dynabook PC<ダイナブック>

サイトマップ

dynaCloud Eye powered by LiveCamsクラウド型ネットワークカメラモニタリングサービス

サービス概要

ネットワークカメラをマルチデバイスでモニタリングし、リモート操作可能なクラウド型ネットワークカメラモニタリングサービスです。
従来の、アナログ型カメラの課題である、録画用装置が大がかり、画質の劣化、向きの調整困難、モバイルでのモニタリングなどの問題を、ネットワークカメラシステムをクラウド型にすることで解決しました。
データセンターに録画データを長期間・安全に保管・管理でき、デジタルならではの高解像度であるだけでなく、タブレット、スマートフォンなどのマルチデバイスでモニタリング、カメラの向きズームなどを自由に行うことができます。(カメラ機種に依存します。)

dynaCloud Eye powered by LiveCams利用シーン

企業の課題

セキュリティ

  • 来訪者、従業員を確認したい。
  • 河川や湾岸での危険発生の可能性を事前に察知したい。

業務効率化

  • 複数店舗での集客状況、サービス提供状況を確認したい。
  • 工場生産ラインでの機器異常時の状況をすぐ確認したい。
  • 植物の生育状態を長期間にわたり定点観測したい。

コストパフォーマンス

  • 監視カメラシステムを低コストで構築、運用したい。
  • 建物内にあるアナログカメラシステムを低コストでリプレースしたい。

主な特長

クラウド対応ネットワークカメラモニタリングサービス

  • dynaCloudの堅牢なインフラがサービスを支える、本格的企業ユースに耐える信頼性。
  • 録画データはデータセンターに保存されますので、災害に強く、セキュリティも確保されています。

いつでもどこからでもつながる安心感

  • 専用回線やサーバーは不要。インターネット回線があればPC・iOS・Androidなど様々なデバイスから接続可能。
  • 様々なデバイスでカメラの向きやズーミングが自由に行えます。

優れたコストパフォーマンス

  • 専用の設備は不要、既存のインターネット回線や、デバイスを利用で導入費用を大幅削減可能。
  • DVR機器不要で、録画データはクラウドに安全に保管されますので、特別な管理は不要です。

広がる可能性

  • 顧客サービス向上・イベントPR・工場や生産地案内・生育状況観察など様々な用途に利用可能なので、ビジネスの可能性を広げます。

画面イメージ

複数カメラ映像の画面マルチモニタリング

1画面4画面
6画面9画面

モニタリングパターンで、表示切り替え

モニタリングパターンで表示切り替えのイメージ

カメラ操作

カメラ操作のイメージ

機能一覧

機能一覧
機能名 機能内容
リアルタイム映像確認 遠隔地に設置されたネットワークカメラ映像をいつでもどこからでも確認可能
カメラコントロール パン/チルト/ズーム/プリセットをリモートコントロール可能
(カメラ機種に依存)
マルチモニタリング 複数カメラ映像の4/6/9画面マルチモニタリング可能
カメラメーカーフリー HTTP API対応ネットワークカメラであれば、対応可能
(検証済カメラMOBOTIX、CANON)
録画・再生(オプション) DVR(デジタルビデオレコーダ)不要で録画・再生・検索を実現

動作環境

対応ネットワークカメラ

Canon :
VB-C60 / VB-C60B
Mobotix :
MonoDomeD24 / D22(単眼ドーム型)
AllroundHemispheric Q22(360°ドーム型)
DayNightM12(2眼固定型)
AllroundM22(単眼固定型)
SONY :
SNC-CH120 / SNC-CH160 / SNC-EB600B / SNC-ER521
AXIS :
M1013 / M5013

コントロールデバイス

Windows/Macintosh/スマートデバイス

Windows OS :
WindowsXP/Vista/7
MacOS :
OS X 10.5以降
iOS :
iOS5以降
AndroidOS :
Android 4.0以降

ネットワーク

ネットワークカメラ側(※1拠点接続想定)

  • 光回線推奨×1
  • 固定IP×1

コントロールデバイス側

  • LTE推奨
  • Wi-Fi/3G回線

接続スキーマ

HTTP / HTTPS(カメラ対応機種依存)

録画フラグ

ON/OFF

録画品質

VGA / QVGA(ファイル形式 : JPEG)

録画間隔

1 / 10 / 60 / 600 秒

※LiveCamsサーバからカメラに対する要求リクエスト間隔。実際の録画間隔(応答時間)は、お客様ネットワーク/カメラ環境により変動する場合がございます

録画時間帯

0時0分~23時59分

録画容量目安(100GBの場合)

  • VGA画質のファイルサイズを80KBと仮定した場合→14日間
    80KB ×1秒×1コマ×3600秒(1時間)×24時間×14日≒ 100GB
  • QVGA画質のファイルサイズを20KBと仮定した場合→56日間
    20KB×1秒×1コマ×3600秒(1時間)×24時間×56日≒ 100GB

ユーザー

登録可能ユーザー :
最大20ユーザー
同時ログイン可能ユーザー :
ご契約数による
(契約数を超える同時ログイン時は、後勝ち)

カタログダウンロード

PDF製品カタログのダウンロード(1.81MB)

●dynaCloudは東芝クライアントソリューション株式会社の登録商標です。 ●LiveCamsは株式会社アイネットの名称、商標または登録商標です。 ●本ページに掲載の商品名称は、それぞれ各社が商品として使用しているものです。 ●ページの内容は断りなしに変更することがあります。

dynaCloud に関するお問い合わせ
  • Webでのお問い合わせ

ページのトップへ戻る