dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「ディスクデフラグツール」自動的に実行しないようにする方法<Windows(R)7>

情報番号:010432  【更新日:2010.05.25

「ディスクデフラグツール」自動的に実行しないようにする方法<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ Windowsの操作/設定,Windowsの便利な使いかた,Windowsソフトウェア

回答・対処方法

はじめに

「ディスクデフラグツール」は既定では毎週水曜日1:00に自動的に実行されるように設定されています。
ここでは、「ディスクデフラグツール」を自動的に実行しないようにする方法を説明します。

  • ディスクデフラグツールとは?
    長い間パソコンを使用しているとハードディスクの中でデータの断片化がおきます。断片化が発生すると、ハードディスクに余分な動作が増え、コンピューターの処理が遅くなる原因になります。
    そのような場合、「ディスクデフラグツール」を実行することで、断片化されたデータが再配置され、ハードディスクを最適化してパフォーマンスを向上させることができます。

※「ディスクデフラグツール」を手動で実行する方法は、[010421:パソコンの動作が遅くなった場合(ディスクデフラグツール)<Windows(R)7>]を参照してください。

操作手順

  1. [スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[システムツール]→[ディスクデフラグツール]をクリックします。
  2. 「ディスクデフラグツール」画面が表示されます。[スケジュールの構成(S)]ボタンをクリックします。
    図1(図1)

  3. 「ディスクデフラグツール:スケジュールの変更」画面が表示されます。[□ スケジュールに従って実行する(推奨)(R)]をクリックしてチェックをはずし、[OK(O)]ボタンをクリックします。
    図2(図2)

  4. 「ディスクデフラグツール」画面に戻ります。”スケジュール”項目に”最適化はスケジュールされていません”と表示されていることを確認し、[閉じる(C)]ボタンをクリックします。
    図3(図3)

以上で設定は終了です。

関連情報

以上