環境アクションプラン

第5次環境アクションプラン

東芝グループは、2050年のあるべき姿に向けて、「環境アクションプラン」を策定し、具体的な環境活動項目と、その目標値を管理しています。これを受けて、東芝クライアントソリューション株式会社では、次のような「第5次環境アクションプラン」を掲げて推進しています。

東芝クライアントソリューション株式会社での第5次環境アクションプラン2015年度計画

東芝クライアントソリューション株式会社での第5次環境アクションプラン2015年度計画
項目 指標 2015年度
目標
Green of Product エクセレントECPの売上高比率拡大 67.65%
地球温暖化防止 エコプロダクツによるCO2排出抑制量※2の拡大 50,349
t-CO2
資源有効活用 製品の省資源化率拡大 44.23%
Green of Process 地球温暖化防止 温室効果ガス総排出量の抑制 26,403
t-CO2
資源有効活用 廃棄物量の抑制※3 1,623.4t
最終処分率の削減※4 0.06%
化学物質管理 化学物質総排出量の抑制 3.26 t

東芝クライアントソリューション株式会社での第5次環境アクションプラン2014年度実績

東芝クライアントソリューション株式会社での第5次環境アクションプラン2014年度実績
項目 指標 2014年度
目標 実績 評価
※1
Green of Product エクセレントECPの売上高比率拡大 30.00% 67.28%
地球温暖化防止 エコプロダクツによるCO2排出抑制量※2の拡大 24,805
t-CO2
49,565
t-CO2
資源有効活用 製品の省資源化率拡大 27.70% 30.54%
Green of Process 地球温暖化防止 温室効果ガス総排出量の抑制 30,586
t-CO2
23,978
t-CO2
資源有効活用 廃棄物量の抑制※3 2,284.2 t 1,623.1t
最終処分率の削減※4 0.08% 0.06%
化学物質管理 化学物質総排出量の抑制 3.59 t 3.46 t

※1 評価:目標達成○、目標未達●
※2 代替想定製品のCO2排出量−出荷製品のCO2排出量(使用段階の1年分の排出量を比較し、製品寿命の半分を累計)
※3 廃棄物総発生量から有価値物を除いたもの
※4 廃棄物総発生量に対する各種処理後の埋立処分量の比率

上に戻る