東芝トップページ > PC〈dynabook〉トップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > パソコンで流れる音を録音する方法(ステレオミキサー)<Windows(R)7>

情報番号:011950  【更新日:2011.09.13文末にあるアンケートにご協力ください

パソコンで流れる音を録音する方法(ステレオミキサー)<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ Windowsソフトウェア,サウンド(音)

回答・対処方法

はじめに

ステレオミキサーを有効にすると、パソコンで再生される音声を録音することができます。
例えば、「Windows Media Player」で再生している音楽やインターネットのストリーミング動画の音声などが録音できます。

ステレオミキサーを有効にするには、以下の操作手順を行なってください。

【注意】
※著作権保護された音声は録音できません。

著作権に関する注意
◆著作権に関するご注意◆
音楽、映像、コンピューター・プログラム、データベースなどは著作権法により、その著作権及び著作権者の権利が保護されています。
こうした著作物を複製する事は、個人的に又は家庭内で使用する目的でのみ行なうことができます。
但し、コピープロテクションその他技術的保護手段の施された著作物については、信号の除去または改変等技術的保護手段の回避を行なうことにより、複製物を作成することは著作権法上禁止されていますのでご注意願います。
また、上記の目的を超えて、著作者の了解なくこれを複製(データ形式の変換を含む)、改変、複製物の譲渡、ネットワーク上での配信などを行なうと、「著作権侵害」「著作者人格権侵害」として損害賠償の請求や刑事処罰を受けることがあります。
本機を使用して複製などをなされる場合には、以上を含め、著作権法を遵守の上、適切なご使用を心がけていただきますよう、お願いいたします。

操作手順

  1. [スタート]ボタンスタート→[コントロールパネル]の順にクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されます。[ハードウェアとサウンド]をクリックします。
    図1(図1)

  3. 「ハードウェアとサウンド」画面が表示されます。[サウンド]をクリックします。
    図2(図2)

  4. 「サウンド」画面が表示されます。「録音」タブをクリックします。
    図3(図3)

  5. ”次のオーディオ録音デバイスがインストールされています:”一覧に[ステレオミキサー]が表示されていない場合は、録音デバイスが何も表示されていない部分をマウスの右ボタンでクリックし、表示されるメニューから[無効なデバイスの表示]をクリックしてチェックを付けます。
    図4(図4)

  6. [ステレオミキサー]が表示されます。マウスの右ボタンでクリックし、表示されるメニューから[有効]をクリックします。
    図5(図5)

  7. [ステレオミキサー]が有効になります。[ステレオミキサー]に緑のチェックが付いていない場合は、[ステレオミキサー]を選択して、[既定値に設定(S)]ボタンをクリックします。
    図6(図6)

  8. [ステレオミキサー]に緑のチェックが付き、”既定のデバイス”と表示されていることを確認します。
    図7(図7)


  9. [ステレオミキサー]を選択して、[プロパティ(P)]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

  10. 「ステレオミキサーのプロパティ」画面が表示されます。「レベル」タブをクリックします。
    図9(図9)

  11. ”ステレオミキサー”項目のスライダーをマウスの左ボタンでクリックしたまま左右に動かして音量を調節します。
    ※既定値では音量が低すぎるため、録音された音声が小さい場合がありますので、音量を大きめに設定することをおすすめします。
    ※右に動かすと音量が大きくなります。
    図10(図10)

  12. 設定が終わりましたら、[OK]ボタンをクリックします。
  13. 「サウンド」画面に戻ります。[OK]ボタンをクリックします。
  14. 「ハードウェアとサウンド」画面に戻ります。右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

以上で設定は終了です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright