東芝トップページ
お問い合わせ
dynabook.comへ
AVノートPC Qosmioシリーズ <サービス&サポート>
製品トップページ ラインアップ F30おすすめポイント G30おすすめポイント カンタンTV機能 東芝ノートPC <ここが使いやすい!> 個人・家庭向けPCラインアップ
前のページへ ソフトウェア 仕様 オプション サービス&サポート
Microsoft(R) タグライン
サポート・サービス
電話サポートからインターネットサポート、海外サポートまで幅広く対応しています。
さらに、新しいサポート・サービスも続々登場。「あんしん」がどんどん広がります。
サポート・サービス
東芝PCあんしんサポート
東芝PCあんしんサポート
このページのトップへ
プッシュ1.電話サポート
東芝PC電話サポートWEB予約サービス
予約はこちらから
プッシュ2.修理受付
海外からの電話、携帯電話、PHS、一部の直収回線の場合には、右記の番号におかけください。
このページのトップへ
サポート・サービス 必要な情報だけ表示してくれるインターネットサポートから海外での保守サポートまで幅広く対応します。
 
あなたのdynabook.com
ランチャー
インターネットにつないで、「あなたのdynabook.com」のアイコンをクリックするだけで、あなたがお使いのパソコン情報が一覧で表示されます。あなたのパソコンのマニュアルやお問い合わせの多いQ&A、各種モジュール、ドライバソフトなどをわざわざ検索する手間がいりません。お客様登録されていない方でもすぐにご利用いただけます。
あなたのdynabook.comメニュー画面
あなたのdynabook.comメニュー画面
あなたのdynabook.comメニュー画面
このページのトップへ
遠隔支援サービス
「電話だけではききたいことがなかなかうまく伝わらない」。そんな心配はもういりません。インターネット経由であなたのPC画面をサポートスタッフのPC画面にそのまま表示。スタッフからの電話による説明に加え、パソコン画面に操作の指示がマーカで表示されるので、むずかしい操作なども的確に理解できます。
遠隔支援サービス イメージ
遠隔支援サービス イメージ
●本サービスは、セキュリティ対策をおこなっております。情報は暗号化されて送られ、個人情報の漏洩などの危険はありません。
●本サービスの使用により、サポートスタッフがお客様の個人情報を閲覧する場合がありますが、本サービス以外にその情報を利用することはございません。同様に外部に情報を漏洩することはございません。
●本サービスをご利用になる場合、ブロードバンド回線が必要です。
●お客様のご使用環境によっては、本サービスをご利用できない場合があります。
●詳細は「サポート情報−遠隔支援サービス」をご覧ください。
遠隔支援サービス イメージ
このページのトップへ
東芝PC i-repairサービス
インターネットで修理のお申し込みや修理状況の確認、見積り、修理料金のクレジット決済などができます。メールアドレスを登録していただければ、修理の状況や見積もりをメールでお知らせします。携帯サイトからもご利用*可能です。 東芝PC i-repairサービス
PCサイト 携帯サイト
このページのトップへ
東芝PC訪問サポート
訪問スタッフがお客様先までおうかがいして、パソコンの接続設定やアプリケーションの設定をおこないます。 受付時間
キューアンドエー株式会社
株式会社マネージメントクリエイティブ
 
 
東芝PC工房
東芝PC工房
このページのトップへ
海外保守サポート:制限付海外保証(ILW)
日本語での相談窓口
日本国内で購入された対象PCを海外でご使用になる場合、保証期間中に所定の地域で、日本への引き取り修理サービス、または一部地域での現地修理サービスをご利用いただけます。
ホームページから修理のお申し込みをすることもできます。
※サービスの制限事項・確認事項やILW対象地域の詳細などにつきましては製品に付属の冊子やWebサイトでご確認ください。
海外保証対象地域
(世界36地域)
カナダ、アメリカ、アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェ−デン、スペイン、チェコ、デンマ−ク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、南アフリカ、オ−ストラリア、ニュージーランド、インドネシア、韓国、シンガポ−ル、タイ、フィリピン、マレ−シア、中国、台湾、香港
※準州などを除く  2007年1月現在
このページのトップへ
ご不要になったPCを回収・リサイクル
東芝dynabook リサイクルセンタ
資源循環型社会のために、使用済み
PCの回収・資源化をおこなっています。
ネットで http://dynabook.com/pc/eco/recycle.htm 24時間受付
Telで 043-303-0200 受付時間/ 10:00〜17:00(土・日・祝日・当社指定の休日を除く)
Faxで 043-303-0202 24時間受付
 
