Windows 10 Creators Update サポート情報

Windows 10/Windows 10 Anniversary Updateがプレインストールされている機種のみ、Windows 10 Creators Updateの動作確認を行なっております。

Windows 7やWindows 8.1からWindows 10へアップグレードした機種については、Windows 10 Creators Updateの動作確認を行なっておりません。

Windows 10 Creators Update 動作確認機種一覧

Windows 10 Creators Update 新機能

2017年4月からマイクロソフト社が新たなクリエイティビティを可能にする最新OS「Windows 10 Creators Update(クリエイターズアップデート)」の提供を開始します。

セキュリティの強化と管理のしやすさ、創造性を豊かにする3D機能、PCライフをより楽しめるような機能追加などが搭載されます。

詳細を見る 

Windows 10 Creators Update アップデート情報

アップデートについて動作確認機種一覧注意・制限事項アップデート手順などについて説明しています。
※Windows 10 Creators Updateにアップデートされる前に必ず内容を確認してください。

Windows 10 Creators Update アップデート情報入り口

詳細を見る 

Windows 10 一般的な使いかた

Windows 10の基本的な操作方法など役立つFAQのリンク集をご紹介します。

Windows 10 アップグレード情報入り口




詳細を見る 

旧バージョンについて

Windows 10 Creators Update以前のWindows 10バージョンについては、以下のリンクを参照してください。

Windows 10 Anniversary Update サポート情報入り口

Windows 10 サポート情報入り口

 

 

Windows 10 Creators Update 新機能

Windows 10 Creators Update(バージョン1703)は、2017年4月より、Windows 10/Windows 10 Anniversary UpdateがインストールされているPCを対象に、「Windows Update」によって順次配信されます。

※ご使用のPCでWindows 10 Creators Updateへアップデートできるようになるまで時間がかかる場合があります。

詳しくは、以下リンクを参照ください。
[018094:Windows 10 Creators Updateにアップデートする方法]
[017041:Windowsのバージョンとビルド番号を確認する方法<Windows 10>]

Bluetoothペアリングしているスマートフォンが一定の距離を離れると自動的にロック(動的ロック)!

サインインオプションとして動的ロック機能が搭載されました。Bluetoothペアリングしているスマートフォンが一定の距離を離れると、席を外していることを検知し、PCが自動的にロックされます。

動的ロック

 

「Windows Defender」が「Windows Defender セキュリティセンター」にパワーアップ!

今までの「Windows Defender」は、ウイルスやスパイウェアなどの脅威からPCを守る機能のみでした。新たに搭載された「Windows Defender セキュリティセンター」は、「ウイルスと脅威の防止」以外に「デバイスのパフォーマンスと正常性」、「ファイアウォールとネットワーク保護」、「アプリとブラウザーコントロール」、「ファミリのオプション」が追加され、セキュリティ関連設定が一箇所で管理できるようになりました。

Windows Defender セキュリティセンター

 

ストアのアプリのみインストールを許可し、PCを保護しながらスムーズな動作を維持!

アプリを取得できる場所を選択することができるようになりました。デスクトップアプリのインストールを制限することで、誤ってマルウェア(不正なプログラム)などをインストールしてしまうのを防ぐことができます。

アプリのインストール

詳しくは、以下リンクを参照ください。
[018127:ストアのアプリのみインストールを許可する方法<Windows 10>]

 

3Dオブジェクトを作成することができる「ペイント3D」が搭載!

画像作成ツール「ペイント3D」を使って3Dオブジェクトが作成できるようになりました。

ペイント3D

詳しくは、以下リンクを参照ください。
[018128:「ペイント3D」3Dの絵を描く方法<Windows 10>]

 

アプリを切り替えて作業しているときでも画面の一角で引き続き動画やビデオチャットを視聴することができる(ミニモード)!

「映画&テレビ」アプリで動画をミニモードで視聴すれば、他のウィンドウ上に表示されるため、アプリウィンドウが見えなくなることはありません。また「Skype」でも本機能が対応されます。

ミニモード

詳しくは、以下リンクを参照ください。
[018129:「映画&テレビ」動画をミニモードで視聴する方法<Windows 10>]

 

画面中央にIME入力モード[あ]、[A]を表示!

今までIME入力モードを切り替えたときは、通知領域(画面右下)の[IME]アイコンで確認していましたが、入力モードをひらがなに切り替えると[あ]、半角英数に切り替えると[A]が画面中央に表示されるようになり、わかりやすいです。

IME入力モード切替の通知

詳しくは、以下リンクを参照ください。
[018130:画面中央にIME入力モード切替の通知を表示する/表示しない方法<Windows 10>]

 

スタート画面にピン留めしている複数のタイルを1つのフォルダーにまとめて整理整頓!

スタート画面にはよく使うアプリなどをピン留めすることができます。しかし、たくさんピン留めをすると使いづらくなる場合があります。そこで複数のタイルを1つのフォルダーにまとめて整理整頓できるようになりました。

スタート画面のタイルをフォルダーに

詳しくは、以下リンクを参照ください。
[018131:スタート画面にピン留めしている複数のタイルを1つのフォルダーにまとめる方法<Windows 10>]

 

Windowsテーマの変更が簡単に行なえるように!

Windowsテーマ(デスクトップのテーマ)とは、デスクトップの背景、色、サウンド、マウスカーソルの設定を1つにまとめたもののことをいいます。「ストア」からお気に入りのテーマを取得して設定することもできます。

Windowsテーマ

 

夜間に眠りを妨げる可能性のあるブルーライトの発光を抑えて使用(夜間モード)!

PCの画面は、夜間に眠りを妨げる可能性のあるブルーライトを発光します。夜間モードをオンにすると、PCの画面が睡眠を助けるためにより暖かい色で表示されます。

夜間モード

 

「Microsoft Edge」がさらに使いやすくなりました!

タブプレビュー機能の追加やお気に入りのインポート/エクスポートなど、「Microsoft Edge」も機能が強化されています。

「Microsoft Edge」機能強化

 

再起動が必要な更新プログラムがインストールされたとき、再起動に関する通知数を増やす!

更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。再起動が必要な更新プログラムをインストールした場合は、再起動前に通知が表示されます。今までは一度しか表示されませんでしたが、通知数を増やすことができるようになりました。

「Windows Update」追加の通知を表示

 

アンケートにご協力ください。この情報はお客様のお役に立ちましたか?
別ウィンドウアイコン

アイコンをクリックすると別ウィンドウが開きます。外部サイトが表示される場合があります。

※このページの画像はすべてイメージです。

サイトマップ