• 製品の取り組み
  • エクセレントECP

環境ラベル

エナジースタープログラム(ENERGY STAR)

ENERGY STAR

【エナジースタープログラム(ENERGY STAR)とは】

米国の環境保護庁とエネルギー省が1992年に作成した省エネルギー製品のための認証プログラムです。現在は米国以外にもオーストラリア、カナダ、日本、欧州連合などが参加する国際的な認証プログラムとなっています。対象製品は、コンピューターやテレビなどのOA機器や家電製品等です。

東芝のPCは、世界各国/各地域に向けた全製品の全構成で、最新のエナジースタープログラム基準に適合*1しています。

*1 2009年以降の新規開発製品で、OS無しモデルなどの特別な製品を除く。

EPEAT

EPEAT

【EPEATとは】

米国Green Electronics Councilが運営している製品環境の総合的なラベリング制度で、Electronic Product Environmental Assessment Toolが正式名称です。製品設計からリサイクルシステムまで、広範囲な多くの評価項目から構成されています。必須項目すべてが適合する場合にEPEAT 適合となります。EPEAT適合製品は、そのオプション項目の適合項目数に応じ、得点の高い順にGOLD、SILVER、BRONZE評価に分類されます。

東芝のPCは、米国販売の全製品で、環境に優れた製品に付与されるEPEATの最高ランクのGOLDを取得*1しています。 このほかにも、世界各国/各地域の環境ラベルにも適合しています。

*1 2009年以降の新規開発製品で、OS無しモデルなどの特別な製品を除く。

J-Mossグリーンマーク

J-MOSSグリーンマーク

【J-Mossグリーンマークとは】

特定の化学物質*1の含有率が基準値以下であることを表すマークです。

当社は、特定の化学物質*1の含有率が基準値以下のPCについて、J-Mossマークによる情報開示を行っています。

*1 特定の化学物質:鉛、水銀、六価クロム、カドミウム、および2種類の難燃剤(PBB、PBDE)の6種類

除外項目

現在の技術では特定の化学物質の代替化が困難であり、含有されることが明白である用途については、含有マークの除外項目と規定されています(JIS C 0950)。当社では、製品の主な構成部品(大枠分類)ごとに、JISに基づく情報開示を行っています。

東芝PC製品ページへ

上に戻る