東芝トップページ > PC〈dynabook〉トップ > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「東芝バッテリーマネージャー」eco充電モードにしてバッテリーの寿命を延ばす方法

情報番号:012605  【更新日:2012.01.17文末にあるアンケートにご協力ください

「東芝バッテリーマネージャー」eco充電モードにしてバッテリーの寿命を延ばす方法

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ Windowsの操作/設定,省電力,その他のプレインストールソフト,東芝ユーティリティ,バッテリー

回答・対処方法

はじめに

「東芝バッテリーマネージャー」を使用して、バッテリーの寿命を延ばす方法を説明します。

おもにACアダプターを接続してパソコンを使用し、バッテリーパックの電力をほとんど使用しない場合など、100%の残量近辺で放充電を繰り返すとバッテリーの機能低下を早める場合があります。
「eco充電モード」に設定すると、バッテリー充電完了時の容量をフル充電より少なめにおさえて、バッテリーの機能低下を遅らせることができます。

【メモ】

  • 満充電での容量が少ないため、バッテリー駆動時間は短くなります。
  • 「eco充電モード」に切り替えた時は、一度ACアダプターをはずした状態で50%程度までバッテリーの放電を行なってください。放電しない場合、モード切替が行なわれず、バッテリーの寿命を延ばすことができませんのでご注意ください。


操作手順

  1. [スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[TOSHIBA]→[ユーティリティ]→[バッテリーマネージャー]をクリックします。
  2. 「東芝バッテリーマネージャー」が起動します。
    ”充電モード”項目の[◎ eco充電モード]をクリックして選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    図1(図1)

    ※”機能を有効にするには、一度ACアダプタを外した状態で50%程度までバッテリーの放電を行ってください。”メッセージ画面が表示された場合は、一度ACアダプターをはずしてバッテリーの放電を行なってください。(充電量が少ないときはこのメッセージは表示されません。)
    図2(図2)

以上で設定は終了です。

”eco充電モード”中は通知領域に[eco充電モード]アイコンが表示されます。
図3(図3)

※通知領域に表示されていない場合は、[▲]をクリックすると表示されます。
図4(図4)


<補足:初期設定に戻す方法>

  • eco充電モードをやめて通常の充電モードに戻したい場合は、上記手順2で[◎ 通常充電モード]を選択するか、[初期設定]ボタンをクリックしてください。
    図5(図5)


関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright