dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Microsoft(R)Office IME 2007」「単語の登録」複数の単語を連続して登録する方法<Windows Vista(R)> 【動画手順付き】

情報番号:006639  【更新日:2009.11.25

「Microsoft(R)Office IME 2007」「単語の登録」複数の単語を連続して登録する方法<Windows Vista(R)> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows Vista(R)
カテゴリ 文字入力,文字入力の便利な使いかた

回答・対処方法

はじめに

「Microsoft Office IME 2007」の「単語の登録」を使用して単語を登録すると、長い語句や変換しにくい語句などを、簡単な読みで入力しやすくすることができます。
ここでは、複数の単語を連続して登録する方法について説明します。

※本手順は、「Microsoft Office IME 2007」についての操作手順です。バージョンを確認する方法については、[006374:「Microsoft(R) IME」バージョンを確認する方法<Windows Vista(R)>]を参照してください。
Windows Vista標準の「Microsoft IME」を使用している場合は、[006620:「Microsoft(R)IME」「単語/用例の登録」複数の単語を連続して登録する方法<Windows Vista(R)>]を参照してください。

操作手順

動画で手順を確認する

  1. 言語バーの[ツール]ボタンをクリックし、表示されるメニューの[単語の登録(W)]をクリックします。
    図1(図1)

    ※言語バーがデスクトップ上に見当たらない場合は、タスクバー上に格納されている場合があります。
    詳しくは、[005801:言語バーをタスクバー内に格納する方法<Windows Vista(R)>]を参照してください。

    ※言語バーが表示されていない場合は、[006368:言語バーが表示されない<Windows Vista(R)>]を参照してください。

  2. 「単語の登録」画面が表示されます。
    ”単語(D):”欄に登録する単語を入力します。
    ※長さが60文字までの単語を登録することができます。
    図2(図2)

  3. ”よみ(R):”欄に登録する単語の読みをひらがなまたは英数字で入力します。
    図3(図3)

  4. ”ユーザーコメント(C):”欄に登録する単語に対するコメントを入力します。
    ※128文字以内で入力してください。”ユーザーコメント”は、入力しなくても結構です。
    図4(図4)

  5. ”品詞(P):”項目から登録する単語の品詞をクリックします。
    ※正しい品詞を選択すると、より高い変換精度が得られます。

    例1:人の名前を登録する場合は、[◎ 人名(E)]を選択し[◎ 名のみ(F)]を選びます。

    例2:長い単語を短い読みで入力したいときは、[◎ 短縮よみ(W)]を選びます。[◎ 短縮よみ(W)]で登録した単語は、単独で変換した場合は必ず変換結果として表示されるため、候補一覧を開く必要がありません。
    また、単独で変換した場合以外は変換結果にあらわれないため、短い読みで登録しても、通常の入力時には邪魔になりません。短縮よみ入力するための単語を[◎ 名詞(N)]などの品詞で登録すると、場合によっては思いがけない変換結果となる場合があるのでご注意ください。

    図5(図5)

  6. [登録(A)]ボタンをクリックします。
    図6(図6)

  7. 入力したデータがクリアされます。続けて手順2から手順6を繰り返して複数の単語を登録します。

    ※登録した単語を確認する方法

    a.[辞書ツール(T)]ボタンをクリックします。
    図7(図7)

    b.「Microsoft Office IME 2007 辞書ツール」画面が表示されます。「単語の一覧」タブ画面上で登録した単語を確認することができます。
    図8(図8)

    c.再び単語を登録したい場合は、メニューバーの[編集(E)]→[新規登録(A)]をクリックします。
    図9(図9)

    d.「単語の登録」画面が表示されます。手順2から手順6の作業を行ないます。

  8. 登録が完了しましたら、右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

登録作業は以上です。アプリケーション上で登録した読みを入力して変換し、正しく変換できるかご確認ください。

関連情報

以上

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • 対話形式(チャット)で質問する