dynabook.comトップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
前画面へ戻る

情報番号:007211

 【更新日:2008.03.04】
Q

「ウイルスバスター(TM)2008 Trend Flex Security(TM)」迷惑/詐欺メールの判定機能を有効/無効にする方法

対応機種
対象OS Windows Vista(R)
カテゴリ メール, ウイルス/セキュリティソフト,ウイルスバスター
A

回答・対処方法

はじめに

迷惑/詐欺メール判定機能では、受信メールに含まれる特定の用語の出現頻度や、出現箇所などを分析して迷惑/詐欺メールを判定します。迷惑/詐欺メールと判定されると、「迷惑メールフォルダ」という名前のフォルダに移動します。
ここでは、迷惑/詐欺メールの判定機能を有効または無効に設定する方法を説明します。


【注意】

  • 迷惑/詐欺メールの判定機能は、受信メール (POP3) にのみ有効です。送信メール、Webメールは判定されません。
  • 本製品に添付されている「ウイルスバスター」は90日間の使用期限があります。90日を経過するとウイルスチェック機能を含めて、すべての機能がご使用できなくなります。
    ウイルスチェックが全く行なわれない状態となりますので、かならず期限切れ前に有償の正規サービスへ登録するか、他の有効なウイルス検索ソフトを導入してください。



「ウイルスバスター」の詳細、お問い合わせ窓口については、以下のリンクをご参照ください。
お問い合わせ窓口は、ウイルスバスターサービスセンターになります。
[007204:「ウイルスバスター(TM)2008 Trend Flex Security(TM)」について]

操作手順

  1. ”通知領域”の[ウイルスバスター2008]アイコンをダブルクリックします。
    (図1)

    ※[ウイルスバスター2008]アイコンがない場合は、[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[ウイルスバスター2008]→[ウイルスバスター2008を起動]の順にクリックしてください。

  2. 「ウイルスバスター2008」画面が表示されます。画面左側の[フィッシング詐欺/迷惑メール対策]をクリックします。
    (図2)

  3. 右画面が切り替わります。
    ◆迷惑/詐欺メールの判定機能を有効にする場合
    ”迷惑/詐欺メールの判定(E)”項目の[無効]ボタンをクリックします。
    ※[有効]と表示されている場合はすでに有効に設定されています。
    (図3)

    ◆迷惑/詐欺メールの判定機能を無効にする場合
    ”迷惑/詐欺メールの判定(E)”項目の[有効]ボタンをクリックします。
    ※[無効]と表示されている場合はすでに無効に設定されています。
    (図4)

  4. 右上の[×]ボタンをクリックして「ウイルスバスター2008」画面を閉じます。

    以上で終了です。

関連情報


以上

「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
個人情報保護方針サイトのご利用条件 (C) Dynabook Inc.