グリーン調達の取り組み

東芝クライアントソリューション株式会社では、環境に配慮した製品づくりの一環として、サプライヤーの皆様にご理解とご協力をいただいて、環境負荷がより小さい製品・部品・材料・原料等を調達する「グリーン調達」を推進しています。


環境に配慮した部品等の調達

特定の化学物質を含まない製品づくりのためには、サプライチェーン全体で取り組むことが必要です。
特に、EUのREACH*1規則では製品に含まれる化学物質の情報収集と情報伝達が義務づけられるなど、サプライチェーンを通じて含有化学物質情報を適正に管理することが求められています。
当社では、「グリーン調達ガイドライン」を策定し、この基準を満たすサプライヤーから部品等を調達しています。また、サプライヤーから部品等に関する化学物質情報を提供してもらうことで、RoHS*2指令等に適合していることを確認するとともに、自社内でも、より細かいレベルに分けて分析を実施しています。分析結果はデータベースに蓄積して、品質管理や新規部品採用の判断に役立てています。
さらに、サプライヤーや自社を対象にグリーン監査を実施して、適正な管理状況であることを定期的に確認しています。

  • *1 REACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals):EUの化学物質の登録、評価、認可および制限に関する規則
  • *2 RoHS( the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment ):EUの電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令

製品含有化学物質の管理

当社が定める環境関連物質

EUのRoHS指令を始めとした化学物質の規制に対応するため、当社では、地球環境全般に環境影響を及ぼすおそれのある物質を環境関連物質と定義し、製品への含有禁止や削減・代替化およびその用途等を明確にした「環境関連物質管理基準」 を定めています。この管理基準に基づいた「グリーン調達ガイドライン」を社外に公表し、サプライヤーの皆様にご理解とご協力をいただくことで、「グリーン調達」を推進しています。

上に戻る