お客様登録をおすすめいたします。
ご購入後「お客様登録」を「Room1048(トウシバ)」http://room1048.jp/または、製品に同封のハガキでお申し込みいただきますと、最新のサポート情報などをメールにてお届けいたします。
このページのトップへ
 
東芝ノートPCの環境対策 ― 東芝は、環境調和に配慮したノートPCづくりを進めています。
 
有害物質の使用禁止を定めた「RoHS*1指令」、「J-Moss*2(グリーンマーク)」に適合。
東芝では、これまでも地球環境に配慮したノートPCの開発に努め、2005年1月からはプリント基板と筐体についてEU(欧州連合)RoHS*1指令に対応したノートPCを発売してきました。東芝ノートPCは、製品全体がRoHS*1指令に対応しています。また、J-Moss*2 (電気・電子機器の特定化学物質の含有表示方法)にて規定されている特定化学物質の含有率が基準以下であることを示す「J-Moss(グリーンマーク)」に適合しています
*1 RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances
EU(欧州連合)27カ国では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質群)の使用禁止を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
*2 J-Moss:電気・電子機器の特定化学物質の含有表示方法について規定した日本工業規格(JIS C 0950)です。
  ※当社のパソコン製品本体に組み込まれる各部品については、RoHS適合を確認する詳細な回答書を部品メーカから取得しています。さらに、当社内でも部品の成分分析をおこなう二重の確認体制をとることで、もしRoHS規格外品(基準を超える規制物質を含む部品)が混入していた場合、直ちにRoHS対応部品への切り換えをおこないます。
※有害物質含有の除外規定についてはJ-Moss、欧州RoHSで異なる部分もありますが、本製品は双方の基準に適合しています。
→J-Moss含有情報についてはこちら
 
環境ラベル
PCグリーンラベルの基準に対応。
本製品はPC3R「PCグリーンラベル制度」の審査基準(2006年度版)を満たしています。
PCグリーンラベルロゴ
詳細はWebサイト http://www.pc3r.jp/greenlabel.html をご覧ください。
省電力
国際エネルギースタープログラムの基準に適合。
国際エネルギースタープログラムの参加事業者として、積極的に製品の基準適合を推進しています。
国際エネルギースターロゴ
詳細はWebサイト http://www.eccj.or.jp/ene-star/index_esj.html をご覧ください。
環境負荷低減
環境調和型プリント基板の開発と採用。
焼却処理時にダイオキシン類を発生させるハロゲン、アンチモンを含まないハロゲン・アンチモンフリー材を使用したプリント基板を搭載。PC廃棄時の有害物質発生を削減します。
鉛フリーはんだ採用。
東芝は、環境にとって有害な鉛を用いない新しいはんだ材料の開発を進める一方で、基板材料・部品の耐熱性や温度変化による伸び縮み、はんだの接合安定性など、さまざまな角度から検討を重ねて当社PC全機種での「鉛フリーはんだ」化をめざしています。
紙資源の節約
電子マニュアル(PDF)/再生紙使用。
マニュアルを電子化し、紙資源の節約を実現。添付の取扱説明書については再生紙を使用しています。
製品パッケージの「発泡スチロールレス化」を実現
パッケージには、リサイクル率の高いダンボールを主に利用し、衝撃が吸収できる構造を工夫することで、可能な限り発泡スチロールの使用をなくしました。 
リサイクル
使用済み製品の回収。
PCリサイクルマークがついた東芝製PCは、排出時に新たな回収再資源化料金のご負担なく引き取ります。
PCリサイクルマーク
詳細はWebサイト http://dynabook.com/pc/eco/recycle.htm をご覧ください。
バッテリのリサイクル。
東芝は資源有効利用促進法に基づき小形二次電池(充電式電池)の回収・再資源化の促進をおこなっております。使用済みの取り外し可能な充電式電池は電器店などに設置している「充電式電池リサイクルBOX」に入れてください。無料回収いたします。
Li-ion
詳細はWebサイト http://www.jbrc.net./hp/contents/index.html をご覧ください。
 
このページのトップへ
モデム 海外でもインターネット。グローバルに対応した内蔵モデム
内蔵モデムはアジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界61地域に対応。旅行や出張時にも現地対応のモデムを探す手間なく、インターネットでの情報検索や電子メールでのコミュニケーションが手軽におこなえます。
※地域別の設定は「Internal Modem Region Select Utility」で切り替えられます。
◆内蔵モデム対応地域(世界61地域) -2007年1月現在-
アイスランド、アイルランド、アメリカ、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、イギリス、イスラエル、イタリア、インド、インドネシア、エジプト、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、クウェート、サウジアラビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スリランカ、スロバキア、スロベニア、タイ、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニュージーランド、ノルウェー、パキスタン、ハンガリー、バングラデシュ、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、レバノン、ロシア、中国、台湾、香港
このページのトップへ
無線LANに関するご注意
この製品の使用周波数帯は2.4GHz帯です。この周波数では電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、他の同種無線局、工場の製造ライン等で使用されている免許を要する移動体識別用の構内無線局、免許を要しない特定小電力無線局、アマチュア無線局など(以下「他の無線局」と略す)が運用されています。
1. この製品を使用する前に、近くで「他の無線局」が運用されていないことを確認してください。
2. 万一、この製品と「他の無線局」との間に電波干渉が発生した場合には、速やかにこの製品の使用チャンネルを変更するか、使用場所を変えるか、または製品の運用を停止(電波の発射を停止)してください。
3. その他、電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、「東芝PCあんしんサポート」へお問い合わせください。
<IEEE802.11a/b/g準拠 無線LAN対応地域> 2007年1月現在 F30/87A・87ABL、G30
日本 (802.11a/b/gのいずれも日本国外では使用できません。)
<IEEE802.11b/g準拠 無線LAN対応地域> 2007年1月現在 F30/85A・83A
アイスランド、アイルランド、アメリカ、イギリス、イタリア、インド、エジプト、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、キプロス、ギリシャ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、チェコ、デンマーク、ドイツ、日本、ニュージーランド、ノルウェー、バーレーン、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、マレーシア、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ロシア、中国、台湾、香港
無線LANに関するご注意
※本製品は、上記にあげる国/地域の無線規格を取得しております。これらの国/地域以外では使用できません。対応国/地域以外では無線通信機能をOFFにしてください。
※無線の電波の通信距離は、壁の材質・見通し、また環境などの条件により異なります。隣接する部屋でも通信できないことがあります。通信距離についての保証はできませんのでご了承ください。
※IEEE802.11aの5GHz帯無線LANは、屋外では使用できません。
無線LAN 2.4DSOF4
このページのトップへ
◆使用上のご注意
本製品は将来的な機能追加や、より安定した動作をおこなうため、修正プログラムを提供することがあります。常に最新の状態にしてお使いください。お使いの製品の修正プログラムについては、「あなたのdynabook.com」で認証/ダウンロードすることができます(別途インターネットへの接続環境が必要です)。
■Windows Vista™ に関するご注意
●Windows Vista™ では日本工業規格の最新規格である『JIS X 0213:2004』文字セットに対応したフォントを標準で搭載しております。これにより旧JISに対応したフォントを搭載しているPC等の電子機器との間でメールや文書データのやり取りを行う際などに、文字の字形が異なって表示されたり、一部の文字が表示されないなど、互換性の影響が出る場合があります。詳しくはJEITAホームページ(http://it.jeita.or.jp/perinfo/committee/pc/0612JISX0213-2004/index.html)をご覧ください。●Windows Vista™ Home BasicにはWindows® Aero™ 機能、Windows® Media Center機能は搭載しておりません。●Windows Vista™ Home Premium搭載モデルでもTV機能を搭載していない場合、Windows® Media CenterでのTV機能はご利用できません。TV機能を搭載している場合でも、Windows® Media CenterでのTV機能はご利用できません。TVの視聴・録画する場合は、「Qosmio AV Center」をご利用ください。●Windows Vista™ Home Premium搭載モデルでもリモコンを搭載していない場合、Windows® Media Centerの操作はマウスまたはキーボードをご使用ください。
■動画編集に関するご注意
●本製品はビデオ編集専用機ではありません。Windows®OSによる汎用的なPCです。●本製品は個人用・家庭用の機器です。本製品のビデオ編集機能は、趣味としてのビデオ編集を目的としたものです。●すべてのデジタルビデオ(DV)機器の動作を保証するものではありません。対応するDV機器については、各社のホームページなどでご確認ください。●DVの取り込み/書き出しを正常におこなうには、事前に使用していないアプリケーションを終了させてください。また、ハードディスク上の空き領域が不連続な状態で、DVの取り込み/書き出しをおこなうと、ハードディスクへの書き込み/読み出しが間にあわない場合があります。ハードディスクの空き領域を整理するために、定期的にデフラグを実行することをおすすめいたします。●外部記憶装置(外付けハードディスク、各種ディスク他)にデータを保存する場合はフレーム落ちなどが生じる可能性があります。●DV編集中にスリープ/ハイバネーション機能を使用しないでください。●DV使用中はIEEE1394機器のホットプラグ/アンプラグをしないでください。●ハードディスクや各種ディスクなどに保存した内容の変化・消失について当社はその責任を一切負いませんので、あらかじめご了承ください。
■著作権に関するご注意
●音楽、映像、コンピュータ・プログラム、データベースなどは著作権法により、その著作権および著作権者の権利が保護されています。こうした著作物を複製することは、個人的にまたは家庭内で使用する目的でのみおこなうことができます。前記の目的を超えて、著作者の了解なくこれを複製(データ形式の変換を含む)、改変、複製物の譲渡、ネットワーク上での配信などをおこなうと、「著作権侵害」「著作者人格権侵害」として損害賠償の請求や刑事処罰を受けることがあります。本製品を使用して複製などなされる場合には、著作権法を遵守の上、適切なご使用を心がけていただきますよう、お願いいたします。●著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは視聴したり録画したりできません。また、F30、G30で地上デジタル放送を視聴・録画する場合を除き、録画1回のみ可能なものも、PCでの視聴や録画はできません。
■DVDスーパーマルチドライブに関するご注意
MPEG映像にはさまざまなフォーマットがあり、場合によっては、再生やDVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DLへの保存ができないことがあります。
作成したDVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DLのすべての動作を保証するものではありません。一部の機器では再生/編集できない場合があります。各メディアに対応した機器をご使用ください。
2.6GB、5.2GBのDVD-RAMメディアは使用できません。
カートリッジから取り出せないメディアは使用できません。
DVD-RW、DVD+RWはデータの書き換えが可能です。使用済みのDVD-RW、DVD+RWに書き込みをおこなうときにはDVD-RW、DVD+RWのデータ消去をおこなってください。消去をおこなうと、DVD-RW、DVD+RWに保存されていた情報はすべて消去されますので、内容を充分に確認してから消去をおこなうように注意してください。
DVD-RAM、DVD-RW、DVD-R、DVD-R DL、DVD+RW、DVD+R、DVD+R DLへの書き込みでは、ファイルの管理領域なども必要になるため、メディアに記載された容量分のデータを書き込めない場合があります。
市販のDVD-Rには業務用メディア(for Authoring)と一般用メディア(for General)があります。業務用メディアはPCのドライブでは書き込みすることができません。一般用メディア(for General)を使用してください。
市販のDVD-RAM、DVD-RW、DVD-R、DVD-R DL、DVD+RW、DVD+R、DVD+R DLには「for Data」「for Video」の2種類があります。映像を保存する場合や家庭用DVDレコーダとの互換性を重視する場合は、「for Video」を使用してください。
バッテリ駆動中に書き込みをおこなうと、バッテリの消耗などによって、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプタを接続してください。
CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DLに書き込みをおこなうとき、電源切断、ドライブへのショック、記憶メディアの状態などによっては処理が正常におこなえずエラーとなる場合があります。
DVDの記録は半永久的な保証をするものではありません。
製品に搭載されている書き込み用ソフトウェア以外は動作保証しません。
作成したDVD-R DL、DVD+R DLメディアは、一部の家庭用DVDビデオレコーダやPCでは再生できないことがあります。また、作成したDVD-R DL、DVD+R DLメディアを再生するときは、各メディアの読み取りに対応している機器を使用してください。
■HD DVDに関するご注意
HD DVDビデオディスクの再生には、「TOSHIBA HD DVD PLAYER」を使用してください。「InterVideo WinDVD™ 8 for TOSHIBA」、「Windows Media Player」やその他市販ソフトを使用してHD DVDビデオディスクの再生はできません。
「TOSHIBA HD DVD PLAYER」は、HD DVDビデオディスク再生専用です。DVDの再生はサポートしていません。
本製品のHD DVD再生機能は次世代著作権保護技術AACS(Advanced Access Content System)に対応しています。
本製品は、DVDフォーラムの規格の定めるHD DVDのビデオ規格のアドバンスト機能のうち、ピクチャーインピクチャー、ネットワークダウンロードなどの機能には対応しておりません。
HD DVDを継続的にお楽しみいただくためには、本機に含まれているAACSキーの更新が必要となります。更新の際にはインターネット接続が必要です。AACSについての詳細は、こちら(www.aacsla.com/home)をご覧ください。
HD DVD再生機能はコンテンツ内蔵のプログラムに従って作動しますので、コンテンツによって、操作方法、操作時の画面、効果音、アイコンなどの機能・動作は、それぞれ異なる場合があります。これらの詳細は、コンテンツに添付されている取扱説明書を参照されるか、発売メーカに直接お問い合わせください。
HD DVDビデオディスク再生時は、必ずACアダプタを接続してください。省電力機能が働くと、スムーズな再生ができない場合があります。
HD DVDビデオディスクを再生する前に、他のアプリケーションを終了させてください。また、再生中に他のアプリケーションを起動させたり、他の操作はおこなわないでください。
「Qosmio AV Center」などのアプリケーションでテレビ番組を録画中は、HD DVDビデオディスクの再生はできません。また、HD DVDビデオディスク再生中に、録画予約が開始されると、HD DVDビデオディスクの再生は終了します。録画予約されていない時間帯にHD DVDビデオディスクの再生をしてください。
HD DVDを外部ディスプレイでご覧になるには、HDCP対応のHDMI™ 入力端子のあるディスプレイが必要です。
HD DVDビデオディスクの再生を開始するまでに、時間がかかる場合があります。
HD DVD(ツインフォーマットディスク)を再生する場合は、デスクトップ上の「TOSHIBA HD DVD起動メニュー」アイコンから起動してください。「TOSHIBA HD DVD PLAYER」ではHD DVD(ツインフォーマットディスク)のHD DVD層のみ再生可能です。
HD DVDのコンテンツによっては、画面の動きがスムーズでなくなったり、パフォーマンスが落ちる場合があります。
HD DVD再生時は、CPUが当該再生に割かれるため、HD DVDの再生開始前に必ずその他のアプリケーションをすべて終了させてください。
QosmioEngineは、HD DVDを再生する際には有効となりません。
Dolby Digital audio enhancementsは、マイクロソフトウィンドウズOSにのみ対応しています。Linear PCM方式を用いて、48kHz/16bitを超えるオーディオ品質でサンプリングされたオーディオコンテンツは、48kHz/16bitのオーディオ品質で出力されます。
■HD DVD-Rに関するご注意
必ず推奨メディアをご利用ください。
片面2層のHD DVD-Rをご利用になるには、後日提供予定のアップデートプログラムをインストールしてください。
HD DVDメディアにムーブした映像は、AACS対応HD DVD-R(HDVRモード)TS録画に対応した家庭用HD DVDプレーヤ/レコーダでの再生が可能です。お使いの機器の仕様をご確認ください。
Qosmio AV Centerでムーブしたメディアは、ファイナライズされるため、追記をおこなうことはできません。
※その他、商標・使用上のご注意については、こちらでご確認ください。
 
■PCの再セットアップについて
●ハードディスクに保存されているリカバリ用データは、市販のCDディスク/DVDディスクに保存して、リカバリCD/DVDを作成することができますが、万が一データ破損および誤って消去した際は、リカバリ用CD/DVDを「東芝PC工房」で販売しておりますのでお問い合わせください。
このページのトップへ

地上デジタル放送・地上アナログ放送について
 
■TV視聴と録画に関するご注意
●本製品は電源を入れてから録画できる状態になるまで時間がかかります。番組開始と同時に電源を入れた場合、番組冒頭の録画に間にあわない場合があります。●本製品では「Windows® Media Center」によるTV視聴、録画等、TV機能はご利用になれません。●放送チャンネルや番組によっては、画面がコマ落ちすることがあります。●ACアダプタを使用してPC本体を電源に接続して使用してください。バッテリを使用するとバッテリの消耗などにより、録画に失敗したり音が飛んだりするおそれがあります。●再生中や録画中にPC本体に振動や衝撃を加えると、映像が途切れたり、停止したりしてしまうことがあります。●ビデオデッキでビデオテープを再生して本製品に入力した場合、古いテープなどノイズが多いテープを使用すると、コピープロテクト機能が働いて正常に視聴したり録画したりできない場合があります。●TV視聴やタイトル再生をおこなう際はPCの省電力モードを解除してご使用になることをおすすめします。●CATV番組の視聴方法は、各CATV会社によって異なります。視聴に別途ホームターミナルなどの装置が必要となる場合もあります。詳しくはCATV会社にお問い合わせください。●ビデオデッキなどの映像を取り込んだとき、「垂直帰線区間(VBLANK)」と呼ばれる信号が取り込まれ、画面上部、または下部にノイズがのることがあります。これは、信号の同期をとるためにNTSCなどアナログテレビの映像信号の先頭に付与されているもので取り除くことができませんので、ご了承ください。●TV視聴するにはアンテナの接続が必要です。
 
