dynabook.comトップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
dynabook.comトップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ) > Q&A

情報番号:003913

 【更新日:2005.04.26】
Q

「東芝RAID」のエラーメッセージ/イベントログ一覧

対応機種
対象OS Windows(R)XP
カテゴリ RAID
A

回答・対処方法

内容と対応

「東芝RAID」が表示する主なエラーメッセージとRAIDサービスが出力するWindowsのイベントログの内容について紹介します。

●エラーメッセージ一覧
●イベントログ一覧
●イベントログを表示させる方法

<エラーメッセージ一覧>
・「東芝RAID」が表示する主なメッセージとその内容は次のとおりです。

エラーメッセージ

内     容

メモリ不足です。 空きメモリが足りません。他のアプリケーションを終了するなどして、空きメモリを増やしてください。
他のユーザが、すでに管理者モードで使用しています。管理者モードでは、現在使用できません。 管理者モードでログオンできるのは、1台のみです。現在、別のRAIDコンソールから、管理者モードでログオンしているため、現在は、管理者モードでのログオンはできません。
接続可能台数を超えました。現在、他のユーザが使用中のため、RAIDサービスに接続できません。 表示モードでログオンできるのは、4台までです。現在、4台のRAIDコンソールから、表示のみモードでログオンしているため、現在は、表示モードでのログオンはできません。
セレクトベイは使用中のため、イジェクトできません セレクタブルベイは、現在、使用中のため取り出しできません。
使用中のアプリケーションを終了してから取り出し操作を行ってください。
HDD使用中のため、RAID設定ができません。 現在、ハードディスクドライブが使用中のため、RAID設定できません。
使用中のアプリケーションを終了してから、RAID設定を行ってください。
アレイに障害が発生しました。 アレイに障害が発生しました。
xxxが見つかりません。 アレイに障害が発生しました。
ミラーリングを構成するハードディスクドライブが見つかりませんでした。
RAIDコンソールを起動し、アレイの状態を確認してください。
xxxは動作不能状態です。 アレイに障害が発生しました。
ミラーリングを構成するハードディスクドライブの1台が使用できない状態になりました。
RAID コンソールを起動し、アレイの状態を確認してください。
ブザーを停止する場合には、[OK]ボタンを押してください。 ハードディスクドライブが動作不能状態であれば、ハードディスクドライブの交換が必要です。

 

<イベントログ一覧>
・RAID サービスが出力するイベントログは次のとおりです。

タイプ

メッセージ

処  置

情報

1000

TOSHIBA RAIDサービスは開始しました。 不要

情報

1001

TOSHIBA RAIDサービスは停止しました。 不要

情報

1003

リビルド開始要求を受け取りました。 不要

情報

1004

メディアチェック開始要求を受け取りました。 不要

情報

1006

RAID構成変更開始要求を受け取りました。 不要

情報

1011

アレイの設定変更要求を受け取りました。 不要

情報

2100

定期診断の時間になりました。定期診断を開始します。
次回定期診断予定はxxです。
不要

エラー

3000

リビルド中にエラーが発生しました。リビルドを中止します。(エラーコード:xxxxxxxx)
アレイ = xx
操作 = xxxxx
発生場所 Port = xx LBA = xxxxxxxx-xxxxxxxx
ハードディスクドライブを確認してください。

エラー

3001

メディアチェック中にエラーが発生しました。メディアチェックを中止します。(エラーコード:xxxxxxxx)
アレイ = xx
操作 = xxxx
発生場所 Port = xx LBA = xxxxxxxx-xxxxxxxx
ハードディスクドライブを確認してください。

