

※SSD搭載モデルでは、SSDをHDDとして認識します。
※ご使用になったノートPCを廃棄・譲渡する際には、お客様の責任でハードディスクに記録された全データを標準搭載の 「ハードディスクデータ消去機能」を利用して消去することを強くおすすめします。 詳細はdynabook.com(http://dynabook.com/pc/eco/haiki.htm)「パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ消去に関するご注意」をご覧ください。

【東芝セキュリティアシスト】

※B371を除く。

セキュリティ機能の状態を診断し、設定をサポート。

お使いのPCに用意されているセキュリティ機能および設定の状態をすばやく診断し、結果を一覧表示。その情報を確認しながら、簡単に設定が行えます。

画面イメージ
[SmartDE]

※本製品をご使用になる場合は、ライセンス+年間利用権のご購入が必要となります。詳細に関しましては当社営業担当までお問い合わせください。

PCの盗難、紛失による情報流出、第三者の不正アクセスなどを防止。

SmartDE(スマートデーイー)は、 従来からあるファイル単位の暗号化ソフトウェアとは異なり、HDDのすべての領域を暗号化することができるソフトウェアです。 また、Windows®起動前の認証要求やファイル/フォルダ単位の暗号化、データ書き込みのポリシー制御など、セキュリティ機能も提供。PCの盗難、紛失や、 第三者の不正アクセスなどのリスクから、企業の機密情報や個人情報を守ります。

●HDDの全領域の暗号化によって、情報漏えいを防止。
システム領域、プログラムファイルも暗号化。

システム領域やプログラムファイルを含むHDD全領域をセクタ単位で暗号化できます。

HDD抜き取りに対応。

HDDの全領域を暗号化することにより、万が一、PCからHDDを抜き取られた場合でも、第三者がデータにアクセスするのを防止できます。

次回起動時に暗号化を継続。

暗号化の途中でWindows®を終了しても次回Windows®起動時に継続して暗号化されます。

暗号化途中でも他のソフトの利用が可能。

ハードディスクを暗号化しながら他ソフトの利用が可能です。

ファイル単位の暗号化ソフトウェア→HDD全領域の暗号化=SmartDE●Windows(R)起動前の個人認証機能による、PCの不正使用の防止。
●ファイル/フォルダ単位の暗号化による、データ漏えいの防止。 ●USB接続のリムーバブルメディアの暗号化*により、情報漏えいを防止。

*暗号化できるUSB接続のリムーバブルメディアは、フラッシュメモリ、ハードディスクです。

※本ソフトウェアは外国為替および外国貿易法によるリスト規制品ですので、輸出または海外への提供が規制されています。

詳しくは別窓で開きますhttp://www.toshiba-tie.co.jp/solution/smartde/index.html をご覧ください。

※ 当社従来機種に比してそれぞれの耐性を向上したもので、これらの機能強化により、HDDの破損、データの破壊・消失などの防止を保証するものではありません。

  R631/E R731/E R741/E R751/E B651/E B551/E B451/E B371/C
東芝セキュリティアシスト -
TPMセキュリティチップ -
セキュリティロック・スロット
インスタントセキュリティ
BIOS・HDD・
ログインパスワード
指紋センサー - - - - - -
ウイルスバスター2012
クラウドTM 90日版
-
ウイルスバスター2011
クラウドTM 90日版
- - - - - - -
東芝デバイスアクセス
コントロール
-
ハードディスクデータ消去機能

*「インテル® Core™ i5-2557M プロセッサー」を選択した場合のみ。

スペシャルコンテンツ dynabookのこだわり
  • 「いつでもどこでも、安心・安全」をめざして。
  • ユーザビリティ
  • 環境調和
  • 設計品質・堅牢性
  • セキュリティ
  • サポート
  • Windows(R) 7
  • 閉じる

別窓で開きますをクリックすると別ウインドウが開きます。