dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「Windows Media(R)Player 12」音楽ファイルを再生するとき、複数の曲の音量差を縮小する方法<Windows(R)7>

情報番号:010547  【更新日:2010.08.17

「Windows Media(R)Player 12」音楽ファイルを再生するとき、複数の曲の音量差を縮小する方法<Windows(R)7>

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ CD/DVD/ブルーレイディスク,音楽を聴く

回答・対処方法

はじめに

「Windows Media Player 12」で音楽ファイルを再生するとき、複数の曲が異なる音量レベル出力で再生される場合に、音量差を縮小する方法について説明します。
これにより、新しい曲の開始時に、音量を手動で調整する必要がなくなります。

【注意】
「Windows Media Player」の音量調整機能は、WindowsMedia形式またはMP3形式で、音量調整の値が含まれている音楽ファイルでのみ利用できます。

操作手順

  1. タスクバーの[Windows Media Player]ボタンをクリックします。
    図1(図1)

    ※または、[スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[Windows Media Player]をクリックします。

  2. 「Windows Media Player」が起動します。「プレイビュー」モードで表示します。
    ※表示モードを「プレイビュー」モードに変更する方法は、[009622:「Windows Media(R)Player 12」プレーヤー画面の表示モードを切り替える方法<Windows(R)7>]を参照してください。

  3. 何もない領域をマウスの右ボタンでクリックし、表示されるメニューから[拡張設定(E)]→[クロスフェードと音量の自動調整(A)]をクリックします。
    図2(図2)

  4. ”クロスフェードと音量の自動調整(A)”画面が表示されます。
    [自動音量調整をオンにする]をクリックすると、音量調整機能が有効になります。
    ※[自動音量調整をオフにする]と表示されている場合は、すでにオンに設定されています。
    図3(図3)

    以上で終了です。


<補足:音量調整機能を無効にする方法>

  • [自動音量調整をオフにする]をクリックすると、音量調整機能が無効になります。
    図4(図4)

関連情報

以上

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • 対話形式(チャット)で質問する