東芝トップページ > 東芝クライアントソリューション株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Windows バックアップ」システムイメージ(コンピューター全体)を復元する方法<Windows(R)7>

情報番号:010853  【更新日:2010.07.21文末にあるアンケートにご協力ください

「Windows バックアップ」システムイメージ(コンピューター全体)を復元する方法<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた,Windowsソフトウェア,バックアップ,データのバックアップ

回答・対処方法

はじめに

Windows 7の「Windowsバックアップ」を使用すると特定のファイルやフォルダーを指定したスケジュールで定期的にバックアップすることができます。

ここでは、システムイメージ(コンピューター全体)を復元する方法について説明します。

システムイメージとは、ユーザーのプログラム、Windows、すべてのドライバーおよびレジストリ設定を含んだイメージのことをいいます。ハードディスクドライブまたはコンピューターが動作しなくなった場合は、このイメージを使用してコンピューター全体を復元することができます。

※システムイメージを復元するには、あらかじめコンピューターが正常なときにシステムイメージのバックアップをとっておく必要があります。詳しくは、以下のリンクを参照してください。
[010847:「Windows バックアップ」特定のファイルやフォルダーを定期的にバックアップする方法<Windows(R)7>]
[010852:「Windows バックアップ」システムイメージ(コンピューター全体)をバックアップする方法<Windows(R)7>]

【注意】

  • システムイメージの復元を行なう場合は、バッテリー駆動ではなく、必ず電源コードを接続してください。
  • システムイメージから復元をする場合は、復元する項目を個別に選択することはできません。現在のプログラム、システム設定、およびファイルやフォルダーは、システムイメージの内容ですべて置き換えられます。

操作手順

  1. 「システム回復オプション」の「システムイメージの回復」機能を使用してシステムイメージを復元します。以下のいずれかの方法を使用して起動してください。

    方法1:Windows上から操作する方法
    方法2:システム修復ディスクから操作する方法
    方法3:詳細ブートオプション([F8]キー起動)から操作する方法

    ■方法1:Windows上から操作する方法
    ※管理者のユーザーアカウントでログオンしてください。
    ※システムイメージをバックアップしている記録メディアをセットしてから操作してください。

    a.[スタート]ボタンスタート→[コントロールパネル]をクリックします。
    b.「コントロールパネル」画面が表示されます。”システムとセキュリティ”項目の[バックアップの作成]をクリックします。
    図1(図1)

    c.「バックアップと復元」画面が表示されます。”復元”項目の[システム設定またはコンピューターの回復(Y)]をクリックします。
    図2(図2)

    d.「回復」画面が表示されます。”システムの復元”項目の[高度な回復方法]をクリックします。
    図3(図3)

    e.「高度な回復方法」”高度な回復方法を選択してください”メッセージ画面が表示されます。[以前に作成したシステムイメージを使用してコンピューターを回復する]をクリックします。
    図4(図4)

    f.「ユーザーファイルのバックアップ」”ファイルをバックアップしますか?”メッセージ画面が表示されます。システムイメージを復元するとそのシステムイメージをバックアップしたときのコンピューターの状態に置き換わります。システムイメージをバックアップした後に、ファイルやフォルダーを更新、新規作成した場合は[今すぐバックアップ]ボタンをクリックしてファイルやフォルダーのバックアップを行なってください。
    ※この手順を[スキップ]すると、ファイルが失われるおそれがあるのでご注意ください。
    図5(図5)

    g.ファイルやフォルダーのバックアップ方法については、[010847:「Windows バックアップ」特定のファイルやフォルダーを定期的にバックアップする方法<Windows(R)7>]を参考にしてください。

    h.ファイルのバックアップが完了すると”コンピューターを再起動して回復処理を続行してください”メッセージ画面が表示されます。[再起動]ボタンをクリックします。
    図6(図6)

    i.コンピューターが自動的に再起動します。

    j.「システム回復オプション」画面が表示されます。”キーボード入力方式を選択してください”項目の[▼]をクリックし、[日本語]を選択して[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
    図7(図7)

    k.「コンピューターイメージの再適用」”システムイメージバックアップの選択”メッセージ画面が表示されます。手順2へ進んでください。
    図8(図8)

    ■方法2:システム修復ディスクから操作する方法
    ※システムイメージを復元するとそのシステムイメージをバックアップしたときのコンピューターの状態に置き換わります。システムイメージをバックアップした後に、ファイルやフォルダーを更新、新規作成した場合は、以下の操作を行なう前にファイルやフォルダーのバックアップを行なってください。操作方法については、[010848:「Windows バックアップ」特定のファイルやフォルダーを今すぐバックアップする方法<Windows(R)7>]を参照してください。
    ※外部ハードディスクドライブやUSBフラッシュメモリにイメージファイルをバックアップしている場合は、セットした状態で操作してください。書き込み可能なDVDにバックアップしている場合は、操作の途中で入れ換えます。

    a.システム修復ディスクをセットします。

    b.Windowsをシャットダウンします。

    c.CD/DVDドライブから起動させます。
    ノートパソコンの場合:キーボードの[F12]キーを押したまま電源スイッチを押し、”dynabook”または”Qosmio”が表示されましたらはなします。表示されるメニューまたはアイコンから[CD/DVD]を選択して[ENTER]キーを押します。
    デスクトップパソコンの場合:[CD/DVD]から起動します。(初期設定)

    d.”Press any key to boot from CD or DVD...”メッセージが表示されます。[ENTER]キーを押します。

    e.”Windows is loading files...”メッセージが表示されます。しばらくお待ちください。

    f.”<復元方法の選択>復元方法を選択してください。”メッセージ画面が表示されます。[◎ システム回復オプション]を選択し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
    図9(図9)

    g.「システム回復オプション」画面が表示されます。”キーボード入力方式を選択してください”項目の[▼]をクリックし、[日本語]を選択して[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
    図10(図10)

    h.[◎ 以前に作成したシステムイメージを使用して、コンピューターを復元します。]を選択し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
    ※書き込み可能なDVDにシステムイメージをバックアップしている場合は、ここでDVDを入れ換えてから[次へ(N)>]ボタンをクリックしてください。
    図11(図11)

    i.「コンピューターイメージの再適用」”システムイメージバックアップの選択”メッセージ画面が表示されます。手順2へ進んでください。
    図12(図12)

    ■方法3:詳細ブートオプション([F8]キー起動)から操作する方法
    ※システムイメージを復元するとそのシステムイメージをバックアップしたときのコンピューターの状態に置き換わります。システムイメージをバックアップした後に、ファイルやフォルダーを更新、新規作成した場合は、以下の操作を行なう前にファイルやフォルダーのバックアップを行なってください。操作方法については、[010848:「Windows バックアップ」特定のファイルやフォルダーを今すぐバックアップする方法<Windows(R)7>]を参照してください。
    ※システムイメージをバックアップしている記録メディアをセットしてから操作してください。

    a.Windowsが起動している場合は、シャットダウンします。

    b.電源スイッチを押して電源を入れ、キーボードの[F8]キーを数回押します。

    c.「詳細ブートオプション」が起動します。[コンピューターの修復]を選択し、[ENTER]キーを押します。
    図13(図13)

    d.しばらくすると、「システム回復オプション」画面が表示されます。”キーボード入力方式を選択してください”項目の[▼]をクリックし、[日本語]を選択して[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
    図14(図14)

    e.”回復オプションにアクセスするには、ローカルユーザーとしてログオンしてください。”メッセージ画面が表示されます。”ユーザー名”項目の[▼]をクリックして管理者アカウント選択し、”パスワード”欄にパスワードを入力して[OK(O)]ボタンをクリックします。
    図15(図15)

    f.”回復ツールを選択してください”メッセージ画面が表示されます。[システムイメージの回復]をクリックします。
    図16(図16)

    g.「コンピューターイメージの再適用」”システムイメージバックアップの選択”メッセージ画面が表示されます。手順2へ進んでください。
    図17(図17)

  2. 「コンピューターイメージの再適用」”システムイメージバックアップの選択”メッセージ画面の[◎ 利用可能なシステムイメージのうち最新のものを使用する(推奨)(U)]を選択し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
    図18(図18)

  3. ”他の復元方法を選択してください”メッセージ画面が表示されます。[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
    図19(図19)

  4. ”コンピューターは、以下のシステムイメージから復元されます”メッセージ画面が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。
    図20(図20)

  5. ”復元されるすべてのディスクはフォーマットされ、システムイメージ内のレイアウトとデータによって置き換えられます。続行しますか?”メッセージ画面が表示されます。[はい(Y)]ボタンをクリックします。
    図21(図21)

  6. ”コンピューターをシステムイメージから復元しています。これには数分から数時間かかります。”メッセージ画面が表示されます。しばらくお待ちください。
    図22(図22)

  7. ”今すぐコンピューターを再起動しますか?”メッセージ画面が表示されます。[今すぐ再起動する(R)]ボタンをクリックします。
    ※[今すぐ再起動する(R)]ボタンをクリックしなくても、しばらくすると自動的に再起動します。
    図23(図23)

  8. コンピューターが再起動します。

システムイメージの復元作業は以上です。

システムイメージ(コンピューター全体)が正常に復元されていることを確認してください。

※本作業を行なうと、システムイメージをバックアップした環境に置き換わります。システムイメージバックアップ後に更新または新規作成したファイルやフォルダーは別途ファイルバックアップから復元する必要があります。詳しくは、[010857:「Windows バックアップ」システムイメージバックアップから復元後にファイルバックアップからファイルを復元する方法<Windows(R)7>]を参照してください。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright