東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
個人・家庭向け情報企業向け情報サポート情報Room 東芝 サイトマップ
ダウンロード: モジュール情報 前画面へ戻る

dynabook AX/745LS、 TX/7、 Satellite AW4シリーズ゙ BIOSのアップデート

更新日: 2007.04.11
対応機種:
対象OS: Windows(R)XP
カテゴリ: BIOS
バージョン: 2.00
ファイルサイズ: bios200.exe ( 約1.37MB )
※対応機種を必ずご確認ください。


 
内容

主な改善点は次の通りです。

■Ver 2.00  (2007.04.11)

  • ごく稀にバッテリパックの充電ができなくなる場合があることが判明しました。
    この現象の発生を回避するための措置として、下記ご案内にしたがってBIOSをダウンロードし、必ずアップデートしていただきますようお願い申し上げます。
     

■Ver 1.70  (2006.10.20)

  • 電源を入れた後、内蔵の液晶ディスプレイが正常に表示できない場合がある現象を改善しました。
     

■Ver 1.60  (2006.07.14)

  • 「東芝省電力ユーティリティ」で設定した「休止状態」に移行し本体からACケーブルを抜いた場合、 一部回路への電源供給カットが正常に行われず、バッテリの休止状態保持時間が短くなる場合がある現象を改善しました。
     

■Ver 1.40  (2006.03.08)

  • [Ctrl] + [V] + [C]キーを押すと、BeatJam又はWindows Media playerが起動してしまう現象を改善しました。
     

■Ver 1.30  (2006.01.19)

  • バッテリが完全に放電した状態で、本体にACアダプタを接続してもバッテリを充電できない場合がある現象を改善しました。
    (バッテリの残量が0%でない場合は、問題ありません。 また、本状態になった場合にも、ACアダプタとACケーブルを接続することでご使用いただけます。 バッテリ残量は「東芝省電力ユーティリティ」でご確認いただけます。)

 

ダウンロードモジュール

■モジュールのダウンロードと解凍

  1. 下記にあるモジュール(ファイル)をクリックします。
    対応機種以外にはご使用になれませんのでくれぐれもご注意ください。

  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。

  3. モジュールをハードディスクの任意の場所に保存します。(例:デスクトップの上)

対象機種

対象OS

モジュール

バージョン
  

dynabook AX/745LS (PAAX745LS)
dynabook TX/745LS (PATX745LS)
dynabook TX/750LSB (PATX750LSB)
dynabook TX/760LS (PATX760LS)
dynabook TX/760LSJ (PATX760LSJ)
dynabook TX/760LSK (PATX760LSK)
dynabook TX/762LSJ (PATX762LSJ)
dynabook TX/767LSKO (PATX767LSKO)
dynabook TX/770LS (PATX770LS)
dynabook TX/770LSBI (PATX770LSBI)
dynabook Satellite AW4 (PSAW41JLWBS3K)
dynabook Satellite AW4 (PSAW41JLWBS3L)
dynabook Satellite AW4 (PSAW41JLWPS3K)
dynabook Satellite AW4 (PSAW41JLWPS3L)
dynabook Satellite AW4 (PSAW41MCWBS3K)
dynabook Satellite AW4 (PSAW41MCWBS3L)
dynabook Satellite AW4 (PSAW41MCWPS3K)
dynabook Satellite AW4 (PSAW41MCWPS3L)

Windows XP bios200.exe
( 約1.37MB )
2.00 ( 2007.04.11現在 )
 

 

注意事項
  • 必ずACアダプタとACケーブルを接続してください。
  • 実行中の全てのアプリケーションを終了させてから行ってください。
  • 不要な周辺機器は取り外した状態で行ってください。
  • アップデートは管理者権限のユーザでログオンして行ってください。
  • アップデート実行中にプログラムを強制終了しないでください。
  • インストール作業終了後、ダウンロードしたファイルならびに作成したフォルダは、削除しても問題ありません。

この情報は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。
 

 

アップデート手順

※対応機種以外にはご使用になれませんので、くれぐれもお間違えないようご注意ください。

■アップデート

  1. 保存したモジュール(bios200.exe)を実行します。
    (ご使用環境により拡張子.exeは表示されない場合があります。)
  2. 「Do you want to update BIOS?」の画面が表示されましたら、[Yes]ボタンをクリックします。
    既にBIOSが更新されている場合、「You do not need to update BIOS.」のメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックしてプログラムを終了してください。
  3. 確認メッセージ画面が表示されます。
    全てのアプリケーションを終了していること、ACアダプタとACケーブルが接続されていることを確認して、[OK]ボタンをクリックしてください。
  4. BIOSアップデートが始まります。アップデート中はキーボードやタッチパッドに触れないでお待ちください。
  5. アップデート終了後、自動的に電源が切れます。

 

■BIOSのバージョン確認方法

  1. [スタート]ボタン→[すべてのプログラム(P)]→[TOSHIBA]→[ユーティリティ]→[PC診断ツール]の順にクリックします。
  2. [基本情報]タブにある「BIOSバージョン」でバージョンを確認します。「2.00」となっていれば正しくアップデートが完了しています。
  3. 確認後は、[閉じる]ボタンをクリックして「PC診断ツール」を終了してください。
本画面の最上部へ戻る

dynabook.com dynabook.comトップページ
(C) Dynabook Inc.