ノートPCが、環境に貢献できること
東芝ノートPCにできるエコ

東芝は、世界で初めてノートPCを開発して以来、ノートPCの一生を通じた環境負荷の低減に、積極的に取り組んでいます。

その取り組みと、東芝ノートPC製品のエコについてご紹介します。

ご存知ですか?デスクトップPCからノートPCに替えることで、CO2の削減になることを。

地球環境問題への関心の高まりとともに、私たちの周囲でも一段と身近になったエコライフ。電気をこまめに消灯したり、エコバッグで買い物をしたり、皆さまそれぞれが身近なエコに取り組まれているのではないでしょうか?

実は、皆さまが毎日のようにお使いになっているPCでも、行えるエコがあります。
例えば、今お使いのPCやこれからご購入をお考えのPCを、デスクトップPCからノートPCに替えるということも、地球環境に対する一つの貢献です。
PCの一生を考えると、ノートPCはデスクトップPCに比べて、CO2排出量が半減します。
これは、1日あたり約80g、1年間では、約30kgものCO2が削減できるからなのです。※

地球と、私たちの未来のために、ノートPCを。
まずは、この一歩から始めてみませんか?

ライフサイクルで発生するCO2

  • ※杉の木1本が1年間に吸収するCO2を14kgとして計算。
  • ※CO2削減量は、製品の製造から廃棄段階までの生涯排出量で比較するため、LCA評価手法に基づく当社測定法より算出しています。LCA算出時の使用条件<家庭での使用条件>は、省エネルギーセンターの使用条件に基づき、1週間で15時間使用(動作状態10時間、待機状態5時間)。1年を52週として算出。PC利用は5年間として算出しています。
  • ※CO2排出量は、一般的に最も利用されているタイプのノートPC(15型程度の液晶/CeleronタイプのCPU)と、基本的なスペックが同等のLCD付きデスクトップPCとを比較しています。

ライフスタイルの見直しによるCO2排出量の削減例[1人/1日]

デスクトップPCからノートPCに替えることで、「1人、1日、1kg CO2削減運動」で推奨している「風呂の残り湯を洗濯に使いまわすこと」、「テレビなどのコンセントをこまめに抜くこと」さらには、「シャワーを1日1分減らすこと」などの削減行動よりも、効果があります。

インテルR CoreTM プロセッサー搭載。Intel InsideR 圧倒的なパフォーマンスを今すぐお近くの販売店または東芝ダイレクトへ
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

上に戻る