dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > PC使用中に「お使いのPCは危険な状態です-現在更新しています」画面が表示される<Windows 10>

情報番号:018492  【更新日:2018.04.11文末にあるアンケートにご協力ください

PC使用中に「お使いのPCは危険な状態です-現在更新しています」画面が表示される<Windows 10>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ Windowsのトラブル,使用中のトラブル,Windows Update

回答・対処方法

内容と対応

Windows 10のPCを使用中に以下の「お使いのPCは危険な状態です-現在更新しています」画面が表示される場合の対処方法について説明します。

図1(図1)

本画面は、すでにサポートが終了となっている旧バージョンのWindows 10(Windows 10 バージョン 1507、1511、1607)をお使いの場合に、最新バージョンのWindows 10に更新することをおすすめする画面となります。マイクロソフト社から配信されたものになり、信頼できる画面です。

本画面が表示された場合は、以下の操作を行ない、最新のWindows 10にアップデートしてください。

※2018年4月現在の最新バージョンは、Windows 10 Fall Creators Update(Windows 10 バージョン 1709)となります。

対処方法

※バッテリー搭載モデルを使用している場合は、付属のACアダプターと電源コードを接続し、PCを電源に接続してください。

※PCをネットワークに接続したままにしてください。

※PCの電源を切ったりカバーを閉じたりしないでください。

  1. 「お使いのPCは危険な状態です-現在更新しています」画面に進捗状況(%)が表示されている場合は、現在重要な更新プログラムのダウンロードとインストールが行なわれています。[最小化]ボタンをクリックしてください。バックグラウンドで処理が進みます。
    ※更新プログラムのダウンロードとインストールには、1時間ほどかかる場合があります。
    図2(図2)

  2. デスクトップ画面に戻ります。現在使用しているWindows 10のバージョンを確認してください。
    ※Windows 10のバージョンを確認する方法については、[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

  3. 最新のWindows 10にアップデートする前に、「dynabook.com サポート情報」に掲載されている各バージョンの「アップデートについて」、「動作確認機種一覧」、「注意・制限事項」をご確認ください。

    ・Windows 10 アップグレード情報(Windows 10 バージョン 1507)
    http://dynabook.com/assistpc/osup/windows10/index_j.htm

    ・Windows 10 Anniversary Update アップデート情報(Windows 10 バージョン 1607)
    http://dynabook.com/assistpc/osup/win10v1607/index_j.htm

    ・Windows 10 Creators Update アップデート情報(Windows 10 バージョン 1703)
    http://dynabook.com/assistpc/osup/win10v1703/index_j.htm

    ・Windows 10 Fall Creators Update アップデート情報(Windows 10 バージョン 1709)
    http://dynabook.com/assistpc/osup/win10v1709/index_j.htm

  4. ダウンロードとインストールが完了すると、“最新のWindowsセキュリティ更新プログラムのインストールを完了するには、PCを再起動する必要があります。・・・”メッセージ画面が表示されます。作業中の内容がある場合はいったん保存し、[今すぐ再起動]ボタンをクリックします。
    図3(図3)

  5. 再起動後、最新のWindows 10にアップデートされます。
    ※アップデートには、1~2時間ほどかかる場合があります。

最新のWindows 10にアップデートする操作は以上です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する