dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > スタート画面からよく使うアプリをタスクバーにピン留め(追加)する方法<Windows(R)8>

情報番号:013605  【更新日:2012.10.26

スタート画面からよく使うアプリをタスクバーにピン留め(追加)する方法<Windows(R)8>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)8
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた,スタート画面

回答・対処方法

はじめに

よく使うアプリをピン留めしておくと、次回からは簡単に起動することができます。

ここでは、よく使うアプリをデスクトップのタスクバーにピン留めする方法を紹介します。

【メモ】
従来のWindows画面で起動するアプリのみタスクバーにピン留めすることができます。

操作手順

※例として「メモ帳」をデスクトップのタスクバーにピン留めする操作で説明します。

  1. スタート画面の何もない部分をマウスの右ボタンでクリックし、画面右下に表示される[すべてのアプリ]アイコンをクリックします。
    図1(図1)

  2. 「アプリ」画面にすべてのアプリの一覧が表示されます。ピン留めしたいアプリをマウスの右ボタンでクリックし、画面下部に表示される[タスクバーにピン留めする]アイコンをクリックします。
    図2(図2)

デスクトップのタスクバーにピン留めする操作は以上です。

デスクトップ画面を表示し、よく使うアプリがタスクバーにピン留めされていることを確認してください。

a.画面左下隅にマウスポインターをあわせて、表示される[スタート]アイコンをクリックします。
図3(図3)

b.スタート画面に戻ります。[デスクトップ]タイルをクリックします。
図4(図4)

c.デスクトップ画面が表示されます。上記手順でピン留めしたアプリのアイコンがタスクバーに追加されていることを確認してください。
図5(図5)

関連情報

以上