■地上デジタルTVチューナ F30、G30
映 像 TVチューナ 地上デジタル放送
データ放送受信 地上デジタル放送
TV録画機能 独自形式(デジタルハイビジョンTV放送(約15〜16Mbps)、
デジタル標準TV放送(約7.7〜8.5Mbps))の録画が可能
アンテナ部 同軸 75ΩF型(UHF/VHF兼用)同梱のアンテナ変換ケーブルを経由
■地上デジタルTVチューナ視聴・録画に関するご注意
電波・受信・施設(アンテナなど)について 
●地上デジタル放送をご覧いただくには、地上デジタルの送信局に向けてアンテナを設置する必要があります。専用のUHFアンテナやデジタル放送対応のブースタ、混合器などが必要になる場合があります。放送エリア内であっても、地形やビルなどにより電波が遮られ、視聴できない場合があります。
●電波の弱い地域または電波の強い地域では受信状態が悪くなる場合があります。この場合は市販のアンテナブースタまたはアッテネータをご利用ください。F30、G30には付属されています。
●地上デジタル放送をご覧いただくためには、アンテナケーブル(別売)の他に、利用環境によっては分配器(別売)もしくは分波器(別売)が必要となります(F30/87A・87ABL・85A、G30には地上デジタル放送受信専用 室内用アンテナが付属されています)。
●BSデジタル放送/CSデジタル放送は受信できません。
●CATVをご利用のお客様は、伝送方式によっては地上デジタル放送をご利用になることができません。あらかじめ伝送方式について、ご利用のCATV会社にご確認ください。
●地上デジタル放送の放送エリアについては、社団法人地上デジタル放送推進協会のホームページでご確認ください。(http://www.d-pa.org/)。
共聴施設・集合住宅施設における地上デジタル放送受信について 
●難視対策、電波障害対策の共聴施設や、集合住宅における共同受信施設では、地上デジタル放送受信のために、アンテナやブースタなどの機器の再調整、追加、あるいは取り替えが必要になる場合があります。詳しくは施設管理者へお問い合わせください。
視聴・録画について 
●テレビの視聴・録画には「Qosmio AV Center」をご利用ください。なお、「Windows® Media Center」を使用してテレビの視聴・録画などテレビの操作をおこなうことはできません。
●地上デジタル放送を視聴・録画するためには、本製品に添付の「B-CASカード」をPC本体に挿入しておく必要があります。ただし、録画禁止信号が加えられた番組は録画することはできません。
●録画は本製品に内蔵のHDDのみ可能です。DVDメディアなどへ直接書き込むことはできません。
●地上デジタル放送と地上デジタル放送、地上アナログ放送と地上アナログ放送の同時録画はできません。
●地上アナログ放送と外部入力接続された映像の同時録画はできません。
●本製品は著作権保護技術を採用しています。このため、AV入力端子に地上デジタルチューナやBS/CSデジタルチューナなどの映像機器を接続した場合でも、「録画禁止」または「1回だけ録画可能」などの著作権保護信号が含まれている映像を視聴、録画することはできません。
●CPRMまたはAACS技術により、1度だけHDDからDVD-RAMメディアまたはHD DVD-R(G30/97Aのみ)に書き込むことができますが、書き込みをおこなうとHDDの元映像は自動的に消去されます。この記録方式をムーブ(移動)と呼びます。また、元映像がハイビジョンでもDVD-RAMメディアにムーブした場合、標準画質になります。
●DVD-RAMやHD DVD-R(G30/97Aのみ)にムーブ中に、PCをスリープ/休止状態/シャットダウンを行うと元画像とDVD-RAM/HD DVD-Rの映像がともに消去されますのでご注意ください。
●DVD-RAMやHD DVD-R(G30/97Aのみ)にムーブ中にWindows Updateにより再起動されると、元画像とDVD-RAM/HD DVD-Rの映像がともに消去されますのでご注意ください。
●ムーブ中にWindows Updateにより再起動されると、元画像とDVD-RAMまたはHD DVD-R(G30/97Aのみ)の映像がともに消去されますのでご注意ください。
●ムーブ中にキャンセルをしたり、エラーがあると、元映像とDVD-RAMメディアまたはHD DVD-R(G30/97Aのみ)の映像がともに消去されますのでご注意ください。
●CPRMに対応していないDVD-RAMメディアまたはAACSに対応していないHD DVD-R(G30/97Aのみ)メディアではムーブができませんのでご注意ください。
●DVD-RAMメディアにムーブする際は、映像のビットレートを下げて記録をおこないますので、元のHDDに録画された映像に比べ画質が劣化します。
●CPRMに対応していないDVDプレーヤでは、作成したDVD-RAMメディアを再生できません。
●AACS対応HD DVD-R(HDVRモード)TS録画に対応していないHD DVDプレーヤ/レコーダでは、作成したHD DVDメディアを再生できません。
●地上デジタル放送の視聴・録画・再生は、本製品にプレインストールされている「Qosmio AV Center」のみ対応しています。
●録画した番組は録画したPCでのみ再生可能です。他の録画/再生機器や外付けHDD、PCなどにコピーまたは移動して再生することはできません(CPRM対応のDVD-RAMまたはAACS対応のHD DVD-R(G30/97Aのみ)メディアに移動することはできます)。
●録画した番組をネットワーク経由で他の機器で再生することはできません。
●録画した番組を編集/加工することはできません。
●ハイビジョン映像を解像度変換せずに録画できますが、再生する際には液晶パネルの解像度やウィンドウサイズへ変換した上で表示します。
●各デジタルテレビ放送局では、2004年4月以降、コンテンツ保護のためスクランブルをかけて放送しており、「B-CASカード」がないと見られません。また、同時期より、電波に「1回だけ録画可能」のコピー制御信号を加えて放送しています。これらのコピー制御が、著作権を保護します。
●番組表の全データを取得するために最大で2時間程度かかることがあります。なお、電子番組表の情報取得時刻に地上デジタル放送のテレビ視聴や予約録画で「Qosmio AV Center」が動作していると、番組表データが取得できない場合があります。
●複雑なデータ放送を表示しているときは、映像がコマ落ちしたり乱れる場合があります。その場合は、データ放送を非表示にしてご覧ください。
修理について 
●本製品は高度な暗号化技術を使っているため、故障内容により、録画した番組を再生できなくなる場合があります。あらかじめご了承ください。
その他 
●5.1ch音声は2chにダウンミックスされて出力されます。
●本製品のデジタル放送録画については、ARIB規定に準拠した方式を採用しています。
このページのトップへ
■地上アナログTVチューナ F30/87A・87ABL・85A、G30
映 像 映像入力フォーマット 525line/60Hz(NTSC)〜720×480@30fps
圧縮方法 MPEG2
出力ビットレート 約1.4/2/4/8Mbps
音 声 圧縮方法 MPEG-Audio Layer2
サンプリングレート 48kHz
出力ビットレート 224kbit/sec
受信チャンネル VHF 1〜12ch
UHF 13〜62ch
CATV C13〜C63ch
MPEG2エンコード方式 MPEG2リアルタイムハードウェアエンコーダ
ビデオ・インタフェース NTSC
アンテナ部 同軸 75ΩF型(UHF/VHF兼用)付属のアンテナ変換ケーブルを経由
■地上アナログTVチューナ視聴・録画に関するご注意
●ステレオ、音声多重放送対応。CS放送、BS放送、地上デジタル放送のチャンネルは受信できません。
●CATVの受信をおこなう場合は、CATV受信サービス(放送)がおこなわれている地域でのみ受信可能です。CATVを受信するときには、使用する機器ごとにCATV会社との受信契約が必要です。
●著作権保護技術の採用により、録画禁止のものは視聴したり録画したりできません。また、録画1回のみ可能なものも、PCでの視聴や録画はできません。
●日本国外ではご使用になれません。日本国内でご使用ください。
●画像や音声の品質はアンテナの電波受信状況によって大きく左右されます。
●電波の弱い地域または電波の強い地域では受信状態が悪くなる場合があります。この場合は市販のアンテナブースタまたはアッテネータをご利用ください。F30、G30には付属しています。
●過大なゴースト、変化しているゴーストなどの場合には、ゴーストを低滅できないことがあります。
●本製品のTVチューナは仕様上、韓国への持ち込みと使用は韓国の法令により禁止されています。
 
■外部映像入力に関するご注意
●本製品は著作権保護技術を採用しています。このため、AV入力端子に地上デジタルチューナやBS/CSデジタルチューナなどの映像機器を接続した場合でも、「録画禁止」または「1回だけ録画可能」などの著作権保護信号が含まれている映像を視聴、録画することはできません。
 
東芝PCを買って東芝ID(TID)登録しよう!
サポートやお得情報メルマガのほか、ご家族やお友達に東芝PCをご紹介していただいた場合、ご紹介者様とご購入者様お二人に、ステキなプレゼントがもらえるdynabook紹介キャンペーンも実施中!
詳しくはこちらへ。 http://dynabook.com/pc/promo_c/info/index_j.htm
TID登録は、ご購入後「Room1048(トウシバ)」http://room1048.jp/ からお申込みいただけます。
このページのトップへ
製品トップページ ラインアップ F30おすすめポイント G30おすすめポイント カンタンTV機能 東芝ノートPC <ここが使いやすい!>
前のページへ ソフトウェア 仕様 オプション サービス&サポート
  
  
*別窓で開きますをクリックすると別ウインドウが開きます。
 
東芝トップページ 個人情報保護方針 サイトのご利用条件 Copyright(C) TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.
http://dynabook.com/assistpc/anshin/index_j.htm http://www.dynabook.com/assistpc/callback/index_j.htm http://dynabook.com/assistpc/repaircenter/i_repair.htm http://dynabook.com/assistpc/ilw/index_j.htm 詳しくは「サポート情報」をご覧ください。 制限付き海外保証ILWはこちら