dynabook.com
dynabook.comTOP個人・家庭向け情報企業向け情報サポート情報ショッピングサイトマップ
サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > Q&A

サポートトップお問い合わせ窓口自分で調べるよくある質問(FAQ)ダウンロード
キーワード検索カテゴリ(かんたん)検索情報番号で検索動画コンテンツについて

情報番号:006738

 【更新日:2007.10.09】
Q

「Microsoft(R)IME」過去のバージョンのユーザー辞書を使えるようにする方法(辞書ファイル形式)<Windows Vista(R)>

対応機種
対象OS Windows Vista(R)
カテゴリ 便利な使い方, IME/言語バー,辞書/単語登録
A

回答・対処方法

はじめに

「Microsoft IME」のユーザー辞書で過去のバージョンの「Microsoft IME」で登録した単語を使えるようにする方法について説明します。

※本手順は、Windows Vista標準の「Microsoft IME」についての操作手順です。バージョンを確認する方法については、[006374:「Microsoft(R) IME」バージョンを確認する方法<Windows Vista(R)>]を参照してください。
「Microsoft Office IME 2007」を使用している場合は、[006649:「Microsoft(R)Office IME 2007」過去のバージョンのユーザー辞書を使えるようにする方法(辞書ファイル形式)<WindowsVista(R)>]を参照してください。

※「Microsoft IME」のユーザー辞書をバックアップ/復元する方法については、以下のリンクを参照してください。
[006626:「Microsoft(R)IME」ユーザー辞書のバックアップと復元方法(辞書ファイル形式)<Windows Vista(R)>]
[006627:「Microsoft(R)IME」ユーザー辞書のバックアップと復元方法(テキストファイル形式)<Windows Vista(R)>]

【注意】

本手順は、「Microsoft IME 2000/2002/2003」(過去のバージョン)のユーザー辞書に登録されている単語や用例を使えるようにすることができます。
なお、Windows Vista標準の「Microsoft IME」は、過去のバージョンのユーザー辞書に比べ改良/拡張されています。このため、過去のバージョンのユーザー辞書の内容がすべて単純に追加されることはありません。

<補足:「Microsoft IME」の保存先とユーザー辞書ファイル名>

  • 各OSと保存先
    OS 保存先
    Windows 2000 C:\Documents and Settings\(アカウント名)\Application Data\Microsoft\IME\(使用しているIMEバージョンのフォルダ)
    Windows XP C:\Documents and Settings\(アカウント名)\Application Data\Microsoft\(使用しているIMEバージョンのフォルダ)

  • IMEバージョンとユーザー辞書ファイル名
    IMEバージョン ユーザー辞書ファイル名
    Microsoft IME 2000 IMEJP\imejpusr.dic
    Microsoft IME 2002 IMJP8_1\imjp81u.dic
    Microsoft IME 2003 IMJP9_0\imjp9u.dic

準備:記憶媒体の用意

過去のバージョンのユーザー辞書を使えるようにするには、まず過去のバージョンのユーザー辞書ファイルをバックアップする必要があります。
バックアップしたデータは、保存する記憶媒体が必要です。
記憶媒体には、フロッピーディスク(FD)、CD-R、USBフラッシュメモリなどさまざまな媒体が存在しておりますがそれぞれ容量や用途が異なります。
またご使用のパソコンによっては、フロッピーディスクドライブやCD-Rドライブが装備されていない場合があります。事前にご使用のパソコンの仕様についてご確認ください。


以下は、記憶媒体の一例です。その他にSDカードなど様々な記憶媒体がございます。ご使用の環境に合わせた媒体をご準備ください。

記憶媒体の種類 容量について
フロッピーディスク(FD) 容量が1.44MBしか保存できないため、大きなデータの保存には適しません。
CD-R 容量が640MB〜700MBの大きなデータを保存することができます。
USBフラッシュメモリ 32MBや512MBなど種類によって容量が異なります。

過去のバージョンのユーザー辞書をバックアップする

※ここでは、例としてWindows XPで使用している「Microsoft IME 2003」のユーザー辞書をバックアップします。そのほかの「MicrosoftIME」でも若干画面が異なりますが同様の作業をでバックアップすることができます。

  1. 言語バーの[ツール]ボタンをクリックし、表示されるメニューの[プロパティ(R)]をクリックします。
    (図1)

  2. 「Microsoft IME スタンダードのプロパティ」画面が表示されます。「辞書/学習」タブをクリックします。
  3. ”ユーザー辞書”項目の[参照(B)]ボタンをクリックします。
    (図2)

  4. 「ユーザー辞書の設定」画面が表示されます。バックアップしたいユーザー辞書ファイルをマウスの右ボタンでクリックし、表示されるメニューの[コピー(C)]をクリックします。
    ※Windows XPで「Microsoft IME 2003」を使用している場合のユーザー辞書ファイルは、[C:\Documents and Settings\(アカウント名)\Application Data\Microsoft\IMJP9_0\imjp9u.dic]です。
    (図3)

  5. バックアップする記憶媒体のドライブを開きます。
  6. アイコンが何も表示されていない部分でマウスの右ボタンをクリックし、表示されるメニューの[貼り付け(P)]をクリックします。
    (図4)


  7. ユーザー辞書ファイルのバックアップが完了しましたら、開いている画面をすべて右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。
    (図5)

バックアップは以上です。

過去バージョンのユーザー辞書を「Microsoft IME」に取り込む方法

  1. 言語バーの[ツール]ボタンをクリックし、表示されるメニューの[辞書ツール(T)]をクリックします。
    (図6)

    ※言語バーがデスクトップ上に見当たらない場合は、タスクバー上に格納されている場合があります。
    詳しくは、[005801:言語バーをタスクバー内に格納する方法<Windows Vista(R)>]を参照してください。

    ※言語バーが表示されていない場合は、[006368:言語バーが表示されない<Windows Vista(R)>]を参照してください。

  2. 「Microsoft IME 辞書ツール」画面が表示されます。メニューバーの[ツール(T)]→[Microsoft IME 辞書からの登録(I)]をクリックします。
    (図7)

  3. 「Microsoft IME 辞書からの登録」画面が表示されます。バックアップしたユーザー辞書ファイルを保存した記憶媒体を挿入し、”ファイルの場所(I)”、”ファイル名(N)”を指定して[開く(O)]ボタンをクリックします。
    ※ここでは、例として[リムーバブルディスク(D:)]に保存している[imjp9u.dic]ファイルを指定します。
    (図8)

  4. 「Microsoft IME 辞書からの登録」画面が表示されます。[終了]ボタンをクリックします。
    (図9)

  5. 「Microsoft IME 辞書ツール」画面に戻ります。「単語の一覧」タブ、「用例の一覧」タブをクリックし復元されていることをご確認ください。
    (図10)

  6. 右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

以上で過去バージョンのユーザー辞書の取り込みは終了です。

関連情報

以上

個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright