• dynabook.com TOP個人・家庭向け情報
  • 企業向け情報
  • サポート情報
  • ショッピング
サイトマップ

サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > リカバリディスク作成方法<NB100>

情報番号:008747  【更新日:2009.04.07

リカバリディスク作成方法<NB100>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)XP HomeEdition
カテゴリ リカバリ,リカバリメディア作成ツール

回答・対処方法

はじめに

パソコン上でトラブルが発生し、正常な状態でお使いいただけなくなった場合や電源を入れてもシステム(Windows)が起動できなくなった場合などにシステムの復元(リカバリ)を行ないます。本モデルは、ハードディスク上にシステムを復元するための領域を持っているので、通常はハードディスクからシステムの復元(リカバリ)を行なうことができます。しかし、トラブルの状況によっては、ハードディスクからシステムが復元できなくなる場合があります。このような場合のためにリカバリディスクを作成しておくことをおすすめします。

リカバリディスク作成ツールを使用することで、「リカバリディスク」を作成することができます。
※本モデルには、ハードディスクリカバリモデルのため、リカバリディスクは添付されておりません。また、購入時の状態では、「TOSHIBA Recovery Disc Creator」はインストールされていません。

※リカバリディスクを作成するには、「TOSHIBA Recovery Disc Creator」をインストールすることとオプションの外付けCD/DVDドライブが必要です。
インストール方法については、以下のリンクをご参照ください。
[008782:「TOSHIBA Recovery Disc Creator」のインストール方法<NB100>]

以下に、それぞれのリカバリディスクを作成する方法について説明します。
※下記手順は、取扱説明書「セットアップガイド」の「1章.6リカバリディスクを作る」にも記載してあります。

用意するもの

オプションの外付けCD/DVDドライブ
サポートしている外付けCD/DVDドライブは次のとおりです。

  • DVDスーパーマルチドライブ:IPCS110A
  • CD-R/RW&DVD-ROMドライブ:IPCS111A

作成するメディアの枚数は、[TOSHIBA Recovery Disc Creator]画面の[情報]で確認できます。
使用できるメディアについては、接続する外付けCD/DVDドライブの種類によって異なります。「CD/DVDドライブに付属の取扱説明書」を確認してください。

【作業を行なう前に】

  • 他のアプリケーションソフトをすべて終了してから行なってください。
  • コンピュータの管理者アカウントでログオンしてください。


操作手順

※あらかじめCD/DVDドライブをパソコンの本体に接続しておいてください。

  1. [スタート]ボタン→[すべてのプログラム(P)]→[リカバリディスク作成ツール]をクリックします。
  2. 「TOSHIBA Recovery Disc Creator」画面が表示されます。
  3. 用意したメディアをドライブにセットします。
  4. 用意したメディアの種類を選択します。”ディスク構成”の[▼]ボタンをクリックしメディアの種類を選択します。
    図1(図1)

  5. [□ リカバリディスク]にチェックが入っていることを確認し[作成]ボタンをクリックします。
    図2(図2)

  6. ”リカバリDVD1を作成します〜”と表示されます。メディアをドライブにセットしている事を確認し[OK]ボタンをクリックします。
    図3(図3)

  7. ”現在のディスク”に作成しているディスクの進捗状況が表示されます。
    図4(図4)

  8. ”リカバリDVD1の作成が完了しました。〜”画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    ※ディスクが複数枚あるCD-RやCD-RWを使用している場合は、メッセージに従ってメディアを入れ替えて[OK]ボタンをクリックします。
    図5(図5)

以上で完了です。ドライブから作成した「リカバリディスク」を取り出してください。開いている画面を右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

作成した「リカバリディスク」は大切に保管してください。

関連情報

以上