東芝トップページ > 東芝クライアントソリューション株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > USBフラッシュメモリにデータを書き込む方法(ドラッグアンドドロップ)<Windows 10>

情報番号:017015  【更新日:2017.02.22文末にあるアンケートにご協力ください

USBフラッシュメモリにデータを書き込む方法(ドラッグアンドドロップ)<Windows 10>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ Windowsの操作/設定,周辺機器,バックアップ,Windowsの便利な使いかた,USBフラッシュメモリ,インターネット関連バックアップ,メール関連バックアップ,データのバックアップ

回答・対処方法

はじめに

USBフラッシュメモリにデータを書き込む方法は、何通りかあります。
ここでは、ドラッグアンドドロップ(マウスの左ボタンでクリックしたまま移動し、目的の場所ではなす操作)でUSBフラッシュメモリにデータを書き込む方法について説明します。

本情報は、データをコピーしてバックアップする場合などに利用できます。

タッチ操作について
※本操作は、マウスまたはクリックパッド(タッチパッド)を使っての操作手順となります。タッチパネル搭載モデルでタッチ操作を行ないたい場合は、[016766:タッチパネルの使いかた<Windows 10>]を参考にし、クリックを”タップ”、ダブルクリックを”ダブルタップ”、右クリックを”長押し(ロングタップ)”に読み替えて操作してください。

操作手順

※本情報は、Windows 10バージョン10.0の環境で操作しています。バージョンが異なると若干手順や画面が異なる場合があります。ご了承ください。お使いのPCのWindows10バージョンを確認するには、[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]を参照してください。

  1. パソコン本体のUSBコネクタにUSBフラッシュメモリを差し込みます。
    ※microUSBコネクタ搭載モデルの場合は、市販のUSBケーブル(本製品に接続する側のプラグがmicroBタイプのもの)が必要になります。
    ※機種によってUSBコネクタの位置が異なります。詳しくは、「dynabookガイド(取扱説明書)」または「オンラインマニュアル」を参照してください。
    図1(図1)

  2. ”タップして、リムーバブルドライブに対して行う操作を選んでください。”メッセージ画面が表示された場合は、そのメッセージをクリックします。
    ※USBフラッシュメモリをパソコンにセットしたときに表示される名称は、機種によって異なる場合があります。
    ※ドライブ文字は環境によって異なります。
    図2(図2)

  3. ”リムーバブルドライブに対して行う操作を選んでください。”一覧から、[フォルダーを開いてファイルを表示]をクリックします。
    図3(図3)

  4. USBフラッシュメモリに書き込みたいデータが保存されている場所を開きます。
  5. 書き込みたいデータをマウスの左ボタンでクリックしたまま移動し、USBフラッシュメモリの画面上でマウスのボタンをはなします。
    ※書き込みたいデータが複数ある場合は、キーボードの[CTRL]キーまたは[SHIFT]キーを押しながら選択してください。
    図4(図4)

  6. コピーの進行状況が表示されます。コピーが終わるとこの画面は自動的に消えます。
    図5(図5)

USBフラッシュメモリにデータを書き込む操作は以上です。

USBフラッシュメモリにデータが保存されていることを確認してください。
図6(図6)

補足:USBフラッシュメモリの取りはずしについて

データの書き込みが終わったUSBフラッシュメモリを取りはずす場合は、以下の操作を行なってください。

※USBフラッシュメモリに保存しているファイルを使用していたり、ウィンドウを開いていたりしていると取りはずしができません。ウィンドウやファイルを閉じてから、操作を行なってください。

  1. 「XXXXXXXXXX(D:)」(USBフラッシュメモリ)画面右上の[×]をクリックして閉じます。
    図7(図7)
  2. 通知領域の[ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す]アイコン(ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す)をクリックします。
    ※通知領域にアイコンが表示されていない場合は、(▲)をクリックしてください。
    図8(図8)
  3. 表示されたメニューから[(取りはずすUSBフラッシュメモリ)の取り出し]をクリックします。
    図9(図9)

  4. ”ハードウェアの取り外し”ポップアップメッセージが表示されます。
    図10(図10)

  5. パソコン本体のUSBコネクタからUSBフラッシュメモリを抜きます。

USBフラッシュメモリの取りはずし操作は以上です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright