東芝PCは、グリーン購入を積極的に推進します。

2001年4月よりグリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)が全面施行されました。
「グリーン購入」とは、製品やサービスを購入する際、購入の必要性を十分に考慮し、価格や品質、利便性、デザインだけでなく環境のことを考え、環境への負荷ができるだけ小さいものを優先して購入することです。

●グリーン購入法とは

グリーン購入法は国や地方自治体に対し、グリーン商品の購入、購入努力を義務付けるもので、商品ごとに判断基準・配慮項目を定めています。
判断基準と配慮事項の詳細については、グリーン購入法.netの基本方針別ウインドウが開きます。を参照ください。

●東芝PCのグリーン購入法対応について
東芝PCは、グリーン購入法に対応した製品を積極的に開発・提供しています。
また、グリーン購入ネットワークに参加し、グリーン購入を促進するとともに、商品選択のためのデータベースへの情報登録など、積極的にグリーン購入への情報提供をしていきます。
なお、環境に配慮した東芝PCは環境対応製品検索別ウインドウが開きます。から検索できます。
●グリーン購入ネットワーク(GPN)とは
グリーン購入法の理念のもとで環境への負荷が少ない製品やサービスの優先的な購入を進める消費者、企業、行政の全国ネットワークです。
≫グリーン購入ガイドラインとは
グリーン購入の基本原則にもとづいて、グリーン購入ネットワークが商品分野ごとの購入指針を策定したものです。策定には、会員のメーカー企業、購入側企業、消費者団体、環境NGO、自治体などが参加しています。
≫エコ商品ねっととは
購入ガイドラインにそって商品を環境面から比較検討できるようにまとめられた情報データベースで、インターネットを通じて公開されています。

上に戻る