dynabook.com > サポート > よくあるご質問(FAQ検索) > 「ウイルスバスター(TM)2011 クラウド」「有害サイト規制」機能の有効/無効を切り替える方法

情報番号:011998  【更新日:2011.03.08

「ウイルスバスター(TM)2011 クラウド」「有害サイト規制」機能の有効/無効を切り替える方法

対応機器・対象OSとカテゴリ
対応機種
対象OS Windows(R)7
カテゴリ インターネット,ウイルス情報,ウイルス予防/対策

回答・対処方法

はじめに

「ウイルスバスター2011 クラウド」は、個人情報保護、コンピューターウイルスの発見、駆除、ネットワークセキュリティ対策ができるアプリケーションです。

「有害サイト規制」機能は、お使いのコンピューターからインターネットを使用する際の制限を指定できます。わいせつな内容や暴力的な内容などの有害情報を含むWebサイトへの表示をブロックしたり、インターネットアクセスを特定の時間帯のみに制限したりすることができます。同じコンピューターを使用する複数のユーザーにそれぞれのルールを設定することもできます。

ここでは、「有害サイト規制」機能の有効/無効を切り替える方法について説明します。


※「有害サイト規制」機能を初めて有効にするときは設定が必要です。設定方法については、[011997:「ウイルスバスター(TM)2011 クラウド」「有害サイト規制」機能を初めて有効にするときの設定方法]を参照してください。

【お願い】
「ウイルスバスター」を使用している場合、ウイルス定義ファイルなどは、新種のウイルスやワーム、スパイウェア、クラッキングなどからコンピューターを保護するためにも、常に最新の状態で使用する必要があります。本製品に用意されている「ウイルスバスター」は、インターネットに接続していると自動的に最新の状態に更新されますが、90日間の使用期限があります。90日を経過するとウイルスチェック機能を含めて、すべての機能がご使用できなくなります。
ウイルスチェックが全く行なわれない状態となりますので、必ず期限切れ前に有料の正規サービスへ登録するか、ほかのウイルスチェック/セキュリティ対策ソフトを導入してください。

※「ウイルスバスター2011 クラウド」の詳細、お問い合わせ窓口については、以下のリンクを参照してください。
お問い合わせ窓口は、ウイルスバスターサービスセンターになります。
[011976:「ウイルスバスター(TM)2011 クラウド」について]

操作手順

方法1:すべてのユーザーの「有害サイト規制」機能の有効/無効を切り替える方法

  1. [スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[ウイルスバスター2011 クラウド]→[ウイルスバスター2011 クラウドを起動]をクリックします。
  2. 「ウイルスバスター2011 クラウド」が起動します。[ツール]ボタンをクリックします。
    図1(図1)

  3. メニューが表示されます。[有害サイト規制]をクリックします。
    図2(図2)

  4. 「有害サイト規制」”概要”画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    図3(図3)

  5. ”パスワードを入力して続行してください。”画面が表示されます。”パスワード”欄に設定してあるパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    図4(図4)

  6. 「有害サイト規制」画面が表示されます。

    ◆有効にしたい場合
    a.グレーで表示されている[有効]をクリックします。
    図5(図5)

    b.[有効]が緑色に変わります。[OK]ボタンをクリックします。
    図6(図6)

    c.[ツール]のメニュー画面に戻ります。[有害サイト規制]項目に”状況:有効”と表示されます。メニューの[×]をクリックして閉じます。
    図7(図7)

    ◆無効にしたい場合
    a.[無効]をクリックします。
    図8(図8)

    b.[無効]が強調されます。[OK]ボタンをクリックします。
    図9(図9)

    c.[ツール]のメニュー画面に戻ります。[有害サイト規制]項目に”状況:無効”と表示されます。メニューの[×]をクリックして閉じます。
    図10(図10)

  7. 「ウイルスバスター2011 クラウド」のメイン画面に戻ります。右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

方法2:ユーザーごとに「有害サイト規制」機能の有効/無効を切り替える方法

  1. [スタート]ボタンスタート→[すべてのプログラム]→[ウイルスバスター2011 クラウド]→[ウイルスバスター2011 クラウドを起動]をクリックします。
  2. 「ウイルスバスター2011 クラウド」が起動します。[ツール]ボタンをクリックします。
    図11(図11)

  3. メニューが表示されます。[有害サイト規制]をクリックします。
    図12(図12)

  4. 「有害サイト規制」”概要”画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    図13(図13)

  5. ”パスワードを入力して続行してください。”画面が表示されます。”パスワード”欄に設定してあるパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    図14(図14)

  6. 「有害サイト規制」画面が表示されます。[アカウントの管理]ボタンをクリックします。
    ※[アカウントの管理]ボタンがグレーアウトしてクリックできない場合は、画面左側の[有効]ボタンをクリックしてください。
    ※[アカウントの管理]ボタンがないときは、複数ユーザーの設定がされていません。ユーザーを追加したい場合は、[012002:「ウイルスバスター(TM)2011 クラウド」「有害サイト規制」機能にユーザーを追加する方法]を参照してください。
    図15(図15)

  7. ”アカウントの選択”画面が表示されます。

    ◆有効にしたい場合
    a.「有害サイト規制」を有効にしたいユーザーをクリックします。
    ※チェックが付いているユーザーはすでに有効に設定されています。
    図16(図16)

    b.緑のチェックが付き、「有害サイト規制」が有効になります。
    図17(図17)

    ◆無効にしたい場合

    a.「有害サイト規制」を無効にしたいユーザーをクリックします。
    ※チェックがはずれているユーザーは無効に設定されています。
    図18(図18)

    b.チェックがはずれ、「有害サイト規制」が無効になります。
    図19(図19)

  8. 設定が終わりましたら、[完了]ボタンをクリックします。
  9. 「有害サイト規制」画面に戻ります。[OK]ボタンをクリックします。
  10. [ツール]のメニュー画面に戻ります。メニューの[×]をクリックして閉じます。
  11. 「ウイルスバスター2011 クラウド」のメイン画面に戻ります。右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

関連情報

以上

この情報で解決できなかった場合
  • FAQを再検索する
  • メールで相談する
  • 電話サポートを予約する
  • 対話形式(チャット)で質問する