• dynabook.com TOP個人・家庭向け情報
  • 企業向け情報
  • サポート情報
  • ショッピング
サイトマップ

サポート情報ぱらちゃん

dynabook.comトップ > サポート情報 > よくある質問(FAQ) > 「Microsoft(R)Office 2010」初回起動時のプロダクトキーの入力とライセンス認証の方法

情報番号:010960  【更新日:2010.06.17文末にあるアンケートにご協力ください

「Microsoft(R)Office 2010」初回起動時のプロダクトキーの入力とライセンス認証の方法

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)8,Windows(R)7
カテゴリ Microsoft Office,Word/Excel/Outlook

回答・対処方法

はじめに

上記該当機種には、「Microsoft Office Home and Business 2010」または「Microsoft Office Personal 2010」がプレインストールされています。初回起動時にプロダクトキーの入力とライセンス認証が必要です。

ここでは、プロダクトキーの入力とライセンス認証の方法について説明します。

※本情報は、「Microsoft Office Home and Business 2010」または「Microsoft Office Personal 2010」がプレインストールされているモデルが該当します。
※「Microsoft Office 2010」のお問い合わせ先は、「マイクロソフト無償サポート」となります。詳細やお問い合わせ窓口については、[010959:「Microsoft(R)Office 2010」について]を参照してください。

操作手順

手順1:プロダクトキーの入力

※Administrator(管理者)権限のユーザーアカウントでログオンしてください。

  1. Officeアプリケーションを起動します。
  2. 「Microsoft Office Home and Business 2010」または「Microsoft Office Personal 2010」”プロダクトキーの入力”画面が表示されます。
    25文字のプロダクトキーを入力し[続行(C)]ボタンをクリックします。
    ※プロダクトキーが正しく入力されると、[続行(C)]ボタンがクリックできるようになります。
    図1(図1)

    【入力時の注意】
    ・プロダクトキーを入力する際、ハイフン(-)を入力する必要はありません。自動的にハイフン(-)は入力されます。
    ・英数字のみ入力してください。
    ・大文字と小文字を区別する必要もありません。


    <プロダクトキーの記載場所>
    ”プロダクトキーの入力”欄に入力する文字は、「Microsoft Office Home and Business 2010」または「Microsoft Office Personal 2010」のメディアケース裏面に貼られた黄色いシールに記載されています。
    図2(図2)

  3. ”マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください”画面が表示されます。ライセンス条項を必ずお読みください。
    [□ 「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します(A)]にチェックを付けて、[続行(C)]ボタンをクリックします。
    図3(図3)

  4. 「Microsoft Office Home and Business 2010」または「Microsoft Office Personal 2010」の構成を開始します。構成が終了するまでしばらくお待ちください。
    図4(図4)

  5. ”Microsoft Office ○○(ライセンス認証を行なったOfficeアプリケーションの名前)の構成が完了しました・・・”と表示されます。[閉じる(C)]ボタンをクリックします。
    図5(図5)

  6. Officeアプリケーションが起動します。
    ※Officeアプリケーションが起動しない場合は、手動で起動してください。

  7. 「ユーザー名の指定」画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    ※”名前(N)”、”頭文字(I)”欄には自動的にユーザー名とその頭文字が入力されます。変更することも可能です。
    図6(図6)

  8. 「Microsoft Officeライセンス認証ウィザード」画面が表示されます。
    コンピューターがインターネットに接続されている場合、ライセンス認証は自動で行なわれますので特に操作は必要ありません。
    ライセンス認証を手動で行なう場合は、「手順2:ライセンス認証」の<インターネット経由で行なう場合>または<電話で行なう場合>を参照してください。

    ※「Microsoft Officeライセンス認証ウィザード」画面が表示されない場合、または「Microsoft Officeライセンス認証ウィザード」画面を閉じてしまった場合

    a.[ファイル]→[ヘルプ]をクリックします。
    図7(図7)

    b.画面右側に表示されている[ライセンス認証]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

    c.「Microsoft Officeライセンス認証ウィザード」画面が表示されます。


手順2:ライセンス認証

<インターネット経由で行なう場合>

※インターネットでライセンス認証を行なうには、インターネットに接続できる環境が必要です。また、インターネットサービスプロバイダーへの使用料金や電話料金がかかる場合があります。

  1. 「Microsoft Officeライセンス認証ウィザード」画面で、[◎ ソフトウェアのライセンス認証をインターネット経由で行う(推奨)(I)]をクリックして選択し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
    図9(図9)

  2. ライセンス認証ウィザードがインターネットへの接続を開始し、ライセンス認証を行ないます。認証が終了するまでしばらくお待ちください。
    図10(図10)

  3. ”ありがとうございました。Microsoft Office ○○(ライセンス認証を行なったOfficeアプリケーションの名前)のライセンス認証が完了しました。・・・”と表示されましたら、ライセンス認証の手続きは完了です。[閉じる(C)]ボタンをクリックします。
    図11(図11)

  4. Officeアプリケーションを再起動します。

以上で終了です。

<電話で行なう場合>

  1. 「Microsoft Officeライセンス認証ウィザード」画面で、[◎ ソフトウェアのライセンス認証を電話で行う(T)]をクリックして選択し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
    図12(図12)

  2. ”電話によるラインセンス認証を行う場合は、以下の手順を実行してください。”画面が表示されます。
    [国/地域の選択]項目の[▼]をクリックし、一覧からお住まいの国または地域を選択します。
    図13(図13)

  3. お住まいの国または地域の電話番号が表示されます。この画面が表示されている状態で、いずれかの番号に電話します。
    図14(図14)

  4. 自動音声によりライセンス認証を行ないます。音声の指示に従い、”2:指示に従い、次のインストールIDを入力します:”に記載されているインストールIDを電話機のプッシュボタンで入力します。
    図15(図15)

  5. 自動音声により、確認IDが伝えられます。音声の指示に従い、”3:確認IDを入力します:”の各ボックスに伝えられた確認IDを入力し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
    図16(図16)

  6. ”ありがとうございました。Microsoft Office ○○(ライセンス認証を行なったOfficeアプリケーションの名前)のライセンス認証が完了しました。・・・”と表示されましたら、ライセンス認証の手続きは完了です。[閉じる(C)]ボタンをクリックします。
    図17(図17)

  7. Officeアプリケーションを再起動します。

以上で終了です。

関連情報

  • プロダクトキーの入力とライセンス認証完了後、プロダクトIDを確認する方法については、以下のリンクを参照してください。
    ※プロダクトIDは、マイクロソフトの無償サポートを受ける際に必要になります。プロダクトキーとは異なります。
    [010961:「Microsoft(R)Office 2010」プロダクトIDの確認方法]

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

専用フォームからの問い合わせをご希望の方は、アンケートにお答えください。
「3」、「4」、「5」を選択された場合は、E-mail専用フォームのご案内が表示されます。
お問い合わせについては「東芝PCオンライン」で承ります。

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する