dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Windows バックアップ」バックアップディスク領域を管理する方法<Windows(R)7>

情報番号:010854  【更新日:2010.07.21文末にあるアンケートにご協力ください

「Windows バックアップ」バックアップディスク領域を管理する方法<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた,Windowsソフトウェア,バックアップ,データのバックアップ

回答・対処方法

はじめに

Windows 7の「Windowsバックアップ」を使用すると特定のファイルやフォルダーを指定したスケジュールで定期的にバックアップすることができます。また、ユーザーのプログラム、Windows、すべてのドライバーおよびレジストリ設定を含んだシステムイメージ(コンピューター全体)をバックアップすることもできます。誤って削除してしまったファイルやフォルダーを復元したり、ハードディスクドライブまたはコンピューターが動作しなくなったときに、システムイメージを使用してコンピューター全体を復元したりすることができます。

※特定のファイルやフォルダー、システムイメージをバックアップ/復元する方法など「Windows バックアップ」の各機能については、[010855:「Windows バックアップ」とは?]を参照してください。

ここでは、バックアップディスク領域を管理する方法について説明します。

「Windowsバックアップ」は、バックアップの場所に指定している記録メディア(書き込み可能なCD/DVD、USBフラッシュメモリ、外部ハードディスクドライブなど)の領域(使用領域、空き領域)を管理します。また、ディスクの空き領域を確保するために古くて不要となったデータファイルのバックアップを手動で削除したり、古いシステムイメージの保存方法を変更することができます。

【注意】

  • 管理者アカウントでログオンしてください。

操作手順

※あらかじめバックアップファイルが保存されている記録メディアをセットしてください。

  1. [スタート]ボタンスタート→[コントロールパネル]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されます。”システムとセキュリティ”項目の[バックアップの作成]をクリックします。
    図1(図1)

  3. 「バックアップと復元」画面が表示されます。”バックアップ”の”場所”項目から[領域の管理(M)]をクリックします。
    図2(図2)

  4. 「Windowsバックアップ ディスク領域の管理」画面が表示されます。”使用領域の概要”項目で”データファイルのバックアップ”、”システムイメージ”、”その他のファイル”の使用領域、”空き領域”、”合計サイズ”を確認することができます。
    図3(図3)

  5. ”データファイルのバックアップ”項目でデータファイルのバックアップを削除することができます。
    古い不要となったデータファイルのバックアップを削除することでバックアップの場所に指定している記録メディアの空き領域を確保することができます。

    a.”データファイルのバックアップ”項目の[バックアップの表示(V)]ボタンをクリックします。
    図4(図4)

    b.”削除するバックアップの期間を選択します”メッセージ画面が表示されます。”バックアップ期間”から削除する期間を選択し、[削除(D)]ボタンをクリックします。
    ※指定した期間にバックアップされたすべてのファイルが削除されます。
    ※最新のファイルバックアップを削除しないようにご注意ください。
    図5(図5)

    c.”このデータファイルのバックアップを削除しますか?”メッセージ画面が表示されます。[削除する(D)]ボタンをクリックします。
    図6(図6)

    d.”バックアップは削除されました。”メッセージ画面が表示されましたら、[閉じる(C)]ボタンをクリックします。
    図7(図7)

    e.”削除するバックアップの期間を選択します”メッセージ画面に戻ります。”バックアップ期間”一覧から削除されていることを確認し、[閉じる]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

  6. ”システムイメージ”項目で古いシステムイメージの保存方法を変更することができます。
    既定では、できるだけ多くのシステムイメージを自動的に保存するようになっていますが、バックアップの場所に指定している記録メディアの空き領域がなくなってくると、自動的に古いシステムイメージが削除されます。空き領域を確保するために、最新のシステムイメージのみ保持し、バックアップの使用領域を最小に設定することもできます。

    a.”システムイメージ”項目の[設定の変更(C)]ボタンをクリックします。
    図9(図9)

    b.”Windowsによる古いシステムイメージの保持方法の選択”メッセージ画面が表示されます。[◎ バックアップ履歴用の領域をWindowsに管理させる](既定)または[◎ 最新のシステムイメージのみを保持し、バックアップの使用領域を最小にする]のいずれかを選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    図10(図10)

    <メモ>
    [◎ 最新のシステムイメージのみを保持し、バックアップの使用領域を最小にする]に変更した場合は、”古いシステムイメージを削除しますか?”メッセージ画面が表示されます。[削除する(D)]ボタンをクリックします。
    ※最新のシステムイメージ以外には復元できなくなります。
    図11(図11)

  7. バックアップディスク領域の確認、削除などの管理が終わりましたら、[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。
    図12(図12)

  8. 「バックアップと復元」画面に戻ります。右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

バックアップディスク領域を管理する操作は以上です。

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する