東芝トップページ > 東芝クライアントソリューション株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Windows バックアップ」システムイメージ(コンピューター全体)をバックアップする方法<Windows(R)7>

情報番号:010852  【更新日:2010.07.21文末にあるアンケートにご協力ください

「Windows バックアップ」システムイメージ(コンピューター全体)をバックアップする方法<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた,Windowsソフトウェア,バックアップ,データのバックアップ

回答・対処方法

はじめに

Windows 7の「Windowsバックアップ」を使用すると特定のファイルやフォルダーを指定したスケジュールで定期的にバックアップすることができます。

「Windows バックアップ」のファイルバックアップ設定で指定したバックアップの保存先がNTFSファイルシステムでフォーマットされており、空き容量も十分にある場合は、ユーザーのプログラム、Windows、すべてのドライバーおよびレジストリ設定を含んだシステムイメージもバックアップに含まれます。ハードディスクドライブまたはコンピューターが動作しなくなった場合は、このイメージを使用してコンピューター全体を復元することができます。

詳しくは、[010847:「Windows バックアップ」特定のファイルやフォルダーを定期的にバックアップする方法<Windows(R)7>]を参照してください。

「Windows バックアップ」のファイルバックアップ設定でシステムイメージを作成しなかった場合は、手動で作成することができます。その場合は、USBフラッシュメモリ、書き込み可能なDVD、または外部ハードディスクドライブ上にシステムイメージを作成することができます。

ここでは、システムイメージ(コンピューター全体)をバックアップする方法について説明します。

【注意】

  • バックアップを行なう場合は、管理者アカウントでログオンしてください。
  • バックアップを行なう場合は、バッテリー駆動ではなく、必ず電源コードを接続してください。
  • システムイメージをハードディスクドライブまたはUSBフラッシュメモリ上にバックアップする場合は、NTFSファイルシステムでフォーマットされている必要があります。また大容量のものをご用意ください。
  • システムイメージから復元をする場合は、復元する項目を個別に選択することはできません。現在のプログラム、システム設定、およびファイルやフォルダーは、システムイメージの内容ですべて置き換えられます。

操作手順

  1. [スタート]ボタンスタート→[コントロールパネル]をクリックします。
  2. 「コントロールパネル」画面が表示されます。”システムとセキュリティ”項目の[バックアップの作成]をクリックします。
    図1(図1)

  3. 「バックアップと復元」画面が表示されます。[システムイメージの作成]をクリックします。
    図2(図2)

  4. ”バックアップデバイスを検索中です”メッセージ画面が表示されます。しばらくお待ちください。
    図3(図3)

  5. 「システムイメージの作成」”バックアップをどこに保存しますか?”メッセージ画面が表示されます。システムイメージのバックアップ先を選択し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。
    ※ここでは、例として外部ハードディスクドライブにシステムイメージのバックアップを作成します。[◎ ハードディスク上(H)]を選択し外部ハードディスクのドライブを選択しています。
    図4(図4)

  6. ”バックアップの設定を確認します”メッセージ画面が表示されます。”バックアップの場所”項目で指定したバックアップ先名が表示されていることを確認し、[バックアップの開始(S)]ボタンをクリックします。
    図5(図5)

  7. ”バックアップを保存しています”メッセージ画面が表示され、進行状況が表示されます。しばらくお待ちください。
    図6(図6)

  8. ”システム修復ディスクを作成しますか?”メッセージ画面が表示されます。システム修復ディスクは必要に応じて作成してください。ここでは、例として[はい(Y)]ボタンをクリックします。
    ※システム修復ディスクは、後で作成することもできます。詳しくは、[010860:システム修復ディスクを作成する方法<Windows(R)7>]を参照してください。ここで、システム修復ディスクを作成しない場合は、[いいえ(N)]ボタンをクリックし、手順13へ進んでください。
    図7(図7)

    ※システム修復ディスクは、システムイメージを復元するときに必要になる場合があります。
    ※システム修復ディスクを使用すると、各種の回復オプションを実行することができます。Windowsで重大なエラーが発生した場合などにWindowsの修復に役立ちます。

  9. 「システム修復ディスクの作成」画面が表示されます。空の書き込み可能なCD/DVDをドライブにセットし、[ディスクの作成(R)]ボタンをクリックします。
    図8(図8)

  10. ”ディスクの作成中”メッセージが表示され、進行状況が表示されます。しばらくお待ちください。
    図9(図9)

  11. システム修復ディスクの作成が完了すると、”システム修復ディスクを使用”メッセージ画面が表示されます。[閉じる(C)]ボタンをクリックします。
    図10(図10)

  12. 「システム修復ディスクの作成」画面に戻ります。作成したシステム修復ディスクを取り出し、[OK]ボタンをクリックします。
    ※取り出したディスクのラベルに”修復ディスク Windows 7 32(または64)ビット”と記載して安全な場所で大切に保管してください。
    図11(図11)

  13. ”バックアップは正常に完了しました。”メッセージ画面が表示されます。[閉じる(C)]ボタンをクリックします。
    図12(図12)

  14. 「バックアップと復元」画面に戻ります。右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

システムイメージ(コンピューター全体)をバックアップする操作は以上です。

※バックアップに使用した記録メディアは、常に安全な場所に保管してください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright