dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > リカバリーを行なう前にバックアップを取りましょう<Windows(R)7>

情報番号:011463  【更新日:2010.12.14

リカバリーを行なう前にバックアップを取りましょう<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ リカバリー,パソコンを購入時の状態に戻す,バックアップ,インターネット関連バックアップ,メール関連バックアップ,データのバックアップ

回答・対処方法

はじめに

リカバリー(再セットアップ)とは、お客様が作成したデータや、購入後にインストールしたアプリケーション、現在の設定などをすべて削除し、もう一度ご購入時の状態に復元する作業です。

ハードディスクドライブ内に保存されているデータ(文書ファイル、画像・映像ファイル、メールやアプリケーションなど)はすべて消去され、設定した内容(インターネットやメールの設定、Windowsログオンパスワードなど)も購入時の状態に戻る、つまり何も設定していない状態になります。

リカバリーを行なう前に、必要なデータのバックアップをとってください。

バックアップについて

バックアップとは、作成した文書ファイルやメールなど大切なデータを記録用のCD/DVDメディア、USBフラッシュメモリ、SDメモリカードなどの記憶媒体にコピーしておくことをいいます。リカバリー後にバックアップしておいたデータを復元することでリカバリー前の設定状態に戻したり、データを使用することができます。

※一般的にバックアップが必要なデータとバックアップ方法については、[010832:パソコン本体に保存したデータを他の記録メディアにバックアップ(コピー)したい<Windows(R)7>]を参照してください。

Windowsが起動できない場合について

「東芝ファイルレスキュー」を使うと、Windows(システム)が起動しなくても、データのバックアップをとることができます。
詳しくは、[010166:「東芝ファイルレスキュー」について<Windows(R)7>]を参照してください。

また、ご自身でデータのバックアップが困難な場合は、有料にてデータ復旧サービスを提供しております。詳しくは、以下のリンクを参照してください。

データ復旧サービスの案内
■データ復旧サービス
http://dynabook.com/assistpc/rdata/index_j.htm

突然起きるハードディスク故障や操作ミスによるデータ消失などのトラブルから大切なデータの復旧を行ないます。

以上