• 製品の取り組み
  • エクセレントECP

使用済み製品リサイクル

使用済みPCのリサイクル

製品ライフサイクルの最終段階である使用済み製品における資源有効活用・適正処理のために、製品リサイクルシステムは最も重要な事項です。世界各地域でPCの製品リサイクルシステム構築を進めています。

PCリサイクル基本方針

事業プロセスおよび製品における環境負荷を低減して地球との共生を図るため、当社PCを販売しているすべての地域でリサイクルプログラムを提供していきます。本リサイクルプログラムは、当社がビジネスを行う世界の各地域で、法規制に則り、また自主的スキームにより展開しています。
また、現在、販売を広げつつある地域にも、リサイクルプログラムを拡大することを計画しており、そのために、各地域の社会基盤、リサイクル施設、法規制等について調査を進めています。


各地域のPCリサイクルシステム構築状況

当社は、世界の各地域でリサイクルシステムの構築、回収・リサイクルを進めています。

(更新:2013年7月)

アジア

  • 日本日本

    2001年4月に施行された資源有効利用促進法に従い、事業系ユーザーからの使用済みPCを回収し、リサイクルしています。また、この法律の改定に伴い、2003年3月から、個人・家庭からの使用済みPCについても、収集・リサイクルを進めています。新しい個人・家庭向けPCは、2003年8月以降、PCリサイクルマークをつけて販売されています。それによりユーザーは、PCを無料で収集・リサイクルできるようになりました。



北米

  • アメリカアメリカ

    当社は、東芝製・他社製を問わず使用済みPCを引き取り、東芝製PCにアップグレードする“東芝トレードインプログラム”を展開しています。
    本プログラムにより回収された製品は、当社が責任を持ってリサイクルしています。
    また、2006年12月からは、全ての使用済み東芝製PCの無料引き取りを始めました。
    また、MRM 別ウィンドウで開くによる法的・自主的リサイクルスキームにより、回収量の拡大を図っています。



欧州

  • EU諸国EU諸国

    当社は、EUの各地域で、地方自治体等の回収ポイントを通して、当社の使用済みPCを無料で回収しています。
    各々の個別の収集方法については、各地方自治体等によって異なり、回収ポイントの場所や営業時間などの情報については、各地方自治体等の案内やWEBサイトで知ることができます。また、お客様は、新しいPCを購入した店舗を通した使用済みPCの引き取りサービスを受けることもできます。



東芝PC製品ページへ

上に戻る