東芝トップページ > PC〈dynabook〉トップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「システムの復元」復元ポイントを手動で作成する方法<Windows(R)8>

情報番号:014286  【更新日:2013.07.02文末にあるアンケートにご協力ください

「システムの復元」復元ポイントを手動で作成する方法<Windows(R)8>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)8
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた

回答・対処方法

はじめに

「システムの復元」では、コンピューターに問題が発生したときに、正常に動作していたときの復元ポイントを使用することで、システムファイルと設定を前の状態に戻すことができます。
復元ポイントはプログラムやデバイスドライバーのインストールなど、システムに関連する重大な変更の直前などに自動的に作成されますが、手動で作成することもできます。

ここでは、復元ポイントを手動で作成する方法について説明します。

【注意】

  • システムの復元は個人用のファイルやフォルダーのバックアップを目的としていないため、削除または破損した個人用のファイルやフォルダーを復元することはできません。
  • 最近インストールしたプログラムとドライバーは、アンインストールされる可能性があります。


操作手順

※以下の操作を行なうには、「管理者」のユーザーアカウントでサインインする必要があります。

  1. [Windowsロゴ]キー(Windowsロゴ)を押しながら、[X]キーを押します。
  2. 画面左下にショートカットメニューが表示されます。[コントロールパネル(P)]をクリックするか、キーボードの[P]キーを押します。
    図1(図1)

  3. 「コントロールパネル」画面が表示されます。[システムとセキュリティ]をクリックします。
    図2(図2)

  4. 「システムとセキュリティ」画面が表示されます。[システム]をクリックします。
    図3(図3)

  5. 「システム」画面が表示されます。画面左側の[システムの保護]項目をクリックします。
    図4(図4)

  6. 「システムのプロパティ」画面の「システムの保護」タブが表示されます。”保護設定”項目の[作成(C)]ボタンをクリックします。
    図5(図5)

  7. 「システムの保護」画面が表示されます。”復元ポイントの作成”欄に、任意の文字列を入力して[作成(C)]ボタンをクリックします。
    ※後でシステムの復元を行なうときに、識別しやすい文字列を入力することをおすすめします。
    図6(図6)

  8. ”復元ポイントを作成しています...”メッセージ画面が表示されます。処理が終わるまでお待ちください。

    図7(図7)

  9. ”復元ポイントは正常に作成されました。”メッセージ画面が表示されます。[閉じる(O)]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

復元ポイントを手動で作成する操作は以上です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright