東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
個人・家庭向け情報企業向け情報サポート情報Room 東芝 サイトマップ

ダウンロード: モジュール情報 前画面へ戻る

dynabook Qosmio F20/4、 F20/5、G20/4、 G20/5シリーズ
「Qosmio AV Center」のアップデート

更新日: 2007.4.19
対応機種:
対象OS: Windows(R)XP
カテゴリ: ソフトウェア
バージョン: 2.3.3.0
ファイルサイズ: 約33.0MB
※対応機種を必ずご確認ください。


内容

■Ver 2.3.3.0  (2007.4.19)

  • Qosmio AV Center Ver 1.x.xからのアップグレード版です。
    各種操作性を向上しました。
    使用方法はヘルプをご参照ください。

■Ver 1.01.05  (2006.07.14)

  1. Qosmio AV Centerで録画予約した番組を削除してシャットダウンしても、設定時刻に起動してしまう場合がある現象を改善しました。
  2. Qosmio AV Centerで録画または録画準備中にシャットダウンを行うと、PCの操作パネルの機能が使用できない場合がある現象を改善しました。
  3. メール予約の取得に失敗する場合がある現象を改善しました。
  4. プロキシの例外を設定した時に正しく動作しない(iNETの番組表が取得できない)場合がある現象を改善しました。
     

■Ver 1.01.03  (2006.02.06)

  • Qosmio AV Centerにて、翌日以降の録画予約を行ってPCの電源を落としておくと、予約登録を行った当日の予約時間にPCが起動してしまう現象を改善しました。
     

■Ver 1.01  (2005.10.05)

  • Qosmio AV Center起動時の省電力動作を変更しました。
    これにより、Qosmio AV Centerが起動中(ただし録画中もしくは録画準備中を除く)にスタンバイや休止状態を実行した場合、Qosmio AV Centerが自動的に終了して移行できるようになります。
  • 録画中のタイトルを「見るナビ」で再生すると、カウンタが00:00:00/00:00:00と表示され、タイムスライダーバーで再生場所を変更できない場合がある現象を改善しました。
  • リモコンでアプリケーションを操作中に、別のウインドウにフォーカスが移動してしまう場合がある現象を改善しました。
  • Intervideo Win DVD CreatorのデバイスにTV tunerを選択して録画中にQosmio AV Centerを起動すると、Intervideo Win DVD Creatorで録画中のTVチャンネルが変更される場合がある現象を改善しました。
  • 繰り返し録画で失敗すると、その後の繰り返し録画が開始されない場合がある現象を改善しました。
     


 
ダウンロードモジュール

■モジュールのダウンロード

  1. 下記にあるモジュール(ファイル)をクリックします。
    対応機種以外にはご使用になれませんのでくれぐれもご注意ください。
  2. 使用許諾契約の画面では、[同意する]をクリックします。
  3. モジュールをハードディスクの任意の場所(例:デスクトップ上)に保存します。

対象機種

対象OS
バージョン

モジュール

  

dynabook Qosmio F20/470LS (PQF20470LS)
dynabook Qosmio F20/473LS (PQF20473LS)
dynabook Qosmio F20/475LS (PQF20475LS)
dynabook Qosmio F20/480LSE (PQF20480LSE)
dynabook Qosmio F20/483LSE (PQF20483LSE)
dynabook Qosmio F20/485LSE (PQF20485LSE)
dynabook Qosmio F20/490LS (PQF20490LS)
dynabook Qosmio F20/490LSW (PQF20490LSW)
dynabook Qosmio F20/495LS (PQF20495LS)
dynabook Qosmio F20/572LS (PQF20572LS)
dynabook Qosmio F20/573LS (PQF20573LS)
dynabook Qosmio F20/573LSK (PQF20573LSK)
dynabook Qosmio F20/574LSJ (PQF20574LSJ)
dynabook Qosmio F20/574LST (PQF20574LST)
dynabook Qosmio F20/575LS (PQF20575LS)
dynabook Qosmio F20/575LSBB (PQF20575LSBB)
dynabook Qosmio F20/590LS (PQF20590LS)
dynabook Qosmio G20/490LS (PQG20490LS)
dynabook Qosmio G20/495LS (PQG20495LS)
dynabook Qosmio G20/590LS (PQG20590LS)

Windows
XP
2.3.3.0 Qacv2Upgrade.exe
( 約33.0MB )
(2007.4.19現在)
最新東芝コントロールはこちらからダウンロードしてください。
最新TOSHIBA Remote Control Managerはこちらからダウンロードしてください。
最新版TOSHIBA Controls(V3.26.2606以上)へのアップデート後に、
TOSHIBA Remote Control Managerのインストールを行ってください。
 

 

注意事項
  • アップデートには、Qosmio AV Center V1.x.xがインストールされていることが必要です。
  • 必ずACアダプタと電源コードを接続してから行ってください。
  • コンピュータの管理者権限のユーザでログインして行ってください。
  • すべてのアプリケーションを終了させ、不要な周辺機器は取り外した状態で行ってください。
  • アップデート実行中にプログラムを強制終了しないでください。
  • インストール作業終了後、ダウンロードしたファイルならびに作成したフォルダは、削除しても問題ありません。
  • Norton Internet Securityなどのファイアウォールソフトウェアをご使用になっている場合は、アップデート後に再度設定を行ってください。
  • アップデート実行後に、古いバージョンのQosmio AV Centerを上書きインストールすると、Qosmio AV Centerが起動できなくなります。その場合は再度アップデートを実行するか、プログラムの追加と削除からQosmio AV Centerをアンインストールしてから再インストールしてください。
  • アップデートに失敗した場合は、コンピュータを再起動してから、再度アップデートを実行してください。

この情報は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。


 

アップデート手順

※対応機種以外にはご使用になれませんので、くれぐれもお間違えないようご注意ください。

 

■Qosmio AV Centerのアップデート

  1. 保存したモジュール(Qacv2Upgrade.exe)を実行します。
    (使用環境により拡張子.exeは表示されません。)
  2. 「Qosmio AV Centerのアップデートプログラムへようこそ」画面が表示されます。[次へ(N)]ボタンをクリックします。
  3. アップデート終了後、Readmed.txtが表示されます。お読みになりましたら、画面右上にある[×]をクリックしてReadmed.txtを終了します。
  4. 「メンテナンスの完了」画面が表示されます。
    再起動するかどうかの選択が表示された場合は、「はい、今すぐコンピュータを再起動します。」を選択して[完了]ボタンをクリックします。 自動的に再起動します。
    再起動するかどうかの選択が表示されない場合は、そのまま[完了]ボタンをクリックして画面を終了します。


     

■バージョン確認方法

  1. Qosmio AV Centerを起動します。
  2. 画面右下に「V2.3.3.0」と記載されていることを確認してください。

 

■東芝コントロールのアップデート

  • 最新版東芝コントロール(V3.26.2606以上)のアップデート手順はこちらをご覧ください。

 

■TOSHIBA Remote Control Managerのアップデート

  • 最新TOSHIBA Controls(V3.26.2606以上)へアップデート後に、
    TOSHIBA Remote Control Manager(V1.1.1.7以上)のインストールを行ってください。
    最新版TOSHIBA Remote Control Managerのインストール手順はこちらをご覧ください。

 


 

 

本画面の最上部へ戻る

dynabook.com dynabook.comトップページ
(C) Dynabook Inc.