Dynabook株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > USBフラッシュメモリにデータを書き込む方法<Windows Vista(R)> 【動画手順付き】

情報番号:007559  【更新日:2009.03.03文末にあるアンケートにご協力ください

USBフラッシュメモリにデータを書き込む方法<Windows Vista(R)> 【動画手順付き】

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows Vista(R)
カテゴリ Windowsの操作/設定,周辺機器,USBフラッシュメモリ

回答・対処方法

はじめに

USBフラッシュメモリにデータを書き込む方法を説明します。

ここでは例として、[サンプルピクチャ]フォルダ内の画像ファイルをUSBフラッシュメモリに書き込む手順で説明します。

※以下手順で「リムーバブルディスク(E:)」または「ドライブ(E:)」のドライブ文字(E)はご使用の環境によって異なる場合があります。

操作手順

動画で手順を確認する

方法1:ドラッグアンドドロップで書き込む方法

  1. パソコン本体のUSBコネクタに”USBフラッシュメモリ”を差し込みます。
    ※「自動再生」画面が表示された場合は、[フォルダを開いてファイルを表示]をクリックします。
    図1(図1)

  2. 「リムーバブルディスク(E:)」画面が表示されます。

    ※「リムーバブルディスク(E:)」画面が自動的に表示されない場合
    a.[スタート]ボタンスタート→[コンピュータ]をクリックします。
    b.「コンピュータ」画面が表示されます。”リムーバブル記憶域があるデバイス”項目の[リムーバブルディスク(E:)]をダブルクリックします。

  3. USBフラッシュメモリに書き込みたいデータが保存されているフォルダを開きます。
    ※ここでは、例として[スタート]ボタンスタート→[ピクチャ]→[サンプルピクチャ]の順に開きます。

  4. 書き込みたいデータを選択します。複数のデータを選択したい場合は、キーボードの[CTRL]キーを押しながら選択してください。
  5. 選択したデータをマウスの左ボタンを押したまま、[リムーバブルディスク(E:)]のウィンドウまで動かします。
  6. ”+リムーバブルディスク(E:)へコピー”と表示されたら、マウスのボタンを離します。
    図2(図2)

    以上で書き込みは終了です。「リムーバブルディスク(E:)」にデータが保存されていることを確認してください。
    図3(図3)

方法2:右クリック操作で書き込む方法

  1. パソコン本体のUSBコネクタに”USBフラッシュメモリ”を差し込みます。
  2. USBフラッシュメモリに書き込みたいデータが保存されているフォルダを開きます。
    ※ここでは、例として[スタート]ボタンスタート→[ピクチャ]→[サンプルピクチャ]の順に開きます。

  3. 書き込みたいデータを選択します。複数のデータを選択したい場合は、キーボードの[CTRL]キーを押しながら選択してください。
  4. 選択したデータをマウスの右ボタンでクリックし、表示されるメニューから[送る(N)]→[リムーバブルディスク(E:)]の順にクリックします。
    図4(図4)

    以上で書き込みは終了です。「リムーバブルディスク(E:)」にデータが保存されていることを確認してください。
    図5(図5)

補足

データの書き込みが終わったUSBフラッシュメモリをコンピュータの電源が入った状態でUSBコネクタから取りはずす場合は、必ず下記手順で取りはずしてください。

【注意】
※下記手順を行なわないで取りはずした場合はデータが消えてしまうことがあります。

  1. ”通知領域”の[ハードウェアの安全な取り外し]アイコンをクリックします。
    ※[ハードウェアの安全な取り外し]アイコンが表示されない場合は、[007508:タスクバーの通知領域に「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンが表示されない<Windows Vista(R)>]を参照してください。
    図6(図6)

  2. 表示されたメニューから[USB大容量記憶装置-ドライブ(E:)を安全に取り外します]をクリックします。
    図7(図7)

  3. ”このデバイスはコンピュータから安全に取り外すことができます。”メッセージ画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

    ※”'汎用ボリューム'デバイスを使用中のため、停止できません・・・”メッセージ画面が表示された場合は、USBフラッシュメモリに保存しているファイルを使用していたり、ウィンドウを開いたりしている可能性があります。ウィンドウやファイルを閉じてから、再度取りはずしの操作を行なってください。
    図9(図9)

  4. パソコン本体のUSBコネクタから”USBフラッシュメモリ”を取りはずします。

    以上で終了です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright