dynabook.comトップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
dynabook.comトップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ) > Q&A

情報番号:003206

 【更新日:2004.10.19】
Q

ネットワークデバイスごとにファイアウォールの有効/無効を設定する方法<Windows(R)XP SP2>

対応機種
対象OS Windows(R)XP, Windows(R)XP TabletPC Edition, Windows(R)XP Media Center Edition 2004
カテゴリ ネットワーク,セキュリティ情報,予防/対策,
A

回答・対処方法

はじめに

Windows XP Service Pack 2が適用された環境でネットワークデバイスごとにファイアウォールの有効/無効を設定する方法について説明します。
以下の手順で設定を行なってください。

※Windows XPのサービスパックのバージョンを確認する方法については、[001814:Windows(R)のサービスパックのバージョンを確認する方法<Windows(R)XP>]を参照してください。

【注意】
ファイアウォールを無効にすることで、そのデバイスは無防備になります。サードパーティ製(市販のアプリケーションソフトなど)のファイアウォールアプリケーションを導入している場合を除いて、チェックをはずすことをお奨めしません。
仮に空けたいポートがある場合には、下記の情報を参照してサービスの追加を行なってください。

[003207:ファイアウォールの有効な環境でオンラインゲームなどが使う通信ポートを許可させたい<Windows(R)XP SP2>]

操作手順

  1. [スタート]ボタン→[コントロールパネル(C)]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されましたら、”作業する分野を選びます”から[セキュリティセンター]をクリックします。
  3. 「Windowsセキュリティセンター」画面が表示されましたら、”セキュリティの設定の管理”項目より[Windowsファイアウォール]をクリックします。
    (図1)
     
  4. 「Windowsファイアウォール」画面が表示されます。
    「全般」タブの[◎ 有効(推奨)(O)]にチェックが付いていることを確認します。
    (図2)
     
  5. 「詳細設定」タブをクリックします。
    ”ネットワーク接続の設定”項目内の各デバイスの一覧からファイアウォールを無効にしたいデバイスのチェックをはずします。
    ※ここでは例として[□ ローカルエリア接続]のチェックをはずしてファイアウォールを無効にします。
    (図3)
     
  6. 設定が終わりましたら、[OK]ボタンをクリックします。
  7. 「Windowsセキュリティセンター」画面に戻りましたら、右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

以上で終了です。

<関連情報>
[003205:ファイアウォールの設定について<Windows(R)XP SP2>]
[003208:ファイアウォールを有効にしたままファイル共有をしたい<Windows(R)XP SP2>]

以上

「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
個人情報保護方針サイトのご利用条件 (C) Dynabook Inc.