東芝トップページ
本文へジャンプ
dynabook.com
前画面へ戻る

情報番号:005226

 【更新日:2006.09.05】
文末にあるアンケートにご協力ください
Q

ハードディスクの内容をすべて消去する方法<ハードディスクリカバリ機種限定(その2)>

対応機種
対象OS Windows(R)XP HomeEdition, Windows(R)XP Professional
カテゴリ リカバリ,ハードディスクのデータ消去
A

回答・対処方法

はじめに

パソコン上のデータは、削除操作をしても実際には残っています。普通の操作では、読み取れないようになっていますが、特殊な方法を実行すると削除したデータでも再現できてしまいます。そのようなことができないように、パソコンを破棄または譲渡する場合など、他人に見られたくないデータを読み取れないように、消去することができます。

【注意】
以下操作を行なうと、ハードディスクに保存されているこれまでに作成したデータやプログラムなどはすべて消失します。これらを復元することはできませんので、注意してください。

ハードディスクの内容を削除するには、ハードディスクのリカバリツールまたは作成したリカバリディスクを使用します。ハードディスクのリカバリツールを使用すると、ハードディスク内のデータはすべて消去されますが、リカバリツールは残ります。作成したリカバリディスクを使用すと、ハードディスク内のデータと共にリカバリツールも消去されます。
ここでは、ハードディスクのリカバリツールから行なう方法を例にして説明します。

※一部の機種では、若干手順が異なる場合があります。詳しくは「取扱説明書」の「登録とケア-廃棄と譲渡-」または「セットアップガイド」の「ディリーケアとアフターケア-廃棄と譲渡-ハードディスク の内容をすべて消去する」をご参照ください。

操作手順

  1. パソコンの電源を切ります。
  2. ACアダプタと電源コードを接続します。
  3. 電源スイッチを押し、電源を入れた直後にキーボードの[0](ゼロ)キーを押します。
    または、キーボードの[0](ゼロ)キーを押しながら電源スイッチを押し、画面が表示されてから手をはなします。
  4. ”<復元方法の選択>”画面が表示されます。
    [◎ ハードディスク上の全データの消去]をチェックし、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

    (図1)

  5. ”消去方法を選択してください。”画面が表示されます。
    目的に合わせて、[◎ 標準データの消去]または[◎ 機密データの消去]をチェックし、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
    ※通常は[◎ 標準データの消去]を選択してください。データを読み取れなくなります。より確実にデータを消去するためには、[◎ 機密データの消去]を選択してください。数時間かかりますが、データは消去されます。

    (図2)

  6. ”ハードディスクの内容は、すべて消去されます。”メッセージが表示されますので、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
    (図3)


  7. 消去中は、”データの消去”画面が表示されます。
    (処理を停止する場合は、[キャンセル]ボタンをクリックしてください。)

    (図4)

  8. 消去が完了すると、”正常に終了しました。”画面が表示されます。[終了(F)]ボタンをクリックします。
    (図5)

以上で作業は完了です。

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

 
専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

「dynabook.com」のトップへ このページのトップへ
東芝トップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件 Copyright(C)1995-2008 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.