情報

3010

リビルドを開始します。
アレイ = xx
ターゲット Port = xx
不要

情報

3011

メディアチェックを開始します。
アレイ = xx
不要

情報

3020

リビルドを中止します。 不要

情報

3021

メディアチェックを中止します。 不要

情報

3030

リビルドが完了しました。 不要

情報

3031

メディアチェックが完了しました。 不要

情報

3040

リビルドが一時中断します。 不要

情報

3041

メディアチェックが一時中断します。 不要

情報

3050

リビルドを再開します。 不要

情報

3051

メディアチェックをを再開します。 不要

警告

3060

リビルドを再開できませんでした。(エラーコード:xxxxxxxx) ハードディスクドライブを確認してください。

警告

3061

メディアチェックを再開できませんでした。(エラーコード:xxxxxxxx) ハードディスクドライブを確認してください。

警告

3100

ドライブの応答がなくなりました。
Port = xx
ハードディスクドライブが抜かれた、ハードディスクドライブ故障などにより、ハードディスクドライブから応答がなくなりました。
ハードディスクドライブを確認してください。

情報

3101

ドライブが検出されました。
Port = xx
Model = xxxx
Serial No. = xxxx
FW = xxxx
不要

情報

3102

抜出を検出しました。
Port = xx
不要

情報

3110

アレイのステータスがDegradedからOptimalになりました。
アレイ = xx
不要

警告

3111

アレイのステータスがOptimalからDegradedになりました。
アレイ = xx
冗長性が失われましたので、動作不能ハードディスクドライブを交換し、リビルドを行ってください。

情報

3120

自動リビルドを実行します。 不要

エラー

3130

ドライブのステータスがFailedになりました。
Port = xx
ハードディスクドライブが動作不能状態になりました。ハードディスクドライブの状態を確認してください。

情報

3131

ドライブのステータスが正常になりました。
Port = xx
不要

警告

3140

ドライブがS.M.A.R.T.のしきい値を超えました。
Port = xx
Model = xxxx
Serial No. = xxxx
FW = xxxx
ハードディスクドライブ交換することをご検討ください。

 

●エラーコード一覧

エラーコード

内     容

0x20040081

処理がアボートしました。

0x20040082

内部エラーが発生しました。

0x20040083

IDが不正です。

0x20040090

アレイ番号の指定に誤りがあります。

0x20040092

アレイは処理中です。

0x200400A0

物理ドライブの指定に誤りがあります。

0x200400A1

物理ドライブのポートの指定に誤りがあります。

0x200400A2

物理ドライブは、現在処理中です。

0x2004C0AB

エラー数が既定値を超えました。

0x200480AC

メディアチェック中にリードでエラーが発生し、修正されました。

0x200480AD

リードエラーが発生しました。

0x200480AE

リード、ライトエラーが発生しました。

0x2004C0AF

ライトエラーが発生しました。

0x200400B0

現在、その機能は無効です。

0x200480C0

メディアチェック中に修復されました。

0x200480C1

メディアチェックで両物理ドライブの同じ場所でリードエラーが発生しました。

0x200400FF

機能はサポートされていません。

0x20040080

その他のエラーが発生しました。

 

<イベントログを表示させる方法>

  1. [スタート]ボタン→[コントロールパネル(C)]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されましたら、”作業する分野を選びます”から[パフォーマンスとメンテナンス]をクリックします。
  3. 「パフォーマンスとメンテナンス」画面が表示されましたら、”コントロールパネルを選んで実行します”から[管理ツール]をクリックします。
  4. 「管理ツール」画面が表示されましたら、[イベントビューア]アイコンをダブルクリックします。
    (図1)
     
  5. 「イベントビューア」画面が表示されます。画面右側の[アプリケーション]をクリックし、左側の一覧から[kraidsvc]をダブルクリックします。
    (図2)
     
  6. 「イベントのプロパティ」画面が表示されますので、詳細な情報を確認することができます。
    ”種類(E)”項目:タイプ(情報、警告、エラー)
    ”イベントID(I)”項目:値
    ”説明(D)”項目:メッセージ、処置が表示されます。
    (図3)
     
  7. 確認後は、[キャンセル]ボタンと[×]ボタンをクリックして、開いている画面を閉じてください。

以上

「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
個人情報保護方針サイトのご利用条件 (C) Dynabook Inc.