東芝トップページ > 東芝クライアントソリューション株式会社トップページ > dynabook.com > サポート情報 > よくあるご質問(FAQ検索) > 「CyberLink Power2Go LE」CD/DVD/ブルーレイディスクにデータを書き込む方法<Windows 10>

情報番号:017158  【更新日:2015.12.22文末にあるアンケートにご協力ください

「CyberLink Power2Go LE」CD/DVD/ブルーレイディスクにデータを書き込む方法<Windows 10>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows 10
カテゴリ CD/DVD/ブルーレイディスク,バックアップ,メディアにデータを書き込む,データのバックアップ

回答・対処方法

はじめに

「CyberLink Power2Go LE」は、オリジナルのCD、DVD、ブルーレイディスク*を作成できるライティングソフトです。
ハードディスクドライブ内の重要なファイルやフォルダーをCD、DVD、ブルーレイディスク*に書き込んで保存できます。

ここでは、「CyberLink Power2Go LE」を使ってCD、DVD、ブルーレイディスク*にデータを書き込む(コピーする)方法について説明します。
* ブルーレイディスクはブルーレイディスクドライブ搭載モデルのみ

【お願い:CD/DVD/ブルーレイディスクに書き込むにあたって】

※本情報は、「CyberLink Power2Go LE」バージョン8.0.0.4707を元に作成しています。バージョンが異なると操作/画面が若干異なる場合があります。ご了承ください。バージョンを確認する方法については[017168:「CyberLink Power2Go LE」バージョンを調べる方法<Windows 10>]を参照してください。

操作手順

  1. 画面左下のタスクバー上の[検索ボックス]をクリックします。
    図1(図1)

  2. 検索ボックスが入力状態になります。検索ボックスに cyberlink power2go と入力します。
    図2(図2)

  3. 絞り込まれた結果が表示されます。[CyberLink Power2Go 8 デスクトップ アプリ]をクリックします。
    図3(図3)

  4. 「CyberLink Power2Go LE」が起動します。
    図4(図4)

    ※「CyberLink ユーザー登録」画面が表示された場合は、[今すぐ登録する]または[ユーザー登録しない]どちらか選択してください。
    図5(図5)

  5. 表示された画面の[データディスク]にマウスポインターを合わせます。画面に[CD]、[DVD]、[ブルーレイディスク]が表示されます。
    図6(図6)

  6. 表示されたディスクから、データファイルを書き込むディスクを選択して、クリックします。
    ※ここでは例として[DVD]を選択します。
    図7(図7)

  7. 「データディスク-DVD-」画面が表示されます。画面上側の欄より、ディスクに書き込みたいファイル/フォルダーをクリックします。
    ※ここでは例として[ドキュメント]を選択します。
    図8(図8)

  8. ファイル追加](ファイルの追加)ボタンをクリックします。
    図9(図9)

    ※またはディスクに書き込みたいファイル/フォルダーをマウスの左ボタンでクリックしたまま移動し、画面下側の”デスク コンテンツ エリア”の中でマウスのボタンをはなします。
    図10(図10)

  9. 画面左下の”ディスクの内容”項目に書き込みたいファイル/フォルダーが追加されます。
    図11(図11)

    ※ファイル/フォルダーを追加した場合、「XXXXXをディスクの内容に追加できません」メッセージ画面が表示される場合がありますが、実際は正常に追加されており問題ありません。[OK]ボタンをクリックします。
    図12(図12)

  10. 複数のファイル/フォルダーを書き込みたい場合は、手順7~9を繰り返して、ファイル/フォルダーを追加します。
     
  11. 画面左下の”ディスクの内容”項目に書き込みたいファイル/フォルダーが登録された事を確認します。画面右下の[書き込み]ボタンをクリックします。
    図13(図13)

  12. 「設定/情報」画面の”書き込みドライブ”タブが表示されます。ディスクに、データを追記する予定がある場合は[□ 追記禁止(今後データは追加できません)]のチェックマークが外れていることを確認してください。
    ※ディスクに、データを追記しない場合は[□ 追記禁止(今後データは追加できません)]をクリックしてチェックを付けます。
    図14(図14)

    ※同じディスクを複数作成したい場合は、”コピー枚数:”項目の[ボタン]をクリックして、設定します。
    図15(図15)

  13. 画面右下の[書き込み]ボタンをクリックします。
    図16(図16)

  14. 「ディスクを挿入してください」画面が表示され、ディスクトレイが開きます。
    ディスクをセットしてください。自動的に書き込みが開始します。
    図17(図17)

  15. 「書き込み中・・・」画面が表示されます。書き込みが終わるまで、しばらくお待ちください。
    図18(図18)

  16. 書き込み終了後、”データディスク:作業が完了しました”メッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    図19(図19)

  17. ディスクトレイが開きます。ディスクを取り出してください。

  18. 「データディスク-DVD-」画面の右上の[×]をクリックします。
    図20(図20)

  19. 「プロジェクトの保存の確認」画面が表示されます。プロジェクトを保存する場合は[はい]ボタン、そのまま終了する場合は[いいえ]ボタンをクリックします。
    ※プロジェクトを保存すると、後で同じディスクを作成することができます。
    図21(図21)

ディスクにデータを書き込む操作は以上です。

関連情報

以上

この情報はお客様のお役に立ちましたか?
この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポート予約を利用する
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ

Copyright