dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > タッチパネルの使いかた

情報番号:013755  【更新日:2012.11.06文末にあるアンケートにご協力ください

タッチパネルの使いかた

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 8.1,Windows(R)8
カテゴリ タッチパネル,タッチパネルの使いかた

回答・対処方法

はじめに

タッチパネル搭載モデルでは、画面の表面を指でタッチすることによって、さまざまな操作を行なうことができます。

ここでは、指を使った基本的な操作を説明します。

【お願い】

  • 画面をタッチするときは、強く押さないでください。
  • 画面は指で操作してください。先のとがったものや硬いもの(つめ、鉛筆、ボールペンなど)で画面をタッチしたり押さえ付けたりしないでください。画面を傷付けるおそれがあります。
  • 画面に保護フィルムを貼らないでください。
    保護フィルムを貼ると、タッチ操作が正しく行なわれないおそれがあります。


【メモ】
アプリケーションや機能によっては、画面をタッチして操作できない場合があります。

タッチ操作対応表

「よくある質問(FAQ)」では、代表的な操作例として、タッチパッドやマウスを使った操作(クリック/ダブルクリックなど)で手順を説明しています。
画面をタッチして操作を行なう場合は、タッチパッドやマウス操作の部分を、次のように読み替えてください。

タッチ操作対応表
タッチパッド/マウスの操作 タッチパネルの操作
クリック タップ
ダブルクリック ダブルタップ
右クリック 長押し(ロングタップ)
ドラッグ ドラッグ

またタッチ操作とタッチパッドやマウスの操作では、大きく手順が異なる場合があります。詳しくは、以下のリンクを参照してください。

タッチ操作について

1.タップ

目的のアイコンやボタンなどを1回軽くタッチします。
ボタンの操作、アプリケーションの起動、文字の入力などが行なえます。

図1(図1)

2.ダブルタップ

目的のアイコンなどを2回軽くタッチします。
アプリケーションの起動などが行なえます。

図2(図2)

3.長押し(ロングタップ)

アイコンなどの上に指を数秒置いて、はなします。
触れているアイコンに対して、メニューなどが表示されます。

図3(図3)

4.ドラッグ

アイコンなどの上に指を置き、移動したい場所まですべらせます。

図4(図4)

5.スワイプ(フリック)

画面に指を置き、画面を軽くはらうように動かします。
画面を左右に切り替えます。

図5(図5)

6.スライド

画面に指を置き、なぞります。
画面に表示しきれない内容をスクロールします。

図6(図6)

7.ピンチアウト/ピンチイン

画面に指を2本置き、指を開いたり閉じたりすることで、ブラウザーに表示している内容や、イメージデータの表示サイズを変更できます。
指を開く(ピンチアウト)と拡大され、閉じる(ピンチイン)と縮小されます。

図7(図7)

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する